映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-900)   すべての道はローマへ  (2回目)

  1. 2016/02/20(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
再見  TOUS LES CHEMINS MENENT A ROME  (すべての道はローマへ)  1948年・フランス 



ローマへ





 
.


2016年2月20日(土)  セルDVD

監督 ジャン・ボワイエ
主演 ジェラール・フィリップ

感想
初見時感想の通りですね~笑。
コメディですね、ホントに。

とっても良かったです♪

ジェラール・フィリップは、ただのイケメンではないです。
ちゃんと演技ができるし、こういうコメディでもやれるから。

ラストシーン以降の事は、見る人の想像に任されるのですが、
もともとアメリカ人があんなにフランス語喋れる設定は変なので、
あまり深く考えない方が良いと思います☆

また、機密文書に関する事が、ちょっと(かなり)甘かったので
評価は高く出来なかったけど、
こういう作品の場合、そこまで煩くいうのもどうかな~?って思いますよね~笑。

同じ主演ペアの「肉体の悪魔」も、また、見たくなりました☆




<<(5-189)  太秦ライムライト  (2回目) | BLOG TOP | (2-1154)  存在の耐えられない軽さ  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -