映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-121  フィラデルフィア

  1. 2013/11/21(木) 23:00:00_
  2. ジョナサン・デミ
  3. _ comment:0
Philadelphia  (フィラデルフィア)  1993年・アメリカ



フィラデルフィア




 
.


2013年11月21日(木)  ムービープラス

監督 ジョナサン・デミ
主演 トム・ハンクス  (アンドリュー・ベケット 役)

感想抜粋
凄い映画でした。
監督は「レイチェルの結婚」が いまいちだったけど
昔見た「羊たちの沈黙」の監督なんだね・・・まぁ納得。



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



**************************



最初、トムさん(今月、特集しているらしく、いっぱいオンエアしています)
トムさんが、ゲイには見えなくて・・・ごめんね。
それは結構最後までそうだったんだけど、
ゲイではなく、エイズ患者には、ハイ、すっごく見えました。

あ、私はエイズの人を見た事はありませんが、
(「KYOKO」という映画を思い出します)
だんだん衰えてゆく・・・
だんだん「免疫がないヒト」に変わっていゆく
その様を、すさまじい演技力で、見せてくれました。

共演のデンゼル・ワシントンさん、若いね~!
感じが今と全然変わっていなくって、
役柄も、似合うし、上手で、感激しました。

同棲中の彼氏役のアントニオ・バンデラスさんは
マジ、ゲイに見えました。
イイ感じ~♪

・・・最後の方で、もう逝けるって、二人だけの時間を過ごして
あぁトム・ハンクスはゲイには見えないけど

この二人が愛し合っていることが信じられる・・・と、
素晴らしいな~と思いました。

一番驚いたのが、主人公の実家の皆さんが
主人公の事を、全部受け入れて愛している事です。
お母さんも、お父さんも、きょうだいさんも・・・

特にお母さんには驚くほどの深い愛情と
お父さんには誇りすら・・・
きょうだいの方々には、エンドロール前の、あのフィルム
あれで全部現わしていたね~。

裁判や弁護士の事を書けなくてすみません。
全体的に良い映画でしたが、




<<5-122  明りを灯す人 | BLOG TOP | 5-120  きのうの夜は・・・>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -