映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1184  イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 

  1. 2016/09/18(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
The Imitation Game  (イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密) 
2014年・イギリス/アメリカ



イミテーション・ゲーム




 
.


2016年9月18日(日)  ムービープラス
 
監督 モルテン・テイルドウム
主演 ベネデイクト・カンパ―バッチ

感想
星になった人だね・・・
(※僕が星になるまえに、という映画の主演です)


*****************************


感想の代わりに「セピア色の映画手帳」さんとのやり取り。

感想は、見た人それぞれの立場やら何やらで違っても良いのではないでしょうか?

> (差別は功績をも消し去る、という単純なマイノリティ擁護じゃないよね・・)

私はズバリ、これを第一に言いたかったように思いました♪

>将来、M・ケイン、D・サザーランドくらいの大御所になる気がします。(共通点、顔が長い~ジョークでっせ)

ヒデーこと言いますにゃ☆
あんまり好きではないけど、うまいとは思います。。。 「僕が星になるまえに」とか。

>(S・ランプリングから気品を取って、ちょいと顔の造作を雑にした感じ~猫背っぽいのは役作り?)
> 今回は、しっかり英国人に見えました。

う~ん、二人の「品の良さ」は、そんなに変わらない気もしますが・・・?
イギリス人に見えて良かったです、ホッ。

> 只、そういうミステリー要素はゼロです。(笑)

まぁゼロというか、ほんのちょっとありましたが、主人公の事ではなかったですネ。(ソ連の件)
2番目のおエライさんのやり方というか、あれはそういうスタイルだと思いました☆

私は、学生時代の初恋の相手が、とても結核を患っていたようには演じていなかったのが残念でした。
あと、(ネットで知らない人が書いていて、共感したのですが)
原題だから仕方ないけど、内容に比してお軽く感じるタイトルも残念でしたね~!
全体的には、まぁまぁ良い作品だったと思います。




<<(5-117)  港のマリィ  (2回目) | BLOG TOP | 5-1183  舞妓はレディ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -