• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-981  巨人と玩具

  1. 2016/02/01(月) 22:30:00_
  2. 増村保造
  3. _ comment:0
巨人と玩具  1958年・日本



巨人と玩具




 
.


2016年2月1日(月)  BS3 

監督 増村保造
主演 野添ひとみ/川口浩

感想
広告業界の問題点が、この頃にはもうすでに始まっていた事が興味深かったし、
貧乏人の子供がチヤホヤされて虫歯がなくなって、人を簡単に裏切って、人でなしに変わってゆくことや、
虫歯のある人間がお菓子の宣伝には出ないだろうと言う事や、
スカウトの仕方や、ライバル会社の女とできる事や、過労で肺病になる事や、
子供が出来ないから夫婦がうまくいかないとか、奥さんがおかしくなるとか、
とにかく色々と考える点が多くて、見応えのある作品でした。

****************************

見終わってしまえばかなり深くて考えさせられる良い作品だと思いました。
でも今現在ではNGな描写が多過ぎて(笑)。 

早口は、他のこの頃の邦画よりはずっとマシに思いました
・・・聞きとりやすかったわけではないのですが(笑)。 
吐血シーンは、私は単純にご病気がお気の毒に思いました。 

この映画は落ち込んだり嫌な気分の時には見ても不愉快になるだけ
だと思いますが、私はタイミングが良かったので「◎」です♪ 





<<5-982  プロフェッショナル | BLOG TOP | オスカー 外国語映画賞について☆>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -