映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-434)  ひめゆりの塔  (2回目)

  1. 2015/06/17(水) 23:00:00_
  2. 今井正
  3. _ comment:0
再見  ひめゆりの塔  1982年・日本



ひめゆりの塔




 
.


2015年6月17日(水)  レンタルVHS 

監督 今井正
主演 栗原小巻

感想
この作品のDVDが発売されない意味は、
何となく分かりました。

初見時はテレビでコマーシャルも入り、カットも多かったでしょうし、
それなりに見られて良かったと思うのですが、
今回、ノーカットで142分もあるとは全然知らず、見始めたらもう、アリ地獄のように
どこにも逃げられず、この深い闇に、自分自身が堕ちてゆくようでした。

映画館で見た人は大変だったわね、
可哀想と思うくらいですよ(笑)。

まぁいろいろと細かい文句がある人が多いのもよく分かりますが、
こういう映画は、仕方ないのです、オールスターキャストとはこういうモノですし、
今現在に作られる学芸会的なこの時期の作品よりはずっと
まだまだリアル感があったように思いました。。。

内容の感想は書きにくいですが、
すっかり忘れていたのですが、初見時にも書いてあってビックリしたのですが、
今の私は「昭和天皇」に戦争責任があるように思えて仕方なく、
色々とイヤ~な気持ちになっています。

でも再見できて良かった、感謝です。



書きにくい今回の感想

背中から女学生を撃つ軍人、それは、あの時代の象徴・・・
そして・・・

だからこそ、あの時代を、今、批判してはいけないのだと思います。
あの時代はあの時代で、それが普通で、皆必死だったのだから。

誰も憎くて女学生を殺したり、小さな子供を見捨てたり、
今の時代に考えられる全ての「酷い事」を、しなかったのです。
あの時代には、それぞれ理由があって、していたのだから。

何があったのかを検証して、反省し、
次の時代により良い方向で結びつける、
それで良いのです。

今現在のこの時代に、あの時代の全てを批判するのは、
ハッキリ言って、バカな行為だと思います。
○○にはもう絶対にやめてもらいたいです。
(そんなやり方が通るなら、イギリス人は世界中で顔を上げられないでしょ?)



初見時感想はこちら  →  ひめゆりの塔(82・日) ・・・ 1-434 




<<5-808  僕が星になるまえに | BLOG TOP | (1-312)  春男の翔んだ空  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -