映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-903  モンテ・クリスト伯

  1. 2015/10/12(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE COUNT OF MONTE CRISTO  (モンテ・クリスト伯)  2002年・英/アイルランド



モンテクリスト





 
.


2015年10月12日(月)  BS258

監督 ケヴィン・レイノルズ
主演 ジム・カヴィーゼル

感想
この話、全然知らなくて、
もちろん大昔から小説のタイトルとして聞いたことあったけど、

今回映画を見た事によって、アウトラインだけでもハッキリと知り、
なおかつ吹き替えで分かりやすく、良い鑑賞になりました。

色々とありがちな設定やらですが、
それはそれとして、19世紀らしいお話で、冒険もあり、
ドキドキもあり、チープでもこういう丁寧な作りの作品が好きです☆

特にいま目に浮かぶのは、あの海に浮かぶお城の牢獄での
二人の一所懸命の日々・・・
時代は違えど同じような映画を見たばかりかも?笑

あんなにちょっとしか食べないのにあんなに動けるはずないよね?とか
成人になってから初めて 文字(や礼儀作法)を そんなに簡単に覚えられるのか?とか
突っ込みどころは沢山あれど、

実際人間が通常の状態でない時に
超人的な力を発揮する事ができるってことは、自分自身も経験したことがあるので
それの「凄い版」だと思い、納得できました。

あとは・・・女性の事ですが、身体の変化と子供の父親探しは古今東西よくある話だけど、
あんなに都合よく子供と父親(と見せかけている人間)の仲が悪いってこと
あるんだろうか?って
不思議に思いますよね~まぁ全体的に誰に対しても冷たい人間だから仕方ないんだろうけど。。。

復讐相手のことですが、いまひとつ頭が悪いのでよく分からなかったけど
あとでネットで調べてゆっくり考えたら分かりました。
しかし役人の親の事は普通は反対の場合が多いような気がして・・・
あんな年寄りを・・・可哀想にって思いました。

まぁ原作小説はもっと大きな冒険譚なのでしょうけど、
この映画はそれなりでも、吹き替えの良さもあって、
原作をよく知る人以外には良い作品だったように思いました♪





<<5-904  戦争のはらわた | BLOG TOP | (1-31)  オー!  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -