映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-329)  ロバと王女  (2回目)

  1. 2017/01/28(土) 23:00:00_
  2. ジャック・ドゥミ
  3. _ comment:2
今回の企画のチケットです☆ 白くじらさんが作って下さいました♪

第5回ファンタジー企画のチケット





↓ 私が見たのはこの作品です

真冬のファンタジー企画:最終作

再見  Peau d' Ane  (ロバと王女)  1970年・フランス



ロバと王女





 
.


2012年1月28日(土)  ムービープラス

監督 ジャック・ドゥミ
主演 カトリーヌ・ドヌーヴ

感想等
今回の企画最終作品として、
フランスのアニメ映画「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」を
見たのですが、いまいちアップする気にならず・・・

何かないか?と探していたところ、フランス映画のかたきは、フランス映画でと、
この作品を見ることにしました。 
約8年ぶりの再見です。(初見時感想はこちらです

初見時はBS2で、今回は数年前のムービープラスのオンエアでしたが、
どちらも同じリマスター版で、とっても美しかったです♪
(多分、今現在はもっと良い画質のがあると思いますが、私にはこれで充分です)


再見して良かったです☆
これこそファンタジーというのではないでしょうか?



ヘリコプターだけちょっと異質というか異様というか
困ったもんでしたが、他は全部良かったです☆

特に、初見時はまだ「シェルブールの雨傘」を見ていなかったので
分からなかったことが、
今回はすんなり納得できたことが一番良かったかな?  歌がお上手で・・・

あのモナムールの歌がこちらではアムールの歌になっていて
同じ監督、同じ女優、あんたら好きねえって感じで(笑)。

それによくよく見ると俳優陣も凄くて、王子様も有名俳優でしたが、
特にジャン・マレーさんが王様だったとは、仰天!
ひっくり返りましたよ~(笑)。

その王様の、序盤の例の件ですが
今回は私的には
「愛する人に先立たれて、一時的に気が狂った状態になり、
傍目には異常と映る、一過性の行動」
だと確信できたので、
ほとんど“お気の毒的な感覚”になりました(笑)。

なのでラストで妖精が言ったことは、
長年の妖精の片想いが結ぶという事なんだろうなと、すんなり受け止められました。
王妃は殺してないと思います、名付け子の母親ですものね。

それにしても、ロバ、ですが、
皮をかぶっても美しい女優はそれで良いのですが、

昨年「バルタザールどこへ行く」というフランス映画を見て
その上でこの映画でのロバへの扱い(特に匂うという罵声)を見ると、
フランスという国では、ロバは特別にそういう動物なのかも?と思ったのです。

くまやねずみを擬人化してあるアニメを見たし、
ロバってそんなに嫌われているの?と・・・
日本ではロバさんとか言って、どちらかと言うと好かれているような???


そんなわけで、お話の流れもスムーズ、
お衣装や調度品、自然界のあれこれもファンタジックでしたし、
不思議な出来事もいっぱい、
ミュージカルの良さもいっぱい、
人間の良くない面もいっぱい、
フランスらしいファンタジーでした♪


この作品を最後に見られて、ホントに良かったです!



********************************



これで今年のファンタジー企画の感想は終わりです。
読んで下さり、有難うございました☆
この企画に参加させて頂き、本当に有難うございました♪




初見時感想はこちら  →  ロバと王女(70・仏) ・・・ 2-329





<<(5-30)  ミッドナイト・イン・パリ  (2回目) | BLOG TOP | 5-1229  くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ>>

comment

良いフランス映画が見つかってよかったですね!

  1. 2017/01/31(火) 11:41:45 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
なるほど、フランス映画のかたきはフランス映画で、ですか~。企画にピッタリの作品に再会できて、かえって良かったですね。
「シェルブールの雨傘」との繋がりもあったようで、初見より楽しめてよかったです。
にしても、フランスらしい作品のポイントの中に、さりげなく「人間の良くない面もいっぱい」というところが(笑)

あと、ロバが家畜として広まらなかった日本は、外国の物語のなかに出てくる動物くらいの認識ですが、身近にいると臭いとか言うことを聞かないとかいろいろあるんでしょうね~。

今回も複数作品でのご参加ありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2017/01/31(火) 13:28:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>良いフランス映画が見つかってよかったですね!

ハイ、有難うございます☆

> なるほど、フランス映画のかたきはフランス映画で、ですか~。企画にピッタリの作品に再会できて、かえって良かったですね。

そうなんですよ~かえって良かったです!

> 「シェルブールの雨傘」との繋がりもあったようで、初見より楽しめてよかったです。

初見時はまだ映画を見るのを再開して間がなく、
いろいろな意味で分からなかったことが、今回はよく透き通って見えた感じです♪

> にしても、フランスらしい作品のポイントの中に、さりげなく「人間の良くない面もいっぱい」というところが(笑)

ははは・・・それが全くフランス映画らしさで(笑)。

> あと、ロバが家畜として広まらなかった日本は、外国の物語のなかに出てくる動物くらいの認識ですが、身近にいると臭いとか言うことを聞かないとかいろいろあるんでしょうね~。

そうか、そういうことかもしれませんね?
ロバって、身近ではないですものね・・・フランスでは身近なんでしょうね~!

> 今回も複数作品でのご参加ありがとうございました♪

いえいえ、本当に楽しい企画に参加させていただいて
こちらこそ有難うございました!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -