映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1281  初恋のきた道

  1. 2017/05/24(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
我的父親母親  THE ROAD HOME  (初恋のきた道) 
1999年・アメリカ/中国 



初恋のきた道




 
.


2017年5月24日(水)  BS12

監督 チャン・イーモウ (単騎、千里を走る、の人)
主演 チャン・ツイィー

感想
これは全く良くなかった、キレイごと映画。
もちろんこの国もこの時代も知らないから見当違いの事を書くかもしれないが、
普遍的な話としても、

まず、主人公が若い時に、
母親をあまり大切にしていなかったのが非常に嫌だった。

次に、若い時の彼女が可愛いと思う人なら良い映画かもしれないが、
原節子と同じで、まわりの同世代の女性に不細工ばっかりおいて、
目立たせようという根性が嫌いだ、いやだ。

その可愛い女が、一人でヘアアクセを山で探し回った時、
よくも他の男に襲われなかったものだと本当に心底仰天した。

そして相手役の先生の人生を決めてしまった事への罪悪感がないことに非常に驚いたし、
先生のご両親の話が一切出ず、あの村が大事みたいなシュチュエーションが信じられない。

そして今現在の描写で、ものすごい老婆になっていて唖然とする。
もうちょっと見た目の良い老婦人女優を使えよと思う。

全体的に、監督が主演女優をモノにしたい気持ちしか感じられなかった。




<<(2-853)  ノッティングヒルの恋人  (2回目) | BLOG TOP | 5-1280  間奏曲はパリで>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -