映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1275  カフェ・ソサエテイ

  1. 2017/05/13(土) 23:00:00_
  2. ウッディ・アレン
  3. _ comment:2
CAFE SOCIETY  (カフェ・ソサエテイ)  2016年・アメリカ



カフェ・ソサエテイ




 
.


2017年5月13日(土)  街の映画館にて

監督 ウッデイ・アレン
主演 ジェシー・アイゼンバーグ

感想
まぁいつものお話でした。
終わり方は最高に良かったです♪
見ている間も流れるような運びだったし、
特に引っかかることもなく、
怒りも涙も笑いも、スーッと通り過ぎてゆきました。

ただまぁ私的に主演の彼とベラ・・・もといクリステン・スチュワートの彼女の
二人を見るだけでも楽しかったです。


あとは、度々出てくる大物の俳優・女優・監督・製作者
それらの懐かしい名前にいちいちドキドキしました。


アメリカって大きいから、そして今のように一瞬で発信できない時代だから、
西海岸と東海岸の違いってすごいなあって思いました☆



以下、内容に触れていますので、ご注意ください。



******************************



彼女が彼ではない人を選んだ次のショットが良かったですね☆
あとは夜明けの橋の上とか?
(そしてラストシーンね)

1930年代、後半、でも、ヨーロッパではないからね、
のんびりしているし、お金のある人は楽しそうだし・・・。

マフィアの殺しってあんなに簡単に?とか
ユダヤ教って来世がないって初めて知りました。
だから今でもずっと怒ってるんだね。。。とか。

改宗が犯罪よりもショックなお母さんが一番
やっぱり近しいかな?


ふたりのヴェロニカ・・・
あの映画の事かなあ?なんて思ったりして・・・。


奥さんのヴェロニカ役の女優さん、素敵な人でした。。。
今までも見たことあるのかなあ???
今後はもっと見たい女優さんです・・・が、
あの役柄もはちょっとね?普通の人が入れるお店なのかなあ?って・・・。

ま、それでも「夢に見たの」という言葉は優しくて、
この人なら大丈夫とそんな風に思いますよ~
(もちろん受け止め方は、それぞれの人の自由だけど)
私は、ドロドロは、合わない、と思うから、この映画ではね☆

最後に、カレルさんの役柄ですが、ちょっと深みを感じませんでした。
アレンさんはこの頃生まれたばっかりですからそれで仕方ないのかもしれないけど
映画だからって手を抜かない方が良いように思います。
捨てた奥さんの描写もなかったしね。


ま、そうやっていちいち考えると面白くないので、
スーッと楽しい時間を過ごせば、それで良かったです♪




<<5-1276  すてきな片想い | BLOG TOP | 5-1274  歴史は女で作られる>>

comment

ポータブルDVDプレイヤーが壊れた(涙)

  1. 2017/05/18(木) 09:09:19 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、おはようございます

予告編は2回観ました。(笑)
「ミッドナイト・イン・パリ」が1920年代で本作は30年代、アレン、歳喰って現実逃避してるのかな。
「ミッドナイト〜」では一応、「昔は良かった」を皮肉ってはいるけど懐古趣味を強く感じました。
まぁ、アレン的には男のロマンティズムと女の現実主義は永遠に水と油で、それなのに男は女を、女は男を求めて止まない皮肉を描いたのかもしれませんが。(男のシンデレラ物語、お伽話でもありました)

とは言っても、僕の今年のベスト10、下の方に入りそうなくらい良かったんですけどね。(笑)
この作品も評判いいのは知ってますが、どうしても「また、あの時代?」という気持ちが強くて・・・。
名画座かDVDに落ちて来たら見てみようかなと思ってはいます。

Re: ポータブルDVDプレイヤーが壊れた(涙)

  1. 2017/05/18(木) 13:01:51 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 予告編は2回観ました。(笑)

そういう作品って気になりますよね~(笑)。

> 「ミッドナイト・イン・パリ」が1920年代で本作は30年代、アレン、歳喰って現実逃避してるのかな。

他にも(「ギター弾きの恋」とか「ブロードウェイと銃弾」とか)
1930年代を舞台にした作品は、ある程度昔からありますので、
特に最近ばかりというのではないような気が・・・。

> 「ミッドナイト〜」では一応、「昔は良かった」を皮肉ってはいるけど懐古趣味を強く感じました。
> まぁ、アレン的には男のロマンティズムと女の現実主義は永遠に水と油で、それなのに男は女を、女は男を求めて止まない皮肉を描いたのかもしれませんが。(男のシンデレラ物語、お伽話でもありました)

難しいご感想で・・・
私たち女性軍は、単純に面白かったです、この監督の割には(笑)。

> とは言っても、僕の今年のベスト10、下の方に入りそうなくらい良かったんですけどね。(笑)

そうですか~下の方ね(笑)。
私も10位に入っていたのに、12月に見たのが入って次点になりました(笑)。

> この作品も評判いいのは知ってますが、どうしても「また、あの時代?」という気持ちが強くて・・・。

この作品、評判が良いのですか???
私は他に見るものがなくて見たんですが
(漫画原作やジャニーズのお子様向け邦画、暗い戦争の洋画、アクション、ばっかりで・・・)

感想は読んでおられないと思うのですが、
平凡な凡作というのが私の感じです・・・見ている間は楽しかったので
(映画館行はレジャーなので)それで良いかと思っています、あまりお勧めしません(笑)。

> 名画座かDVDに落ちて来たら見てみようかなと思ってはいます

DVDで良いのでは???
でも案外私のお勧めでないのが、鉦鼓亭さんにとっては良い作品
になるのもしれませんが・・・(笑)。

この次にアップする作品は正真正銘のおすすめ作品ですが、
またこけるとアレなので・・・。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -