映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1105  みんなのアムステルダム国立美術館へ 

  1. 2016/06/19(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
みんなのアムステルダム国立美術館へ   2014年・オランダ



みんなのアムステルダム国立美術館へ





 
.


2016年6月19日(日)  レンタルDVD (バカ枚方Tサイトで借りた)

監督 ウオ・ホーヘンダイク

感想
改装で10年も閉館していれば、
そりゃいろいろとあるわよね(笑)。

借りようと思ったのは、ドキュメンタリーだと思ったからだけど
おバカな枚方Tサイトでは「ドラマ」となっていて、ちょっとフェルメール出たりして?
なんて思ったからですが、

実際はその10年間の話で絵画については、あんまり触れていませんでした。
フェルメールについては皆無でした。

まぁ人間ですので、オランダ人でも日本人でも同じような人がいるわけで、
私が驚いたのは、居眠りしている様子までばっちり撮っていること、
そのままアップされるのを、よく本人がOKしたよね~?

あとは、怒りや涙や落胆など、マイナスの要素が大きかったけど、
それは一人ひとりの事で結局皆、私利私欲ではなく、
それぞれの立場から、この美術館を少しでもよくしたいという
気持ちがそうさせていたのだとよく分かるし、

アジア部門の責任者の、日本の仏像等への愛情がとっても嬉しかった!
坊さんたちも出てきたしね~笑。

でも、一番凄かったのは
「美術館は俺の子供だ」と言いきった、縁の下の力持ちかな?
綺麗な背広来て仕事している人達と違って、
心底の愛情を、具現化していました。

サイクリストには驚くわ!
まぁ行くことないと思うけど、もしいつかココに行けたら、
自転車を借りて、一回走ってから、歩いて入場し直したいです。 
でもあれって危ないよね~? いつか事故りそう!






<<5-1106  寒い国から帰ったスパイ | BLOG TOP | 5-1104  ボディ・スナッチャー 恐怖の街 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -