映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-51)  パリは燃えているか  (2回目)

  1. 2016/01/26(火) 22:30:00_
  2. ルネ・クレマン
  3. _ comment:0
再見  PARIS BRULE-T-IL?  (パリは燃えているか)  1966年・仏/米



パリは燃えているか





 
.


2016年1月26日(火)  セルDVD

監督 ルネ・クレマン
主演 特にナシ

感想
(ヒトラーに命令を受けていたのに)パリを破壊しなかったドイツ軍人の事は知っていたので、
お話そのものに驚く事はなかったけど、

その軍人を演じた俳優さんが、事実として大戦当時にウィーンで(!!!)
ユダヤ人をかくまっていて、戦後その事を言わずに仕事でも干されて
ユダヤ人の人が事実を言って初めて世間に知られた人だと知り、
本当に驚き、その役柄にぴったりだったなぁと感激を新たにしました☆

この映画は中3で後編のオンエアを見ずに、
2009年のオンエアも(知っていて)録画しなかったので
(2009年頃は、ルネ・クレマンが嫌いだったので・・・)
長い長い間の宿題をやっと果たしたという感じの鑑賞になりました☆

「ヨーロッパ特急」を見てから監督の事が好きになって(笑・単純ですみません)
今回は演出もよくよく見ましたが、いかんせんオールスターキャストで
当時、実在の人物たちが生存中の、たった20年ほど前の事で多くの人が覚えていたし
それも一人ひとり違う感覚をもっていたであろう出来事で
(私たちには、どんなに頑張っても、一生涯肌で感じる事は無理だと思う)
色々な制約の多い、なかなか作りにくい作品だったと思うから、
本当に頑張ったのでしょうね~という感覚です。

一番良かったのは、実際のフィルムを多く入れて、そのシーンから
映画のシーンにスムーズにつながったことです。

そうなると、スターさん達も、あの名もなき現実のフィルムのなかの人達のように見えて
ドキュメントではないのに、そんな感じもしてくる・・・
そういう点が本当に良かったと思います♪

*******************************

ドイツ軍司令官コルティッツ将軍、この事実の方も素晴らしかったけど、この俳優さんも戦時中現実にウィーンでユダヤ人をかくまっていたとの事、それを戦後隠していて誤解されて干されたりして、ユダヤ人の人が「この人にかくまってもらった」と言って初めて世間に分かったという、この役柄を演ずるのにふさわしい人物だったと知り感激を新たにしました(鑑賞後にネットで調べました)。




初見時感想はこちら  →  史上最大の  パリは燃えているか ~前編~(66・米/仏) ・・・ 1-51




<<(1-461)  アイコ十六歳  (2回目) | BLOG TOP | 5-979  フライト・ゲーム>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -