映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(5-761)  プリンセス・ブライド・ストーリー  (2回目)

  1. 2016/12/08(木) 23:00:00_
  2. ロブ・ライナー
  3. _ comment:0
再見  THE PRINCESS BRIDE  (プリンセス・ブライド・ストーリー)  1987年・アメリカ



プリンセスブライドストーリー




 
.


2016年12月8日(木)  初見時のイマジカ

監督 ロブ・ライナー
主演 ケイリー・エルウイズ

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

再見しました☆
宵乃さんのイラストが、画面と重なって、本当に胸熱くなりました☆

>とっても面白かったです。

宵乃さんが好感ですごく嬉しいです♪

>風邪をひいた孫に本を読んであげるお祖父ちゃんを演じているのがピーター・フォークで、生意気な孫とのやり取りが微笑ましいんですよ。

再見したら、けっこう短いというか、もうちょっとあったように思ったのですが・・・
この二人がホントに良いコンビで、ご両親に愛されているからこその
お爺ちゃんの存在だとよくわかるので、泣けるくらい素敵です♪

>本の展開はどちらかというとのんびりしたもので、
>そして、物語の中の登場人物もとても魅力的なんですよね~。
とくに敵として登場した剣士イニゴと巨人フェジクが魅力的で、
>イニゴの敵討ちに対する情熱と、フェジクの素朴な優しさが、終盤をグッと盛り上げていたと思います。

再見したらけっこう面白い作品でした、
あ・もちろん初見時もそうだったのですが、宵乃さんの記事が的を得ているので!

>そして一番の悪役も悪賢くって良かったです。全体的にのんびりした雰囲気だったのが、彼のあくどさが顕わになっていくにしたがって物語も引き締まってきます。
>それでいて奇跡屋マックスとのやり取りや、引きずられ状態の主人公ウェスリーなど、コミカルさも忘れてはいません。絶妙なバランスで最後まで見せてくれました。

これらコメントでも書かせて頂いたと思うけど、監督の力でしょうネ~?

>多少気になったのは、ヒロインの名前が”キンポウゲ(バターカップ)”で可愛いのか?と思ったのと、

初見時は「声をかくす人」を見た直後だったので、不細工と思っていたけど、
若い時はまぁまぁ見られる顔でした(笑)。 
名前は日本人的にはビミョーですね?

>ラストのキスシーンのくだりの孫とのやり取りも楽しかったです♪

この部分があるとないとでは違いますよね~!
「仰せの通りに」泣けます♪

>観ているとほんわか幸せな気分になれる作品でした。

私も宵乃さんのお陰で宿題を果たせた気持ちです☆
良いイラスト付きの記事を有難うございました!





<<(1-287)  ティファニーで朝食を  (殿堂入り) | BLOG TOP | 白雪姫魔法の秘密>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -