映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


チャップリン映画を3本、再見しました☆

  1. 2014/01/20(月) 22:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:0
1-471  A Dog’s Life  (犬の生活)  1918年・アメリカ  (2回目)

1-465  SHOULDER ARMS  (担へ銃)  1918年・アメリカ  (2回目)

1-468  THE PILGRIM  (偽牧師)  1923年・アメリカ  (2回目)



チャーリー





 

.


2014年1月20日(月)  レンタルDVD

監督・主演・他 チャールズ・チャップリン



犬の生活

感想
やっと再見しました。
このDVDには3作品入っていて、どの作品もリマスターしているのか?
とってもキレイでした☆

特にこの作品は、ものすごく美しかった、ビックリ。
(この3作品はすべて字幕が英語になっていました、初期はフランス語だったのにね☆)

・・・しかし、あの、お金を盗まれた人の事は
どうでも良いって言うの???
もちろんお金持ち風だったし、彼にとっては大したことでは
なかったのかもしれないけど、

それにしても何の描写もなく、盗んだお金なのに、拾ったか貰ったかしたような
あの成り行きは、絶対におかしいと思います!

そういうわけで、めでたし、めでたし、の、ラストシーン
(あの赤ちゃん籠には、犬がいると、見ない前から分かったし(笑))
全然胸にこないのでね~残念でした。

その前のドタバタやらなんやらは良かったです。
エドナちゃんは華があったし、犬は可愛いし。
あ、でも、その犬も、可愛いからあの子を選んだようで
そこもスッキリしないです、ハイ、多分、当時的には普通のことだったのでしょうね~?

再見出来た事は、嬉しかったです。



担へ銃

感想
やっと再見しました。
このDVDには3作品入っていて、どの作品もリマスターしているのか?
とってもキレイでした☆
ただ、この作品の最終盤だけちょっとフィル見切れていて残念でした。

内容は、もちろん悪くはないし、笑えたし、考えさせられたし
サイレントの短い時間の中、素晴らしい作品でした。
(この3作品はすべて字幕が英語になっていました、初期はフランス語だったのにね☆)

カイザーとヒトラーを組み合わせて「独裁者」という名前が出たのかな~?
今回はその映画とのかかわりは、あんまり感じませんでした。

単純に面白かったのは、「木」に変装して活躍したところです。
他のエピソードは、辛い系が多く。。。特に水浸しの寝床は
ひどいよね~でもそれが戦争なんだろうね~

ヒロインはもちろんエドナで、
私はこの女優さん好きなので見やすかったです。
フランス語が喋れないチャーリーと英語がしゃべれない(役の)エドナ、
でもこころは通じ合うんだな~って思いました(笑)。

それで、最終盤、夢でした、っていうオチは
いま目線だと「ありがち」かもしれないけど
1918年だしね、素晴らしいと思いますよ~
私なんかは今現在でも「へぇ~」って思ったしね♪

とにかく再見出来て嬉しかったです。



偽牧師

感想
やっと再見しました。
このDVDには3作品入っていて、どの作品もリマスターしているのか?
とってもキレイでした☆
(この3作品はすべて字幕が英語になっていました、初期はフランス語だったのにね☆)

内容は全然覚えていなかったようです(笑)。

あの扮装もちょっと違うから、別の映画なのかな~???
ちょっとそのあたりスッキリしませんが、仕方ない。

元々脱獄犯で悪いんだけど、最後に逃がされたのは
もっと悪いヒトからお金を取り返したからなんだけど
あの保安官はエドナちゃんと仲良いのかな~???
エドナ家の皆さん、人が良過ぎて(笑)。

教会のお説教のことで、子供だけにウケていたのが、リアル感満載☆
そういうお説教なら、きっと皆聞けるのにね~。

それでこの映画は最後の最後、
メキシコに自由の天地とはしゃぎながら、
その後ろでやっぱり殺し合いをしてたところでしょうね~

あのメッセージは痛烈で皮肉で、すごく刺さるから、
この映画こそが「独裁者」いずれ「殺人狂時代」に続くのでは?と思いました。

とにかく、再見出来て、メッチャ嬉しい!




初見時感想はこちら

犬の生活(1918・米) ・・・ 1-471 

担へ銃(1918・米) ・・・ 1-465 

偽牧師(1923・米) ・・・ 1-468 
 




<<☆ 読了 「罪と罰  第2部  第3部  第4部」 ☆ | BLOG TOP | (1-194)  新 シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -