映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-889  エンド・オブ・ザ・ワールド

  1. 2015/09/25(金) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD  
(エンド・オブ・ザ・ワールド)  2012年・アメリカ



エンドオブザワールド




 
.


2015年9月25日(金)  BS3

監督 ローリーン・スカファリア
主演 ステイーブ・カレル/キーラ・ナイトレイ

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

先日のBS3のオンエアをやっと見ました☆
素敵なイラストですネ~!

>妙にあっけらかんとしてるんですよね。

なんだか・・・いまひとつな作品でした・・・。
きっと、こういう感覚~あっけらかん~を、好感に思うかどうかで変わるような気がします。

>そもそも、この地球滅亡というのは舞台装置に過ぎず、まるで性格の違う男女が旅を経て惹かれあうロマンスものであり、人生において大切なものってなんだろうと考えさせる作品なんですよ。

そうなんですね~? 
そういう目で見れば良いのでしょうね~?

>ドッジとペニーのように、大切な人と過ごす時間こそ大切だと考える人もいて、人生において大切なものというのは人それぞれなんですよね。

まぁ普通はほぼ全員がそうなるのではないでしょうか?
お仕事している人もお家に待っている人が居ると思うし・・・。

>そんな彼らを見ていると、自分ならどう過ごすだろうかと否応なく考えさせられました。

ここは同感です・・・そういう風に思わせる作品なのでしょうね~?

>きっと、ドッジに拾われたあのわんこも、彼らと一緒に過ごした時間は幸せだったんじゃないかなぁ。

非常に映画的に“うまくやった感”が強いですが、
たしかにあの子がいなければ、もっとつまらなかったように思います(笑)。

>ドッジと父親の和解エピソードや、
>スティーヴ・カレルとキーラ・ナイトレイの演技も素晴らしかったです。

知らない監督さんですが、この3人の俳優を使っただけでも凄い豪華で、
コネでもあったのかな~? 3人ともピッタリでしたね!

あまり良い作品ではないけど、ものすごく嫌な気持ちにはならなかったです。 
・・・私が一番気になるのは、もしも世界の終わりでなければ
あんな気持ちにはならないだろうと思うところです。。。




<<(2-842)  ゾディアック  (2回目) | BLOG TOP | 5-888  八月の狂詩曲 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -