映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1089  英霊たちの応援歌 最後の早慶戦

  1. 2016/06/04(土) 23:30:00_
  2. 岡本喜八
  3. _ comment:1
英霊たちの応援歌 最後の早慶戦  1979年・日本



英霊たちの応援歌  




 
.


2016年6月4日(土)  日本映画専門チャンネル 

監督 岡本喜八
主演 永島敏行 

感想
2008年製作の「ラストゲーム 最後の早慶戦」という映画を見ていて、
まさかその後日團ではあるまい?と思って見ましたら、
もう全然違う、異質の、そう、喜八節満開の作品でした。

・・・辛かったです、あの描写の繰り返し。。。
日本の国内での、特に大学生に対しての政策実現と、
南の島々での、多くのご遺体や、壊れ沈んでしまった船や飛行機・・・
本当に恐ろしかった。


それは 『何も知らされていなかった』 という恨みを、
ものすごく感じたから・・・。


この映画は79年、昭和54年で、私が高校を卒業した年、
両親が離婚したので大学には行けなかったけど、
あの映された現代の大学生たちは皆、私と同世代、
その人達に向かって、野球を楽しめよ、こんなことがあったんだぞ、みたいな?
その強い主張が、本当に恐ろしかったです。

戦時中のあれこれを描いた作品は一杯あるけど、
皆それぞれに良いし、陸軍でありがちな描写や、
この映画で時間を割いている特攻隊の描写、分かるんですけど
何というか・・・まぁ見たり聞いたりした人や、生き残りの方々への取材が
元になっているのでしょうから、私には何も言えないけど、
戦犯、ってあの人 (by 「共喰い」 ) だと思うから、すごく嫌な気持ちになりました。

俳優陣は、
驚きの竹下、どこにでも出て来るあの女が、またまたイイ役柄で笑えるわ!
それ以外は全員良かったです、キャラと役柄が似合っているし、お上手☆


特に好きな女優さんの大谷直子さんは、
本当にそういう人が居たのだ というような
リアル感を、切迫感を、突き付け感をもって迫ってきましたね~!



主演の永島君をはじめ、同世代かちょっと上の人達、皆親しみ深かったです。
エピソードとしては、銀座の地図を埋めるところと、落語の件が泣かせました。
本田さんも良いけど、相手があの女ではね~笑。

そして家で待っていた人達も3月等の東京空襲等で大方お亡くなりになったり、
救いようがない中、
最後に、マネージャーが、あの多くのボールと共に前を見て、凄く良かった☆


そして、(製作当時の)現代の早慶戦が映るわけで、
私たちの世代への、
忘れるんじゃないよ、知って次の世代に送りなさいよ的な
あの感じは、やっぱりこの監督ならではだと思いました♪




<<5-1090  若者たちの夜と昼 | BLOG TOP | (2-882)  映画に愛をこめて アメリカの夜  (2回目)>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/06/13(月) 21:56:40 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -