映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-515)  愛・旅立ち  (2回目)

  1. 2017/05/07(日) 23:00:00_
  2. 舛田利雄
  3. _ comment:0
再見  愛・旅立ち  1985年・日本



愛・旅立ち




 
.


2017年5月7日(日)  LALAテレビ

監督 舛田利雄
主演 近藤真彦 / 中森明菜

感想
何故か再見する気持ちになったので見ました(笑)。
初見時感想に滅茶苦茶なこと書いてあるけど、
今回はもうちょっと良い感じに受け止めました。

まあこの監督の割には駄作の方に入るとは思いますが、
それでも、今回良かったと思えたのは、
この作品の中に流れる、アイドル映画らしからぬ「哲学」・・・

って笑っちゃいますが、丹波の御大が出ていて、彼お得意の
例の死後の世界やらなんやらをとうとうと語るのですが、
それがいちいち腑に落ちる感じで・・・
その通りとかいうわけではないのですが、

一般的に言って誰一人本当に死んでから戻ってきて
(その場ですぐに)その世界を書いたりした人はいないので、

噓だとかなんだとか言えず、それぞれの人の思うようで良いと思うのですが、
丹波御大のお話は本当に良かった。

その他のこの世での出来事や死後の描写、
特にご都合の良い病状の成り行き・・・その上地震まで笑えますが

耳なし芳一、島のお祭り、ふとした気遣い、
日本にはいろんな大切な心のよりどころが
いっぱいあることを教えてくれたから、その点良かったです。

主演の二人については可哀想で仕方ないです。
でも自分で選んだ道だから、それぞれに頑張ってほしいです。

助演の俳優陣は、丹波御大以外では北林谷栄さんやはり凄かったし、
そうそうレオナルド熊さん、泣けたね~1ショットなのに存在感抜群!
その他・軽めのあの人この人、あの時代によく登場していた人たち、
みんな懐かしかったし、それぞれに(役柄が似合ってたし)うまかったです。

とにかく毛嫌いしていたのに、今回は再見したいと思って
オンエア日にスルッと見られて、本当に良かったです。
タイミング、ってありますよね☆



初見時感想はこちら  →  愛・旅立ち(85・日) ・・・ 1-515 





<<5-1272  ローマ発、しあわせ行き | BLOG TOP | (ナンバーなし)  劇場版 カードキャプターさくら  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -