映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1217  時よとまれ、君は美しい / ミュンヘンの17日

  1. 2016/12/27(火) 23:00:00_
  2. 複数の外国人監督による1作品
  3. _ comment:0
VISIONS OF EIGHT  (時よとまれ、君は美しい / ミュンヘンの17日)
1973年・アメリカ / 西ドイツ



ミュンヘンの17日




 
.


2016年12月27日(水)  日本映画専門チャンネル

監督 8人
主演 いろいろ





「プラグイン」に載せた文章

今年最後に見た初見映画
「時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日」でした☆ 
とても良かった♪ 
8人の監督のオムニバス形式でしたが、やっぱり特別に好きな監督の部分が一番良かったです。 
あの悲劇も嫌な感じでなく入っていたし、開会式・閉会式も今のように派手でなく好感! 
自分はモントリオールからしか覚えてないから、とても新鮮でした。 
8月にオンエアしてやっと見られて嬉しかったです♪





以下、整理されていない感想


最初の監督
 始まる前の時間
 凄い緊張
 上手な撮り方


2番目 女性監督
 知識がないから重量挙げを選んだ
 途中に食べ物入れて、女性目線らしい
 競技と勝つ人の喜び方、負ける人とマネの背中


3番目 アーサー・ペン
 スローで始まる 棒高跳びみたい
 全体的にスローが多く、しぶとく喰いつくような目線、
 ホント撮り方って人によるわ~!
 勝者の後の音だしとキレた役人


4番目 ミヒャエル
 女性選手が史上最高数 女性に焦点を当てる
 いろいろカッコイイ可愛いし真剣で素晴らしい
 勝者と敗者の握手も
 でも体操選手はキレイね!


5番目 市川崑
 最も速く
 100メートル
 4倍速

6番目 二日間苦悩 ミロス・フォアマン
 10種競技、最も過酷な陸上競技
 選手は二日間で10種の別々の競技をしないといけない
 バックの音と合わせる感じ?
 さすが作りが面白い 倍速して動きがホレ
 オペラだし
 倒れこむ選手たち


7番目 敗者たち クロード・ルルーシュ
 やっぱ好きだわ、この画風。
 

最後 最も長い闘い ジョン・シュレンジャー
 マラソン
 孤独な闘い
 例の事件
 音楽が良いわね
 閉会式でビリの選手が入ってくるの良かった、終わりの宣言と対比法
 けっこうシンプルな感じで好感今は派手すぎる
 振り返ると燃えたヘリもお花も涙も
 最後に殺された11人への言葉あり




<<(2-510)  秋日和  (2回目) | BLOG TOP | そして誰もいなくなった  (2015年・イギリス版)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30