映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


名探偵ポワロ リマスター版 第26~30話の感想です。

  1. 2016/05/22(日) 05:55:00_
  2. TVムービー や テレビドラマ テレビ番組 等
  3. _ comment:2
2015年10月24日から、NHK BS3で、
名探偵ポワロをリマスター版として全話再放送する事になりました。
ゆっくりと、出来れば全部見たい(再見したい)と思います☆

今回の5話です。
すべて主演はデヴィッド・スーシェさんで、吹き替えは熊倉一雄さんです。



名探偵ポワロ/二重の手がかり(91・英) 第3シリーズ 第26話 

名探偵ポワロ/スペイン櫃の秘密(91・英) 第3シリーズ 第27話

名探偵ポワロ/盗まれたロイヤル・ルビー(91・英) 第3シリーズ 第28話

名探偵ポワロ/戦勝舞踏会事件(91・英) 第3シリーズ 第29話

名探偵ポワロ/猟人荘の怪事件(91・英) 第3シリーズ 第30話




 
.


The Double Clue  
名探偵ポワロ/二重の手がかり
(91・英) 第3シリーズ 第26話


ミニ感想
う~ん。
ポワロさんも人間で恋をするし、
してはいけない事(犯人逃がすヘイスティングスさんに悪い事する)を
するんだと感心しました。

あのペア探偵は面白かったね、ミス・レモンはやっぱ優しい。
ジャップさん可哀想過ぎると思ったけど、まぁメンツも立って良かったです!

男は皆、ああいう女に甘い!
ばからしー。



The Mystery of the Spanish Chest
名探偵ポワロ/スペイン櫃の秘密
(91・英) 第3シリーズ 第27話

ミニ感想
殺し方が酷すぎて・・・
それで未亡人になった妻は再婚できるし「得する」ってどういうこと?
昔からずっと思い続けるってある意味ストーカーで年寄りでキモカッタ。

恋を知ったはずのポワロさんが、けっこう厳しいやり方で、でもそれが良かったんだけどね。
身体を張ったし・・・

それにしてもそんなに良い女か?
女優さんは綺麗だったけど、妻として良いとか思えなかったよ。



The Theft of the Royal Ruby
名探偵ポワロ/盗まれたロイヤル・ルビー
(91・英) 第3シリーズ 第28話


ミニ感想
昨年企画で見た作品(こちら)も、クリスマスに一人で過ごす予定が、よそに招かれ事件が・・・
というので、今回は事件があっての招かれでしたが、けっこうワンパターン?

いつものメンバーが一切出演しなくて寂しいというか?
ちょっと他人さまの中でお利口さんのお客様のポワロさんになっていましたね~笑。

でも子供たちが良い味を出していましたし、コックさんとメイドさんも☆
お住まいの方々も優しいご夫妻でしたし・・・
でも、株の穴はちゃんと埋められたのでしょうか?

とりあえず、推理物での「妹」は、ほとんど同じ使われ方をする言葉です(笑)。
そしてあんな君主では国も沈むだろうと、お父上の長生きを祈りました(笑)。



The Affair at the Victory Ball
名探偵ポワロ/戦勝舞踏会事件
(91・英) 第3シリーズ 第29話


ミニ感想
前々回同様、怪しい人は犯人ではなく、その死によって得をして終わりという(笑)。
定番の感じ? アガサの場合は「一番得をする人は犯人ではない」みたいな?笑

まぁ作品としては良かった方だと思います☆
短いけどミス・レモンはホントに一服の清涼剤と再確認したし、
ヘイスティングスさんとジャップさんは、ヤレヤレ的な愛情で
ポワロ君を包んでいるんだな~と・笑。(ラストの件ね)

美しい人形と、あのトリックの5人のエキストラの方の中から
一着の服を脱いで、見えない妖精になったところはお見事でした!!!

しかしまぁ、犯人は情けない・・・いくら俳優が食べられなくても
あんなに愛してくれている(怖がっている?)配偶者がいるというのに・・・
まぁその人も今回で解放され、大金持ちになったおっさん同様、
犯人ではないが得というか・・・良い第2の人生を歩んで下さい♪



The Mystery of Hunter's Lodge
名探偵ポワロ/猟人荘の怪事件
(91・英) 第3シリーズ 第30話


ミニ感想
今回は、得をする人が犯人でホッとしました(笑)。
かなり早い段階から犯人のうちの一人が、トリックと共に分かったのですが、
いくら田舎の女中さん達でも、ひと月も一緒に働いて分からないか???と不満です。

殺された人が誰からも好かれないという点が・・・まぁ仕方ないけど・・・
それにしても寒そうな猟場でしたね~。

いつもの二人は優しく理解あって、ポワロさんも熱をおして頑張ったかいがありました!
ミス・レモンのお顔も見たかったですネ♪




<<5-1080  ハムレット  (1948年版) | BLOG TOP | 5-1079  サンセット物語 >>

comment

こんにちは

  1. 2016/05/22(日) 11:48:56 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>男は皆、ああいう女に甘い!

いつもヘイスに呆れているポワロさんも、恋をしたら同じ!(笑)

>昔からずっと思い続けるってある意味ストーカーで年寄りでキモカッタ。

ホント、キモいし怖い男でした。
「青いパパイヤの香り」というフランス映画で、何十年も想い続けるストーカーおじいさんが印象に残ってるんですが、そっちはピュアな感じです。人によりますね(笑)

>昨年企画で見た作品(こちら)も、クリスマスに一人で過ごす予定が、よそに招かれ事件が・・・けっこうワンパターン?

ですね~。再見してワンパターンだし「シャーロック・ホームズの冒険」と似たエピソードも多いし、「あれ?」と思うことが多いです。
まあ、ポワロさんといつもの仲間たちの魅力があるから楽しめますが。
ドラマの功績?

>短いけどミス・レモンはホントに一服の清涼剤と再確認したし、
ヘイスティングスさんとジャップさんは、ヤレヤレ的な愛情で
ポワロ君を包んでいるんだな~と・笑。(ラストの件ね)

彼らと出会ってなかったら、ポワロさんはもっと捻くれた性格になっていたかも…。ポワロさんにとって最良の出会いですよね!

>いくら田舎の女中さん達でも、ひと月も一緒に働いて分からないか???と不満です。

娯楽に飢えてて、噂話の種は見逃さないという人の方が多そうですよね(汗)
ちょっと無理がありました。
風邪で弱ってるポワロさんを思いやる友人たちはよかったです。ミス・レモンがあの場にいたら、また色々世話を焼いてただろうなぁ♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2016/05/22(日) 13:46:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> いつもヘイスに呆れているポワロさんも、恋をしたら同じ!(笑)

ホントにね~笑。

> ホント、キモいし怖い男でした。

ああいうのは、思いこみが激しすぎるんですよね~
そこにあの武器ではね~怖いです!

> 「青いパパイヤの香り」というフランス映画で、何十年も想い続けるストーカーおじいさんが印象に残ってるんですが、そっちはピュアな感じです。人によりますね(笑)

その映画は宵乃さんの記事をチラ見して、オンエアを楽しみにして見たのですが
何故かは忘れましたが、序盤でくじけて見ていないんです~
見た方がよいでしょうか???

> ですね~。再見してワンパターンだし「シャーロック・ホームズの冒険」と似たエピソードも多いし、「あれ?」と思うことが多いです。
> まあ、ポワロさんといつもの仲間たちの魅力があるから楽しめますが。
> ドラマの功績?

今回のように、すべてを筋道立てて長く放送することって
今までにはなかったと思います。
なので、今回は冷静に見ているのでしょうね~。。。
まぁなるべく、あの4人組で楽しみたいと思います♪

> 彼らと出会ってなかったら、ポワロさんはもっと捻くれた性格になっていたかも…。ポワロさんにとって最良の出会いですよね!

ハイ、ドラマのスタッフさん達が、アガサさんのひねくれたところを
上手に清めたのでしょうね~良い作品群になっています♪
そういうのを見られて、さいわいです☆

> 娯楽に飢えてて、噂話の種は見逃さないという人の方が多そうですよね(汗)
> ちょっと無理がありました。

同じように思って下さり嬉しいです!
アガサさんは女性なのに、女の人をバカにしすぎでした!!!

> 風邪で弱ってるポワロさんを思いやる友人たちはよかったです。ミス・レモンがあの場にいたら、また色々世話を焼いてただろうなぁ♪

ハイ、そう思います☆
もしかしたら、もともとミス・レモンは、寒いから行かない方が良いのでは?と
お止めしたのかもしれませんね~?

ところで、次回の「ABC殺人事件」ですが、記録にはしていませんが
昨年見たんですよ~よくオンエアしているので・笑。
でも原作で読んだ中でも一番と言って良いほど好きなので
BS3の美しい映像で、またまた見るのを楽しみにしていま~す☆

では、またお話いたしましょうネ~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -