映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-976  はじまりのみち

  1. 2016/01/19(火) 23:30:00_
  2. 原恵一
  3. _ comment:0
はじまりのみち 2013年・日本



はじまりのみち




 
.


2016年1月19日(月)  BS3

監督 原恵一
主演 加瀬亮 (本名:木下正吉  木下恵介監督 役)

感想
この監督って「河童のクゥと夏休み」の人?と
思ったらそうでして、
実写版は初めてとのこと、うっそー!!と思うくらい、
普通に演出良かったです♪



はい、良い映画でした。
「紙屋悦子の青春」という映画もそうだったけど、今作られる太平洋戦争中の日本を
描く作品は、なんとなく小奇麗すぎるのでなじまないのですが、
内容が良いと、そういう事は気にならなくなってしまいます。
だって、実際、その時に生きている人の背景(風景・空気)は、小奇麗なのが普通ですしね~笑。

木下恵介監督作品は、あんまり沢山見ていないけど
想い出深い作品もあるし、何と言っても子供の頃からテレビ番組で
「木下恵介アワー」というドラマ枠があって、よく見ていました。
内容はあまり覚えていないけど、家族を中心とした温かい物語が多かったと思います。


そんな作品群を生みだした理由や原点が、
この作品に詰まっていました!
そう、回答と言うのかも?


「陸軍」はじめこの作品に出てきた多くの木下監督作品は
未見なので今後、是非機会をとらえて
見たいな~って思いました☆



この作品の真中に「陸軍のラストシークエンス」そしてエンドロールの前に
多くの映画の少しずつのシーンを入れた事は、大正解でしたね!
生誕100周年か何かのイベントの1つのようですが、
その時期を過ぎても、ずっと、いつまでも見続けられる作品だと思います☆

役者が良いね~! 田中裕子以外。

ユースケは目立たないし、損な役柄だけど、ちゃんとした俳優になったんだなぁって
ビックリしました。

加瀬君はお上手で何やっても。
マンションから落ちてゆく役柄をちょっと前に再見したけど
全然かすめもせずに、本当に正吉になりきっていました。

特に良かったのが濱田君ですネ!
金太郎、と言った方が分かりやすい???
名もない便利屋、勘違いや、図々しさ激しかったけど
あぁ言うのが普通の人間でしょうし、木下の正体を知らずに交わす会話の素晴らしさよ♪
後年のカレーライスにかぶりつく便利屋、の出て来る映画、絶対見たいです!

あとナレーションが好きではない女優だったのでちょっと嫌でした。
たった1つ惜しかったのは(完全な減点) 旅館に着いて靴を脱いだ時に、
靴下が全然汚れていなかったことです。
あれは、ダメ。

それ以外は全部良かったです。
お母さんを、お父さんを、兄弟を、愛し、
お天道さまに感謝をささげ、
疎開先の人を、旅館の人を、便利屋を、大切に思う、
彼の人柄を知ってしまっては、
もう、今後、映画を見て評価するときに下駄履かせること間違いなし!

エンドロールに、事実歩いた道や、旅館や疎開先のお家が出てきて
年寄りの人、きっと当時若かった人でしょうね~と思うと
その子孫も一緒に仲良くしていて、涙が出ました。


原監督も、この映画が「はじまりの作品」として、
頑張って下さい!





<<(1-257)  自転車泥棒  (殿堂入り) | BLOG TOP | 5-975  コップランド>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -