映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-2034)  大人の見る絵本 生れてはみたけれど  (2回目)

  1. 2017/06/08(木) 23:00:00_
  2. 小津安二郎
  3. _ comment:0
再見  大人の見る絵本 生れてはみたけれど  1932年・日本



大人の見る絵本




 
.


2017年6月8日(木)  初見時のBS3

監督 小津安次郎
主演 

感想
初見時と違って、この映画はあの「お早よう」の元手になっているんだなって
スーッと受け止められたので、好感でした。

初見時も「お早よう」は見ていたのに、そういう風には思えなかったけど
今回は何故か・・・多分両作品ともにもう遠いからだと思いました☆

もちろん、初見時同様に、私の知っているサイレントとは全然違って
音楽が引っ張らない事と、
台詞の字幕に音声が付いているのが、どうにもこうにも慣れず、見にくいことは
見にくかったのですが、そのことよりも、「お早よう」はリメイクか?と
その思いが引っ張りましたね~。

たしかに笑うところは少なかったんですが、1932年、暗い時代の中、
その世相と、今後への不安が時代背景となって表れていましたし、
子どもたちや、酒屋の小僧、両親、その他、皆さんの表情が
いかにも昭和で、しかも私の知らない昭和で、見とれましたね。

お母さんの今と違ってハッキリと言えないけど、子供達が可愛くて
お父さんに精一杯いうところなど、素敵でした。

お父さんもただへいこらしてるのではないこともよく分かりました。

しかし、子供たちの子役さんたち、もしかしてWWⅡに参戦?
祈るような気持ちです、無事に90歳代の爺さんでいてほしいと。

あと、小津さんは、小学生は息子、会社員は娘を
描くのがお得意と、今頃気づきました☆



初見時感想はこちら  →  大人の見る絵本 生れてはみたけれど(32・日) ・・・ 2-2034





<<(2-836-3)  アフリカの女王  (2回目) | BLOG TOP | (2-930)  マイ・ハート、マイ・ラブ  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -