映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-823  アザ―ズ

  1. 2015/07/10(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE OTHERS  (アザ―ズ)  2001年・アメリカ/スペイン/フランス



アザーズ




 
.


2015年7月10日(金)  FOXムービープレミアム 

監督 アレハンドロ・アメナーバル
主演 ニコール・キッドマン

感想
何となくどういう映画か知っていたような?感じでしたが、
このたび、良い機会があり、見てしまいました。

よく「シックス・センス」と比較されるようですが、
私は今年の春に見た「〇〇の〇」という映画を思い出してしまい、
きっとそうだろうと思ったのですが、けっこうズレていました(笑)。

細かい事なのですが、私は、あの家に食料を運ぶ人が居なかったので
イライラしました(笑)。

あと、子供たちの叫び声の大きさと、小さな声でしゃべる時と、
そういう落差が激しくて、テレビの音量を変えるのに忙しかったです。
多分、こういう作品は映画館で一回見て終わりにするのが良いのでしょうね?

いくつか整合性が合わないと思う点もありましたが、
(一番ヘンだったのは、娘が婆さんになったところです)

まぁ1891年に亡くなった3人のお気持ちをくんで、
その彼らが仕えていた相手だったのかどうかも分かりませんし、
夫さんが戦死して気が狂ったという動機なら、時代が合わない?でしょうし?
イギリスが戦争と言ったらやはり1914年からのWWⅠと、その後はWWⅡでしょうし?

あの3人はイイ人たちで、教えに来たと考えて、
同じお屋敷で時代違って住んでいたのかもしれませんね~???

それで、この人達、1891年の3人組はいつでも天国に行けるけど
自分達の意思で行っていないとして、

自分達の正しい姿を知った親子3人は、どうするんでしょうね~?
そのうち、お化け屋敷とか言われて、お金持ちが全部壊してホテルでも建てそうですし(笑)

結局、行くべきところに行かない筈がない、というのが私の考えですので、
この映画そのものが成立しなくなるというか???
まぁ主演のファンのための映画というか???

たましいに上下はなく、主従関係も、親子関係もないのです。
だから絵空事、あのキーキーいう声がどうにかならなかったのか?と
思うくらいで、あまり良くも悪くもない作品でした。

「シックス・センス」には愛を感じたのですが
この映画のラスト辺りにはあまり愛を感じず・・・ビクターのお母さんの
ビクターを思う気持ちが良かったですネ☆

キッドマンの顔が怖すぎたせい???かも???
絶対そうだわ~☆

「〇〇の〇」というのは結構良い作品だったと思います。
いつかオンエアして多くの人に見て頂きたいです☆





<<5-824  悦楽の貴婦人 | BLOG TOP | 5-822  バーバレラ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -