映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-149  男はつらいよ 寅次郎恋歌 

  1. 2013/12/12(木) 23:00:00_
  2. 山田洋次
  3. _ comment:0
男はつらいよ 寅次郎恋歌  1971年・日本  (第8作)



男はつらいよ  8




 
.


2013年12月12日(木)  BSジャパン

監督  山田洋次
主演  渥美清
ヒロイン 池内淳子

感想抜粋
今までに見た「寅」の中で一番学びがありました。
一番良かった、段違いに良かった、ものすごく良かった。
この作品は、普通の映画として「秀作」だと思います♪

葬儀後の食事の席での、
亡くなったお母さんが幸せだったか?そうではなかったか?
そのお話(言い合い)が、一番胸にきました。

人の幸せは、他人さまから見てどうこうではないからです。

その他にも、後家さんや息子さんの件でも色々と学びました。
人生には辛い事が多いけれども、
視点を変えると、生きる道の希望は、案外すぐそばで見つかるんだな~って
思ったりしました。

私なりに希望を見つけて、
今出来ることで幸せを感じて生きて まいりたいと思います☆

さくらの歌の件も泣けたし、おじさん夫妻もすっごく良かった。
満男はやっと立って歩いて可愛い事この上なし!
ただ、大人しすぎる事はたしかですが。。。

最後前に去ってゆくところも、なんというか
今までに見た作品とは全然違う“切なさ”を感じたのですよね~。
だって、ふられてもいないのに、ふられたという言葉には重みがあるし、
さくらのあれらの台詞は、効いたと思うよ~!
これってホントに「寅」かい???

ラストシークエンスも、メッチャ良かった。
ファーストシークエンスの、あの何とも言えない優しさに満ちた
旅をする者同士の、そういう“想い”が伝わって、
監督~!(もう遅いけど)ここで終わっていればどんなに良かっただろうか!!!

「男はつらいよ」今後もどんな作品があらわれるか分からないから、
楽しみにして来年の9月まで見ていこうと思います☆




<<5-150  “猫”警部事件簿 | BLOG TOP | 5-148  離愁>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -