映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1178  何かが道をやってくる

  1. 2016/09/12(月) 23:00:00_
  2. ジャック・クレイトン
  3. _ comment:0
SOMETHING WICKED THIS WAY COMES  (何かが道をやってくる)  1983年・アメリカ



何かが道をやってくる




 
.


2016年9月12日(月)  ムービープラス 

監督 ジャック・クレイトン
主演 ジェイスン・ロバ―ズ

感想
子供の頃に見たら、たいへんに怖いけど素敵な世界で、
一生忘れられない作品になっていたと思う。
20歳代でも良かったと思うけど、今の年齢で見てはね~笑。

一番残念だったのは、回転木馬の場面で既視感があったので・・・
あとあの鏡の部分は、上海から来た女、のパクリ?

まぁそういうことが色々とあって、良くない点もあったけど
全体的には良い作品で、当時なりの美しい光等の演出が、CGではないという点ですネ
素晴らしかったです。

あと内容では、欲望というモノを知ったとかいうけど、
あの避雷針男の伏線と、各種の悩み解消と歴史が繰り返すところと、
フラッシュバック、そういうところを突く悪魔と、川辺の想い出が良い方になって良かったし、
誇れる父親で良かったんだけど、隣の子はお母さんが色キチガイになって?
お父さんは結局帰らないし、主人公の家だけ無事で?
だいたいあのお母さんのほほんとし過ぎで?わけわからんです、はい。

中年にもドキッとするかもしれなけど、私にはそうではない内容でした。





<<5-1179  スペードの女王 | BLOG TOP | 5-1177  ワールド・トレード・センター >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -