映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1099  アバター

  1. 2016/06/13(月) 23:00:00_
  2. ジェームス・キャメロン
  3. _ comment:0
AVATAR  (アバター)  2009年・アメリカ



アバター





 
.


2016年6月13日(月)  スターチャンネル 無料放送

監督 ジェームズ・キャメロン
主演 サム・ワ―シントン

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

今回、オンエアで初めて見ました☆
イラストは美しいですし、良い場面ですネ♪

>いやもう、一番最初から引っかかってしまいました。
>アバターの心はどこにいったの?

私もほぼ同じように思いました。
あの水槽の中で育てる?のを見てしまったら、
私には無理ですし、科学者たちはきっと

>自我を持たないのが当然と受け入れている

のだと思います、理解しがたいというよりは
そういう奴らにしか作れないんだろうな~と受け止めました。

>ナヴィ族も、その肉体がどういうものなのか一切考えようとしないし、

彼らは多分「着ぐるみ」的な受け止め方のような感じがしました。

>”絆”を連呼するんですが、

これこれ、私も変だと思ったんですよ~笑。

>映画的に”絆”という言葉の重みが感じられないし、未知の星の神秘性が薄れるというか…。結局この人たちって、実際に認識できるものしか信じられないんじゃないかと。

仰る通り! この映画はもろ「唯物」的で、途中から見たくなくなりました・笑。 絆、とはそういうモノではないと思います。

>そして、主人公は複雑な想いを抱えたまま、身を引いて地球へ寂しく帰ればいい。

宵乃さんの脚本は良いと思いますが、まず第一にこの映画は、地球の描写が一切なく、それに何より変だと思ったのは

“そんなにお金をかけて時間をかけて育てた人物を強盗にあうような環境で暮らさせるはずはない”という事です。 なので、私は最初のシーンから白けたんですよ~。 今の宇宙飛行士だって、何ヶ月も前から自宅には帰れないと思うんですよね~“ははは、ジェームズちゃんのおバカちゃ~んっ”て感じです☆

>劇場で観れば3Dと美麗なCGを楽しめたと思うけど、

多分この映画は、そのためだけの作品だと思います。 私は3Dは見たくないので、今後も見ません・笑。

>お家鑑賞では良くできたCGだなぁとしか思えなかったのは残念。

綺麗ではありましたが、内容が、もう、何回も見た作品のようで、全然面白くなかったです!








<<♪ 最近聞いている音楽 ♪  その他、映画以外の事です。 | BLOG TOP | (2-1530)  不都合な真実  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -