映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-57)  愛情の花咲く樹  (2回目)

  1. 2016/01/16(土) 22:30:00_
  2. エドワード・ドミトリク
  3. _ comment:0
再見  RAINTREE COUNTY  (愛情の花咲く樹)  1957年・アメリカ



愛情の花咲く樹
 




 
.


2016年1月16日(土)  レンタルVHS
 
監督 エドワード・ドミトリク
主演 モンクリ / リズ

感想
知らなかった! 173分もあった!
初見時はカットだらけにしてもおかしいので、多分、後半だけを見たのだと思います。
それを書いていないという事は、前半の存在を知らなかったに違いないです。

全部見て思うのは、エバー・マリー・セイントって、リズと同世代だから
かなり損した女優かもしれないけど、この作品に限っては
最後の最後まで引っ張って、きっとそうなると思わせて、得した役柄でしたね♪ってことです。

あと、やっぱりリズは存在感が違うし、この頃が一番美しかったように思います。
モンクリもけっこう演技ができて良かったです!

流れ的に、結局、お互いよく知らないのに、妊娠したという嘘を信じさせる付き合いをして
結婚に持ち込むって、古い手だと思うけど、この作品で見ると仕方ない的な?笑

全部が全部そういう感じで、リズのキャラで、キの字の母親の遺伝を伺わせ、
でも、我が子は男の子だから大丈夫的な?

愛情の花咲く樹、って素晴らしい邦題だよね~レインツリーって字幕でして
最後に見つかっても誰にも分からず、坊やもいずれ忘れると思うと
寂しかったけど、実際、夢とかそういうたぐいで、人間は生きるしかないって感じでしたね。

この映画の後に、平和な時代が続き、政治家になり、彼女を後妻にし、
坊やも皆幸せになると思わせるのよね~
リズはこういう結末になる事多いね~本人は長生きしたけど・笑。

まぁとにかく再見して良かったです☆
こういう作品は、記録になければ多分一生知らないままなので、
本当に見られて良かったです。
(オンエアもないでしょうし、DVDには絶対になりそうにないから)



初見時感想はこちら  →  愛情の花咲く樹(57・米) ・・・ 1-57




<<5-972  切られ与三郎  | BLOG TOP | 5-971  プリズナーズ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -