映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1171  鏡の国の戦争

  1. 2016/09/06(火) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
楽天スポットレンタル最後に借りました:第1作 



THE LOOKING GLASS WAR 鏡の国の戦争 1968年・アメリカ



鏡の国の戦争




 
.


2016年9月6日(火)  楽天レンタルDVD最後の5枚 

監督 フランク・ピアソン
原作 ジョン・ル・カレ
主演 クリストファー・ジョーンズ

感想
ル・カレさんの原作なのでスパイものですが、
原作は知らないのでどこまで沿っているのか分かりませんが、
この映画作品はいまいちでしたね~。

もちろん戦争やその後の世界(冷戦)の悲惨さは伝わってくるし、
こんな事がきっと形を変えて事実もあったのでは?と思ったり、
それなりに考えさせられましたが、
寒い国から帰ったスパイ」とは比べ物になりませんでした。





以下、未見の方はお気を付け下さい☆





その第一の原因は、前半にあれほどリアルっぽく
クドクドと色々とスパイにする段取り?らしきものを映していたのに、

後半、実際に動き出した時にその人物が素人で最初の一歩からつまずいて
何の役にも立たなかったのですが
その時に出て来る人物やら何やらイミフが多くて、

特にあの女性ですが (「みじかくも美しく燃え」のヒロインの女優が演じています)
いったいぜんたい何なの?
一緒に死ぬまでするか?
あの男の子は誰でどうなったの?
綺麗なのをちょっとだしておこうとか、そういう意味???


と、わけの分からない事だらけで
全くリアルっぽいところから離れてしまって、
だんだん真面目に見るのがバカらしくなってきました。


それに、イギリスであれだけの事を映しているのなら、
ドイツではドイツ語でなければなりませんよ、絶対に。
まぁアメリカ映画だから仕方ないんでしょうけど、つくづく残念です。

DVDのパッケージ画像で大きく映っているアンソニー・ホプキンスさんですが
主人公ではないのですが、重要な助演で、
彼の役柄の言っていることがいちいち普通の人間の感覚から見て
その通り!って思えるし、奥さんとのあれこれも普通っぽくて


そういう意味では、スパイという正体不明人が
肉体をもっていたようで、良かったです☆


私が思う、序盤のあの「死」は、ただの交通事故だったのではないでしょうか?
ただ、ほっといたら死ぬと分かっていたので、置いていった事は犯罪だと思いますが
スパイ関係ではなく、一般人のひきょうな行いだったように思います。

そして一番ずしんとくる、あのラストシークエンスですが、
無垢な、でも、争いも知っている、どこにでもいる小学生たち、
そう、フィルムを風に飛ばす子供達が、この先の地球を作ってゆく事と、
あの「死」が事故だった事を示唆し、
無駄なことの為に、彼のおこないがあったように思わせましたね~。
ポーランドからの密入国、だからって、駒にして良いという事はないですよね・・・


まぁ本人も良くなかったし、お話自体もいまいちだったし、
この映画はそういう作品でした。。。




<<5-1172  ミス・ブロディの青春 | BLOG TOP | 楽天スポットレンタルの想い出♪>>

comment

タイトルだけは知ってました

  1. 2016/09/16(金) 23:27:09 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは

この作品と「さよならを言わないで」、この両作品を未見な理由が今となっては解りません。
あの頃の僕なら、ピア見たさに少々遠い所でも観に行ってると思うんだけど。(笑)
タイトルだけは昔から知ってるので名画座に掛らなかったのかな・・・何だかオールナイトには掛ってた気はするけど。

「さよならを言わないで」>「みじかくも~」の同工異曲
「鏡の国の戦争」>スパイものの凡作
との認識が有り、それで足が向かなかったのかも。
この2作で共演したクリストファー・ジョーンズ(「ライアンの娘」の将校)と恋仲だったと随分経ってから知りました。
ネットの時代、知らなくていい情報も知ってしまいましたが、
今となっては、あの作品のピュアなピアだけを記憶に留めておこうと思ってます、あのストップモーションのままに。(笑)
(何でも最後の作品「バンパイア・ハプニング/噛みついちゃってごめんなさい」はとんでもなく酷いシロモノだそうで(涙))

Re: タイトルだけは知ってました

  1. 2016/09/17(土) 11:26:46 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> この作品と「さよならを言わないで」、この両作品を未見な理由が今となっては解りません。
> あの頃の僕なら、ピア見たさに少々遠い所でも観に行ってると思うんだけど。(笑)
> タイトルだけは昔から知ってるので名画座に掛らなかったのかな・・・何だかオールナイトには掛ってた気はするけど。

・・・未見でしたか?
私、鉦鼓亭さんにご紹介された作品だったので
最後に借りるうちの1本にしたのですが・・・

> 「さよならを言わないで」>「みじかくも~」の同工異曲
> 「鏡の国の戦争」>スパイものの凡作
> との認識が有り、それで足が向かなかったのかも。

ネットがなくても評判って感じましたものね、
雑誌の記事や、見た人から聞いたり?

> この2作で共演したクリストファー・ジョーンズ(「ライアンの娘」の将校)と恋仲だったと随分経ってから知りました。
> ネットの時代、知らなくていい情報も知ってしまいましたが、

なんというか、いやらしい感じが画面から伝わってきたのですが
あまり良いお付き合いではなかったのかもしれませんね~?

> 今となっては、あの作品のピュアなピアだけを記憶に留めておこうと思ってます、あのストップモーションのままに。(笑)

あの作品の彼女がお好きでしたら、それが良いのではないでしょうか?

> (何でも最後の作品「バンパイア・ハプニング/噛みついちゃってごめんなさい」はとんでもなく酷いシロモノだそうで(涙))

でも、どんな映画でも、自分の目で見ないと本当の事は分かりませんよね~!
多くの人が同じように「酷いシロモノ」と思ったとしても
もしかしたら鉦鼓亭さんにとってはそうではないかもしれませんものね?

私はどんな映画でも自分の目で見るまでは。。。と
思うようにしたいと思っています☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -