映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-971  プリズナーズ

  1. 2016/01/15(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
PRISONERS  (プリズナーズ)  2013年・アメリカ



プリズナーズ





 
.


2016年1月15日(金)  ザ・シネマ

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
主演

感想抜粋
この映画の犯人は、私には全然分からなかったけど、
最終的に分かったときに、非常に嫌な感覚を受け、

それまでの惹きつけられる面白さがぶっ飛んでしまいました。
そうなると、あれもこれもアラばかり目立ち、
ラストシーンなど、良い点はある事はあるけど、

本当に惜しいです。
赤い笛の伏線は良かったんですけどね~。

どちらの家も高校生くらいの兄姉の下に離れて出来た子、
その兄と姉は仲良さそう? 何か都合の良い家族構成。

蛇の事、
そして昔さらわれたからと言って、犯罪者に間違えられるでしょうか?
あのフェイク犯人の件は、なくても良かったと思えます。
もしあっても、死なせることはない。

いろんなことが「警察の怠慢」のひと言で流される・・・
特に不可解なのは、お父さんの事や家を調べなかった事と、
新犯人の家を調べた時のずさんさ、
そしていつも1人で行動する事、
もちろん主人公の刑事は頑張ったんだけどね・・・。

・・・これは大きな偏見で、それを助長する作品でした。

ジェイク・ギレンホールは良かったです。
でも、ヒュー・ジャックマンはじめ他の人はちょっとね~?

寝てばかりいる妻ではどうしようもないですよね・・・
あと、ジョイがどうして逃げられたのか? 何回見てもよく分からなかった。
色々と、不満の多い作品でした。
話題作だから見たけど、2時間半を返してほしいです。




<<(1-57)  愛情の花咲く樹  (2回目) | BLOG TOP | 5-970  ユージュアル・サスペクツ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -