映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ 誘拐報道 ☆

  1. 2017/02/25(土) 05:55:00_
  2. 伊藤俊也
  3. _ comment:0
誘拐報道  1982年・日本



誘拐報道




 
.


2016年2月上旬  AXNミステリーチャンネル

監督 伊藤俊也
主演 萩原健一

感想
高橋かおりが今と同じでびっくり!
デビュー作らしい。(笑)


お風呂のシーンは普通の親子なのに今ではNGで何となく悲しいけど仕方ないよね。。。
普通に作れて見られた時代は良かったように思います☆

この実話のことは覚えていないけど、ニュースを見たような気がします・・・
(この実話 → こちら
もう働いていたけど、関西には何の関心もなかったから
あんまり興味なかったんでしょうね・・・
今目線で見ると、お母さんの気持ちを思うと苦しくなります。


何と言っても小柳がうまかったし、
しょーけんも今まで見た中で一番上手だったと思う。


小柳はこれ以降、女優にもなってゆくんだけど、
その後のいろんな変遷を知っているから、
一番最初の八重歯の♪わたしの城下町♪や♪瀬戸の花嫁♪が、
やっぱり一番良かったんだと思えます。
まぁ宝塚出身だし、どちらも向いていたんでしょうけどね。。。

しょーけんってまともに俳優として見てこなかったし
今も見ていないけど、やっぱりきっと若い頃から本人は
頑張っていたんだろうな~って(反省しながら)思いました。

監督が良いので演出が分かりやすくかつ、こころを打つようになっています。
伊藤監督ってなかなか作品が少ないと思うけど
(例の痴呆のおじいさんの映画、再見しないとと思いつつ怖くてできないし)
これからも見たいと思います。

役柄としての主人公のお母さん、ああいうのってわかるよね・・・
賀原夏子さんお上手で、お料理もお金も気持ちも全部、息子に向いていて・・・
ホント泣けました。

池波志乃はありがちな役だけど、良かった。
えらい勘違いだけど、ああいう感じがすごく上手な女優さんで、
略奪愛のこと知っているから、嫌いなんだけど、でもやっぱり演技は凄いと思う、いつも。

たくましんや藤谷美和子やいろいろ良かったんだけど、秋吉だけいまいちだったなあ
そう、あのカップルは私と同世代かな?
まだまだこの映画の頃はビッグになる前で、すごく新鮮で、使われ方も良かったです。
秋吉久美子は、まぁ当時もスターで年齢的にこの役柄で仕方なかったんでしょうけど、
どうにもこうにも大袈裟というか・・・もうちょっと内面で演じてほしかった。

やっぱりこれは犯人側が主人公作品で、仕方ないんだけど。。。
昔は学校のPTA名簿に社長とか書いてあったもんね、今は個人情報だし、時代だね!

布団袋かぶせて生きているのをどうしようもないところがすごくリアルで
もちろん助かって良かったんだけど、
偶然捕まったんだなあと、びっくり!
きっと当時もニュースで見ていたんでしょうけどね。。。

映画的かもしれないけど(実話を知らないから)
最後の最後に、母子が夫の母を頼って田舎に行くという内容が
すごく胸を打ちました・・・もちろん母に実母がいないからかもしれないけど
昔の日本の良いとこ感じました。

結局読売新聞の言いたいことを描いた作品?
タイトルがちょっと変だとは思ったけど? 全体的には良い作品でした。


そうそう、忘れちゃいけない、
三波伸介さんとか(文ちゃん、丹波大先生)
懐かしくて胸が苦しくなったよ☆






<<2017年1~2月の映画鑑賞についてのまとめ  | BLOG TOP | ☆ LIFE! / ライフ ☆>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -