映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1257  42 ~世界を変えた男~

  1. 2017/04/01(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
42  (42 ~世界を変えた男~)  2013年・アメリカ



42 世界を変えた男




 
.


2017年4月1日(土)  BS3

監督 ブライアン・ヘルゲランド 
主演 チャドウィック・ボーズマン

感想
良い作品だったので、鑑賞後に調べたら
知らない監督さんだと思っていたのに、いくつか見ていて
ヒース君(ヒース・レジャー)主演のいくつかで嬉しくなったりして、
よくよく見ればいろんな映画の脚本書いてて(LAコンフィデンシャルとか)
おお凄い人なんだと思い、
きっと近いうちに大ヒット作なんか作ってしまうような気がしました☆

主演の彼は知らないけど、こちらも調べたら
これからの活躍が楽しみな感じの人ですね!!!

ハンソロ(ハリソン・フォード)の中で
一番良い作品・一番良い役柄・一番こころに残りました!
メイクというより変装していて、見た目よりも演技そのものが素敵でした。

そう、この映画は結局、
リッキーさんの功績を褒めたたえる作品でしたね。
誰をその「一番目」に選ぶか、それが全てだったんですよね!

アメリカって変な国ですよね?と(日本人は偉そうに言えないと承知しています)
思うのは、南北戦争で黒人が普通の市民となり、
第2次世界大戦では前線で使いまくったくせに、
平和な世の中になったとたん、南北戦争前に戻って?しまうかのような?
各種の差別を法律で明文化して・・・あほちゃう?
(日本にはほとんど同じ民族・人種しかいないので、偉そうなことは絶対に言えません)

ジャッキー・ロビンソンだけでなく、野球を仕事にしていた多くの黒人たち・・・
そのまま黒人リーグでやっていれば嫌なこと言われることもなく、
もちろん大きな大会には出られないけど、それなりにやっていけたのに、

最初のひとりに、何故選ばれたのか?
だんだんハッキリとしてきますよね、
もちろん最初からリッキーに確証があったとは思えないけど
ジャッキーだからこそ、乗り越えられる、彼を知る人のこころを溶かすと・・・

何もかもスムーズにいったわけではないし、
映画にはキレイになっている部分もあると思う、でも、
現実に今、永久欠番になっている「42」
一年に一度、全員が身に着ける「42」
エンドロールの前には自然と涙があふれ、感涙・前夜祭となりました☆

野球そのものの描写がけっこう良かったと思います。
汚い言葉を使った人も、その通りだったのでしょう。
誰もが職業に選ぶくらい好きな野球、
今のメジャーリーグでは黒人の方が多いくらいで!!!

あと、ジャッキーがその時に結婚したのは(事実かどうかは知りませんが)
本当に良かったと思う、守るべきものがいて、お互い助け合って、
脅迫はあったけど、それ以上の素晴らしさを得られたから。。。

とにかくリッキーさんはすごい人です。
大学時代の話が説得力ありましたね。

真っ白な欧米人、私たち日本人さえ「こぎたないいろ」に見えるかも?
黒人は汚いのだと、そういうふうに
ずっと昔に思ってしまったのは、
人類の進化上、仕方のないつまずきだったのかもしれませんね。。。

色々と考えさせられた良い作品でした♪
野球の好きな人には是非見て頂きたいです!





<<5-1258  リベンジ・マッチ | BLOG TOP | 5-1256  マラヴィータ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30