映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-257)  自転車泥棒  (殿堂入り)

  1. 2016/01/20(水) 23:00:00_
  2. ヴィットリオ・デ・シーカ
  3. _ comment:10
殿堂入り  Ladri di Biciclette  (自転車泥棒)  1948年・イタリア 



自転車泥棒のBD画像





 
.


2016年1月20日(水) セルDVD

監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
主演 ランベルト・マジョラーニ

感想
特に泥棒をする人達が組織人だという事は、白くじらさんの記事で初めて知りました。 
だから若者も絶対に口を割る事は出来なかったのですネ~。 

私は、主 人公の描き込みはよく出来ていたように思いました。
イタリアン・ネオリアリズムは、基本的に素人の人を俳優として起用しますが、
この作品などは本当に ピッタリでしたね。。。 

イタリアも日本も(ドイツも)、多分戦勝国たちも、酷い時代だったと思います。 
分からないなりに現代人がこういう作品をたまに 見るのも良いような気がしますね~。

主人公はとにかく自転車の事しか頭にないので、人の話など聞かないし、
途中でヤケクソで食堂に行ったのは、それこそ最後のお金を使ってしまったんでしょうね~
理屈では割り切れない、そういうお金の使い方は、私には分かるような気がします。

あと主人公ですが、一応軍人だったので多少の恩給は出たと思いますし、
毎日食べるだけのことだけで必死に生きてきたのでしょうね・・・

戦争に行く前に出来た子と帰って来てから生まれた子、
皆生きて無事に終戦を迎えただけでも幸せでしょうにね・・・
でも生きているからこそ、お金が要るんですよね・・・。



初見時感想・再見時感想

自転車泥棒(48・伊) ・・・ 1-257
自転車泥棒(48・伊)(2回目) ・・・ 1-257




<<(2-908)  L.A.コンフィデンシャル  (殿堂入り) | BLOG TOP | 5-976  はじまりのみち>>

comment

  1. 2014/04/22(火) 17:14:10 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やるせない作品でしたよね。
みんなみんな貧しかった時代で、そんな中でも父親のために友人のために協力してくれて、上手くいきそうで行かない…。
でも、あの少年はこの経験を経て、強くたくましく育って家族を支えていくんだろうなぁと思えました。

>上手な監督、でも当事者は見たくなかったんだろうと、同情するけど、こういう作品は今からでは作れないから、ホントに作ってもらってて良かった。

ですよね~。まだまだ引きずっていそうな時期に、時代を切り取ったような作品…演じている親子の表情を見てると、演技というより本当にそういう事があったみたいに見えました。
撮るのも演じるのも観るのも当事者には辛かったと思います。
名作として後世まで残していってほしい作品です。

宵乃さん、おはようございます☆

  1. 2014/04/23(水) 08:28:40 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> やるせない作品でしたよね。
> みんなみんな貧しかった時代で、そんな中でも父親のために友人のために協力してくれて、上手くいきそうで行かない…。
> でも、あの少年はこの経験を経て、強くたくましく育って家族を支えていくんだろうなぁと思えました。

ハイ、仰るとおりですね~。
イタリア人は気質は明るいから、戦中は頑張れたのでしょうけど、
やっぱり負けた後の暮らしは酷く、気持ちも荒んでしまったように思います。
でもこの映画的には、少年に未来を見たいですよね!
今80歳くらいの世代ですよね・・・本当に頑張って生き抜いたと思います!

> ですよね~。まだまだ引きずっていそうな時期に、時代を切り取ったような作品…演じている親子の表情を見てると、演技というより本当にそういう事があったみたいに見えました。
> 撮るのも演じるのも観るのも当事者には辛かったと思います。
> 名作として後世まで残していってほしい作品です。

ハイ、もう2度とこういう事はおきてはいけないけど
結局、現在も地域紛争等は多く、シリアの子供たちやウクライナの皆さんの事を思うと
映画とか言っていられないと思うのですが
それでもやっぱり今の私たちの出来る精一杯の「伝える・残す」が出来れば・・・と想います。

この作品はそういう意味で、本当に秀作ですよね・・・
監督は違うけど(R・ロッセリーニ)「戦火のかなた」という作品も良いので
是非いつか、とお薦めさせて頂きます。

では、後ほどお邪魔いたしま~す♪


.

  1. 2016/01/30(土) 22:07:41 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!

>みじめな あの人の手を あの子が せっきょくてきに とって
2人 手つないで 歩いてく、どうなるの?

ここもつらかったですね・・
あの後、どうなったでしょう??
明るい話になる気がしません(汗)

けど、あの親子は強い絆で結ばれてると信じたいです。
奥さんに話したでしょうか??僕だったらできないかも・・

>でも、今回はそれ以上に、あの自転車を盗もうか?どうしようか?の
部分の長さと丁寧な演出に驚いた。
自転車を盗むという事は、体力が要るんだし、簡単に素人に出来る事ではないし、
結局、盗まれたのが、ヘタだったんだね、と思う。

この部分は暫くたっても忘れる事ができないかも??
凄いシーンだったと思います。

盗まれた自転車の持ち主がブルーノを見て、
警察に連れていくのを止めましたが、アントニオが時代の
犠牲者と思ったからですよね、、きっと。あの場面も印象深いです。

自分の記事を書いている時は忘れているけど、
こうしてコメントのやり取りをしていると思い出します(笑)

>上手な監督、でも当事者は見たくなかったんだろうと、同情するけど、
こういう作品は今からでは作れないから、ホントに作ってもらってて良かった。

地味で何とも言えない映画ですが、
貴重な映画だと思います。見る事ができて良かったです!!(^.^)


こんにちは

  1. 2016/01/31(日) 11:45:39 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>理屈では割り切れない、そういうお金の使い方

どこにぶつければいいのかわからない憤りとか、もうどうにでもなれというやけっぱちな感情が伝わってくるシーンでしたね。忘れかけてると思っていたけど、miriさんの感想を読んでいたらすんなり思い出せました。

>一応軍人だったので多少の恩給は出たと思いますし

あ~、恩給か~。2年間無職でも耐えられた謎が解けました!

>皆生きて無事に終戦を迎えただけでも幸せでしょうにね・・・
でも生きているからこそ、お金が要るんですよね・・・。

本当にその通りだと思います。戦争のツケを払わされるのは庶民なんですよね…。多くの命を奪って、生き残った人たちも追い詰めてしまう…戦争は本当にむごいです。

take51さん、こんにちは☆

  1. 2016/01/31(日) 14:44:26 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ここもつらかったですね・・
> あの後、どうなったでしょう??
> 明るい話になる気がしません(汗)

4人家族がしっかりとしていれば、お金は何とかなる、という時代ではなかったですものね~。
市役所の仕事はもうないと思いますが、何をしてでも
食べてゆかねばならないですものね・・・。
でもほとんどの家庭がそうだったのではないでしょうか?

> けど、あの親子は強い絆で結ばれてると信じたいです。
> 奥さんに話したでしょうか??僕だったらできないかも・・

奥さんにはお話したと思いますし、しなくても顔に出るでしょうね~笑
take51さんもお顔に出るのでは???

> この部分は暫くたっても忘れる事ができないかも??
> 凄いシーンだったと思います。

誰だって盗まずに済めばそれに こした事はないですものね~笑。
この映画は当時のイタリア人は見たくなかったそうで(淀川さんに聞きました)
きっとそういう人が多かったのだと思います。。。

> 盗まれた自転車の持ち主がブルーノを見て、
> 警察に連れていくのを止めましたが、アントニオが時代の
> 犠牲者と思ったからですよね、、きっと。あの場面も印象深いです。

仰る通りだと思いますし、
いかにも出来ごころでやったと分かりきっていたからでしょうね~笑。
どう見ても常習者ではないし、この人を捕まえて何になる?
子供もいるし、って・・・。

> 自分の記事を書いている時は忘れているけど、
> こうしてコメントのやり取りをしていると思い出します(笑)

そう言って頂けて嬉しいです♪

> 地味で何とも言えない映画ですが、
> 貴重な映画だと思います。見る事ができて良かったです!!(^.^)

それは良かったですネ☆
私も再見できて良かったと思います♪


.

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2016/01/31(日) 14:44:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> どこにぶつければいいのかわからない憤りとか、もうどうにでもなれというやけっぱちな感情が伝わってくるシーンでしたね。忘れかけてると思っていたけど、miriさんの感想を読んでいたらすんなり思い出せました。

思い出して頂いて良かったです☆
けっこう良いモノを食べて飲みましたものね~笑。
やけくそ、ってあぁいう事なんだなぁ~って、自然と納得いきますよね~♪

> あ~、恩給か~。2年間無職でも耐えられた謎が解けました!

まぁ微々たる金額だったと思いますが、ゼロではなかったように思います。。。

> 本当にその通りだと思います。戦争のツケを払わされるのは庶民なんですよね…。多くの命を奪って、生き残った人たちも追い詰めてしまう…戦争は本当にむごいです。

もう二度とあってはならない・・・はずなのに、今も毎日世界のどこかで・・・と
思うと怖くて仕方ないです。

そういう国ではきっとこの映画は見られないでしょうしね・・・
せめて平和な国に住んでいるなら、感謝して、忘れずに毎日を過ごしたいと思います☆


***********************


>このラストの台詞で白けたという方が意外と多く、ただ自分に酔ってたんじゃないんだよ~愛なんだよ~と思ったので力説してみました(笑)
>その時、ちょっとmiriさんを思い浮かべていたかもしれません。

私は白けはしませんでしたが、白けたという感想も分からないではなかったです。
でも宵乃さんほどアツイ思いは湧いてこなかったので
記事の中のお言葉には「おぉ~!」と思いました。

あの台詞は、当たり前の事を言っているだけで特に深い感慨はなかったです。
宵乃さんが私を思い浮かべてくれたかもしれない記事の中のお言葉は、
本当にアツく伝わってきましたよ~有難うございました♪


.

おはようございます。

  1. 2016/02/03(水) 10:47:02 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
やるせなさが洪水のように押し寄せてきそうな作品でしたが、最後に一縷の光を見たような気がしました。
最後で父親アントニオの手を握った息子ブルーノの表情は、たとえ、この後も襲ってくるであろう試練を父親と共に対峙していく決意だったと思います。
戦後でのこと、簡単に乗り切れることもないでしょうが、彼らはそれでも生きていかなければなりませんから。なんとしても。

子供の頃、戦時中に母親が食用ガエルを食べた。というのを聞いて自分でも獲りに行ったことを思い出します。母の時代は疎開もあって日本も大変でした。

アントニオが自転車探しで必死だったにしろ、あそこまで人の話を聞かないのには私も閉口しましたよ。

恩給の件は気が付きませんでした。
長年仕事がなかったことに、ちょっと疑問があったのですが氷解しました。
それでも質には流していましたし、微々たるものだったでしょうけどね。

今はトラックバックを受け付けてなかったのですね。
URLに入れておきました。

白くじらさん、こんにちは☆

  1. 2016/02/03(水) 16:43:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆
TBはもうずーっと前から送受信していなくてすみません。。。

> やるせなさが洪水のように押し寄せてきそうな作品でしたが、最後に一縷の光を見たような気がしました。
> 最後で父親アントニオの手を握った息子ブルーノの表情は、たとえ、この後も襲ってくるであろう試練を父親と共に対峙していく決意だったと思います。
> 戦後でのこと、簡単に乗り切れることもないでしょうが、彼らはそれでも生きていかなければなりませんから。なんとしても。

そうですね~どこの家庭も(ごく一部を除く)
それぞれ苦しんで、家族の絆でやっていくしかなかった時代だと思います。
ラストシーンは、絶望には向っていないと信じられました。

> 子供の頃、戦時中に母親が食用ガエルを食べた。というのを聞いて自分でも獲りに行ったことを思い出します。母の時代は疎開もあって日本も大変でした。

お母さま、大変でしたのね・・・
私の母は、疎開して来る子を迎える田舎育ちで
食べるモノはなんとかあったそうですが、
色々と他に不便はあったそうです。

> アントニオが自転車探しで必死だったにしろ、あそこまで人の話を聞かないのには私も閉口しましたよ。
>
> 恩給の件は気が付きませんでした。
> 長年仕事がなかったことに、ちょっと疑問があったのですが氷解しました。
> それでも質には流していましたし、微々たるものだったでしょうけどね。

少しの恩給と、売れるモノを全部売るのと
その日その日ありつける仕事をする事・・・で、数年経ったところだったのでしょうね~。
冷静に考えれば赤ちゃんを持つことは我慢しなくてはとか思うけど
そんなこと言っていられないくらい毎日とにかく必死だったと思います。

あとの時代でも作れたでしょうけど
それこそリアル感がなくて偽物丸出しでしょうから
本当にこの時代に作られて良かったですネ!


*********************************


ファンタジー企画のチケットも、また私の記事に載せさせて頂いて宜しいでしょうか?
いつもの猫ちゃんが「チケット猫ちゃん」に大変身です♪

そして、昨年、やっと、このファンタジー企画で
「太陽の王子 ホルスの大冒険」を見ました☆

ご相談があった頃にはレンタルどころかセルもほとんどなかったのに、この数年で激変して、
今はレンタルで(私はいつも楽天スポットレンタルです)借りられる良い時代になりました♪
良い作品のご紹介を有難うございました。


.

こんばんは。

  1. 2016/02/05(金) 22:35:00 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
チケットはぜひお使いください。(^^)
後で気づきましたが、前回のファンタジー企画の時も同じにゃんこだったのですね。
このにゃんこ好きです。

懐かしのホルスですね!
昔の名作がDVD化されているようで、私も嬉しいです。
そちらにもこれからお邪魔しますねー。

白くじらさん、こんにちは☆

  1. 2016/02/06(土) 15:01:22 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
再びのお出ましを有難うございます☆

> チケットはぜひお使いください。(^^)

有難うございます!
私の最初の記事に載せさせて頂きますね~☆
(4本見る予定で、記事も4つの予定です)

> 後で気づきましたが、前回のファンタジー企画の時も同じにゃんこだったのですね。
> このにゃんこ好きです。

ハイ、私も好きです。
そして、秋のミステリー企画の子も可愛いですし、夏のお岩ちゃんも♪
お楽しみに~!

> 懐かしのホルスですね!
> 昔の名作がDVD化されているようで、私も嬉しいです。
> そちらにもこれからお邪魔しますねー。

ハイ、やっと見られて感激しました♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -