映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


♪秋の音楽映画祭♪ で 再見しました。

  1. 2016/11/16(水) 23:00:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:8
秋の音楽映画祭:第2作 第3作 第4作 第5作 
すべて再見作品です♪
 (50音順)



歌っているのはだれ?  初見時感想記事 → こちら 

バーレスク  初見時感想記事 → こちら 

ファンタジア  初見時感想記事 → こちら

ル・バル





歌っているのはだれ?    バーレスク BDの画像    


ファンタジア スペシャルエデイション    ル・バル






 
.


KO TO TANO ЛEBA (歌っているのはだれ?)  1980年・ユーゴスラビア
2016年11月8日(火) 初見時の頂いたDVDを再見

監督 スロボダン・シャン
主演 パヴレ・ヴィシッチ

ミニ感想
お話の流れと怖かったことは覚えていましたが、
しかしホントに怖い映画でした!
歌のある、反戦映画で、多分一番怖いのでは???

歌詞の内容からね・・・もうよくよく冷静に見ると怖くて・・・
邦題と原題の意味が同じかどうか分からないのですが、
邦題を考えると、この作品は、歌っている人の人格から
まず「人間の下の存在」的な扱いで、
バス内での座る場所も、ラストシーンの前のあの成行きも・・・
それが一番最初に言いたかったのかな?と思いました。

狩人さんが下ろされたけど、結局得した???
あのお財布、自分で落としたと考えないのは高齢ゆえ???
そしてドイツ軍がこの国にきたのですよね・・・
製作年からもう36年も経っていて(初見は4年前)
でもいつまでも残る作品だと思いました。





BURLESQUE (バーレスク)  初見時感想記事 → こちら  2010年・アメリカ
2016年11月10日(水)  初見時のセルDVDを再見

監督 スティーブ・アンティン  
主演 クリスティーナ・アギレラ (アリ 役)

ミニ感想
もう全部初見時と同じ感想です。
かなりお話の筋が甘い作品なのですが、
歌と踊りだけで魅せる、それですべてOKなのではないでしょうか?

今回見た中で一番新しい作品ですが、現代に作るミュージカル系統の作品として
かなり良いのではないのでしょうか?
「NINE」の事なんて、すっかり忘れています(笑)。

またいつかこの作品を見て、ドラマの甘さに笑いながら、
歌と踊りを堪能したいと思います☆





FANTASIA (ファンタジア)  初見時感想記事 → こちら  1940年・アメリカ
2016年11月7日(月)  初見時のセルDVDを再見

監督 ベン・シャープスティーン

ミニ感想
これはけっこう疲れる映画でした♪
3年くらい前から (ほんの少しですが) クラシックを聞いているので
初見時には知らなかった曲が耳に心地よく、
その曲に対して私が持っているイメージと、
この映画のアニメの乖離がすごくて(笑)
楽しめた作品もあるし、ムムム・・・と思った作品もありました。

後年のディズニー映画に出てくるキャラの原型らしきものもいくつも見ました☆
そして手書きのはずなのに、今現在のCGか?と思う美しい映像をいくつも見ました!
特に最初の曲「トッカータとフーガ」(バッハ)のアニメCGの美しさと激しさが
教会音楽としてすんなり受け止めていた私には、かなりショックでした(笑)。





LE BAL (ル・バル) 1984年・イタリア/フランス/アルジェリア  
2016年11月16日(水)  初見時の頂いたDVDを再見 (殿堂入り作品)
監督 エットーレ・スコラ
主演 数人

ミニ感想
一時期はこの映画を見ながら眠る毎日でしたが、久しぶりに全部見ました☆
必死に見ると疲れるから、身を任せる感じで、一緒に踊るように・・・。

今回特に感じたのは下記の5点です。
1:一番最初の入場時は、女性は一人ずつで男性は皆一緒で、意味があるんだろうな~と。
2:あのギャバンを気取っている男、やっぱり気になりますよね☆
3:断然反戦! 戦争怖い、銃後の世界、きっとこんな風で。。。
4:あのキモイ男のドイツ軍服が、マジキモかった(笑)。
5:かなりたくさんの映画へのオマージュ、初見時よりも分かる数が増えたようです。



4作品とも、再見して良かったです、良い機会を有難うございました♪





<<5-1209  インターステラー | BLOG TOP | 5-1208  カオス・セオリー >>

comment

おはようございます

  1. 2016/11/20(日) 07:39:46 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「歌っているのはだれ?」は初めて聞くタイトルです。歌のある反戦映画で一番怖い作品ですか~。観たいような、観るのが怖いような(汗)
歌自体、怖さを紛らわせる作用もあるはずなのに、それでも怖いのがすごいですね。

「バーレスク」の再見、初見と同じように楽しめましたか。ホント、近年のミュージカルの中ではダントツかもしれません。何度見ても楽しめそうです。

「ファンタジア」は疲れましたか(笑)
私はクラシックは苦手な方なのでその気持ちわかります。
アニメーションもすばらしいですよね~。クラシックにより近くなって、印象が変わったというのが興味深いです。

「ル・バル」は未見です。ギャバンを気取っている男というのが気になる(笑)
これも戦争が関係あるんですか~。やはり戦争映画は音楽でもないと見てられないということかな。
再見を楽しまれたようで良かったです。

今回もたくさんの作品でのご参加ありがとうございました♪

僕も疲れました

  1. 2016/11/20(日) 10:35:03 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんにちは

この中で観てるのは「ファンタジア」だけ。(汗)
それも40年前くらいに試写会で観ました。

これはけっこう疲れる映画でした♪
>その時の感想は今でも憶えていて、miriさんと全く同じ。(笑)
いい作品なんだろうけど、個人的に最後のほうは「何処まで続くぬかるみぞ」って感じになりました。
映像で憶えてるのは「魔法使いの弟子」と「禿山の一夜」の最初?のシーンくらい。
音楽は、これで「禿山の一夜」と「展覧会の絵~プロムナード、キエフの大門」を覚えたと思ってたのですが、wik見たら「展覧会の絵」が入ってない!
狐につままれたようで、何が何だか解りません、ちょっと混乱中。(笑)
(手塚治虫さんの実験アニメにあるみたいですが、そんなの観てないし・・)
「展覧会の絵」のLP買ったのは、この作品を観たからだと思い込んでたんですよ。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2016/11/20(日) 13:05:23 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「歌っているのはだれ?」は初めて聞くタイトルです。歌のある反戦映画で一番怖い作品ですか~。観たいような、観るのが怖いような(汗)
> 歌自体、怖さを紛らわせる作用もあるはずなのに、それでも怖いのがすごいですね。

歌そのものが怖いです、ハイ、機会があれば是非!!!

> 「バーレスク」の再見、初見と同じように楽しめましたか。ホント、近年のミュージカルの中ではダントツかもしれません。何度見ても楽しめそうです。

ドラマが甘いので笑えますが、歌と踊りに絞れば、ホントにダントツかもしれません! 主演の方を知らなくても最後には好感持ってしまいそうな、上手な起用の仕方でした♪

> 「ファンタジア」は疲れましたか(笑)
> 私はクラシックは苦手な方なのでその気持ちわかります。
> アニメーションもすばらしいですよね~。クラシックにより近くなって、印象が変わったというのが興味深いです。

はい、初見時は楽しめたのですが・・・
今はクラシックを聞くのが普通の習慣になったせいか?
この作品にはちょっと違和感を感じました(笑)。

> 「ル・バル」は未見です。ギャバンを気取っている男というのが気になる(笑)
> これも戦争が関係あるんですか~。やはり戦争映画は音楽でもないと見てられないということかな。
> 再見を楽しまれたようで良かったです。

戦争を含んだ何十年もの歴史を、一晩のダンスで現わした作品で、台詞はひとつもありません。
ギャバンを気取る男は、ホントにギャバン?と間違えるくらいです(笑)。
こちらも機会があれば、是非!!!

> 今回もたくさんの作品でのご参加ありがとうございました♪

こちらこそ、素晴らしい企画で気になっていた作品を初見再見できて嬉しかったです!
本当にありがとう~!!!


.

Re: 僕も疲れました

  1. 2016/11/20(日) 13:06:26 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> この中で観てるのは「ファンタジア」だけ。(汗)
> それも40年前くらいに試写会で観ました。

お若い時で、あまりクラシックにもなじみがなかったのでは?
本当にお疲れ様でした☆

> >その時の感想は今でも憶えていて、miriさんと全く同じ。(笑)
> いい作品なんだろうけど、個人的に最後のほうは「何処まで続くぬかるみぞ」って感じになりました。

私は初見時は長年見たくて見られなかったので、本当に感激して
疲れは感じなかったのですが、今回は・・・でした(笑)。

> 映像で憶えてるのは「魔法使いの弟子」と「禿山の一夜」の最初?のシーンくらい。

そうですか~特にミッキーの絵はあちこちで見ますものね~☆

今現在のCGと見間違うような、あれこれのシーン、
見て頂きたいような気もしますが(笑)
ダイジェスト版があると良いのにね~!!!

> 音楽は、これで「禿山の一夜」と「展覧会の絵~プロムナード、キエフの大門」を覚えたと思ってたのですが、wik見たら「展覧会の絵」が入ってない!
> 狐につままれたようで、何が何だか解りません、ちょっと混乱中。(笑)
> (手塚治虫さんの実験アニメにあるみたいですが、そんなの観てないし・・)
> 「展覧会の絵」のLP買ったのは、この作品を観たからだと思い込んでたんですよ。

はぁ、入っていても何らおかしくないし、むしろ入っていて当然な曲ですが
この作品には入っていないんですよ~!

でも「展覧会の絵」は、とても印象の強い曲ですので、
きっと鉦鼓亭さんが、この作品ではない何かの映画、もしくはどこかで聞かれて
それでレコード買われたのではないでしょうか?
そういう時代でしたよね~♪

今は知りたくなったら・聞きたくなったら、すぐにyoutune、
便利だけど、ある意味、(期待値が下がるので)寂しい時代ですよね~。


.

  1. 2016/11/20(日) 19:55:17 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!(^.^)

見てる映画はバーレスクだけですが、
他の映画も面白そうですね!!(^^♪

疲れる・・、というファンタジアは音楽的には興味がありますが・・
疲れるんですか??(笑)

バーレスクはいい映画ですよね~!!(^^♪
僕もお気に入りでサントラをレンタルして車でもしょっちゅう聞いてます♪

今日は会社の行事で他の社員を車に乗せてましたが、
バーレスクのサントラは未見にも関わらず、音楽を聴いて「んん??」と
反応をしめしてました!!(^.^)

「歌ってるのは最近、よく聞く黒人の女性ですか??」
と質問されましたが、そう思うのも分かる気がします(笑)

アギレラは歌手にも関わらず、アリを上手に演じてましたよね!

>歌と踊りだけで魅せる、それですべてOKなのではないでしょうか?

ホント、全てOKです!!\(^o^)/

take51さん、こんにちは☆

  1. 2016/11/21(月) 14:25:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 見てる映画はバーレスクだけですが、
> 他の映画も面白そうですね!!(^^♪

ハイ、面白いのも怖いのもあります☆

> 疲れる・・、というファンタジアは音楽的には興味がありますが・・
> 疲れるんですか??(笑)

そうですね~多分、take51さんも、お疲れになると思います♪

> バーレスクはいい映画ですよね~!!(^^♪
> 僕もお気に入りでサントラをレンタルして車でもしょっちゅう聞いてます♪

歌が聞けて良いですが、踊りも見たくなりますね~!

> 今日は会社の行事で他の社員を車に乗せてましたが、
> バーレスクのサントラは未見にも関わらず、音楽を聴いて「んん??」と
> 反応をしめしてました!!(^.^)
> 「歌ってるのは最近、よく聞く黒人の女性ですか??」
> と質問されましたが、そう思うのも分かる気がします(笑)

ナイスな反応でしたネ~!
聞かせてあげて良かったですネ☆

> アギレラは歌手にも関わらず、アリを上手に演じてましたよね!

ハイ、初見時は何も知らなかったので、女優さんかと思ったくらいです!

> >歌と踊りだけで魅せる、それですべてOKなのではないでしょうか?
> ホント、全てOKです!!\(^o^)/

ハイ、是非いつか通してご鑑賞くださいね~!!!


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/11/24(木) 08:21:19 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/11/26(土) 15:22:42 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -