映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-518) 天使と悪魔 (2回目)  旧タイトル:ラングドン教授との再会です☆

  1. 2015/11/13(金) 23:00:00_
  2. ロン・ハワード
  3. _ comment:2
再見  THE DA VINCI CODE  (ダ・ヴィンチ・コード)  2006年・アメリカ

再見  ANGELS & DEMONS  (天使と悪魔)  2009年・アメリカ



ダ・ヴィンチ・コード   天使と悪魔




 
.


2作品ともに2015年11月中旬 に 見ました☆



感想の前に

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画を見る事を再開した2009年に見ました。
その前の話題の時期には原作を読んでいます。
映画の初見時感想は、「長すぎる、原作読んでいない人に不親切」でしたが、
私は読んでいたのでよく分かったし、映画の作り的には良かったように思いました。(記事はこちら

「天使と悪魔」は、翌年、レンタル準新作になってすぐに借りて見ました。
原作は未読です。
映画の初見時感想は「犯人はすぐに分かるし、いまいちで全然面白くなかった」です。

今回、再見しようと思ったのは、
少し前に「コズミック フロント NEXT」で取り上げられていた「反物質」
それが「天使と悪魔」の映画に出てくる
とかで、全く覚えていなかったので
どうしても再見したくなったのですが、初見時の感触が悪かったので、ウジウジしていたところ

リンク先さまの「パパがんばって」かえるママ21さんが
ミステリー企画の時に「ダ・ヴィンチ・コード」を鑑賞されたと聞き、背中を押して頂きました☆
2作品共に見られて、感謝です☆



********************************



再見:THE DA VINCI CODE (ダ・ヴィンチ・コード) 2006年・アメリカ 
(ムービープラス)

監督 ロン・ハワード
主演 トム・ハンクス
助演 オドレィ・トトゥ

今回の感想

初見時の映像や、原作の文章が、最初から最後まで出てきて
完全に近い形で覚えていたし、いろいろな意味で引っ張ってくれたし、
映画として見やすくて、読んでいる人には実に分かりやすい作品だと思いました。

長さも全然気にならず、ドキドキしっぱなしで良かったし、
オドレイ・ィトトゥやポール・ベタニ―(まさかのシラス役!)の初見が多分この作品なんだと思うと
ホント、ビックリ仰天で、嬉しかったです。

音楽も強く、ラストシーンもあれで良かったと思います。
トムさんも今よりちょっとだけお若くて、お上手でした。

人間が最小限しか死んでいないところも良かったけど、
空港の管制官を殴るところだけは、いただけませんでした(笑)。
似合うけどね、ジャン・レノさん!

でも、フランスではいくら正式な場といっても、あんなに英語を使う事はないと思いました。



********************************



再見:ANGELS & DEMONS (天使と悪魔) 2009年・アメリカ 
(レンタルDVD)

監督 ロン・ハワード
主演 トム・ハンクス
助演 ユアン・マクレガー

今回の感想

見始めたらほとんど思い出して、スーッと流れるように鑑賞でき、
原作を知らなくてもけっこう楽しめたし、
初見時に一番良くなかった「時の流れと物語の進み方」が
今回は納得できて本当に良かった。

ただ、この作品はヒトが死に過ぎで、警察官の皆さんなど、可哀想で仕方ない。
バチカン的に怒るべき作品だと思いました。

あと、この作品でのヒロイン的な立場の女優さんですが
華がなくって華がなくって、もう全然ダメでした(笑)。

ラングドン教授は、トム・ハンクスさんその人と一緒になって
私たち普通の鑑賞者からは、親しみ深い、素晴らしい人物と思えました♪

「反物質」については、現実に水素合成されてもいるらしいけど
このフィクションのような兵器的な扱いにはならないようで・・・
その辺り気になり、「コズミック フロント NEXT」を再見しました☆



********************************



「コズミック フロント NEXT」 反物質の回の再見の感想です。

(初回放送 2015年10月8日 「20世紀最大の予言“反物質”ミステリー」)

感想

「天使と悪魔」の映画が最初に出てきて、興味を引きました。
その後の色々と難しい点は、いまひとつ理解できなかったけど・・・

アインシュタインやハイゼンベルグが華やかだった時代の物理学に対して
ディラックさんの考えや悩み、そこを通りぬけての「反物質」の学説、
1929年に来日したこと、その後の各種実験・理論確立など、
自分的に、解らないなりに、引き込まれました☆

対消滅は、いま現在は、現実問題として、
映画のようにはならないんだろうな~とは分かりました。

そんな風に引き込まれたからこそ、「天使と悪魔」を再見したかったのだと分かり
自分的にスーッとしました☆


今後もいろんな番組等で引っ掛かった事を、映画を見て解決できたら良いな~♪
と思いました。




<<やっと見た邦画数本の感想です ☆ | BLOG TOP | (2-260)  ダ・ヴィンチ・コード  (2回目)>>

comment

こんばんは

  1. 2015/11/22(日) 18:55:51 |
  2. URL |
  3. かえるママ21
  4. [ 編集 ]
今日は、外はとても寒くて、今でもキーボード打つ手がかじかんでます。

拙ブログ記事のこと、「札幌に行きたくなった」っておっしゃって下さってありがとうございます。^^とても嬉しかったです。
写真のエゾ鹿は見えましたか?

「天使と悪魔」ももちろん見たくなりましたが、「コズミックフロントNEXT」?とても興味深いです。

トムハンクスさんは、実際にとても良い方なんだって昔、久米宏さんがおっしゃってましたし、名優さんですよね。


>でも、フランスではいくら正式な場といっても、あんなに英語を使う事はないと思いました。

本当ですよね。フランス人は英語をあまり話してくれませんよね。
英語させえ、ままならない日本人にも、それはヒドイよね?って思います。
愛国心?プライド?なのでしょうか?

そして、
ジャンレノのこと、思い出してました。
「レオン」でのラストシーン。
かえるままがイメージする自爆テロって、あのシーンを思い出してしまいます。
本当平和ボケしてる自分も、痛感してます。

かえるママ21さん、こんばんは☆

  1. 2015/11/22(日) 19:40:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
お忙しいのに再びのお出ましを、有難うございます☆

> 今日は、外はとても寒くて、今でもキーボード打つ手がかじかんでます。

おぉ!それはそれは!!!

> 拙ブログ記事のこと、「札幌に行きたくなった」っておっしゃって下さってありがとうございます。^^とても嬉しかったです。
> 写真のエゾ鹿は見えましたか?

ハイ、私はすぐに分かりましたが・・・
牛さん?と思ったのは事実です(笑)。

> 「天使と悪魔」ももちろん見たくなりましたが、「コズミックフロントNEXT」?とても興味深いです。

2011年から「コズミックフロント」という番組があり、
NHKの宇宙最前線です。
他の番組やニュースよりも、どこよりも一番早く
宇宙関係の情報を知ることができる番組です☆

今年の春から「NEXT」に、進化したのですが、
ナレーションに好きではないヒトが増え、残念です(笑)。

とにかく、宇宙の事を知りたいのなら、この番組を抑えなくては!
毎週木曜日22:00~BS3です。
ご案内はこちらです → http://www.nhk.or.jp/space/cfn/

> トムハンクスさんは、実際にとても良い方なんだって昔、久米宏さんがおっしゃってましたし、名優さんですよね。

そうでしたか! 良さそうな感じはしますよね~。
実際にお話したことないけど、監督なさった作品などで人柄もにじみ出ますよね~。
もちろん、名優、うまいと思います☆

> 本当ですよね。フランス人は英語をあまり話してくれませんよね。
> 英語させえ、ままならない日本人にも、それはヒドイよね?って思います。
> 愛国心?プライド?なのでしょうか?

フランス語は、洗練されていない言語で、フランス人たちはそれにしがみついています。
実際、最近ネットの発達で、若い人は自国語を離れ、多少洗練された英語を
すごく使っているようで、国の上層部では危機感があるそうです(笑)。

日本語は世界中で一番洗練されています、それは主語がなくても喋れるという点です。
いつまでもどこまでも主語なしで通じますよね~?
(それも節操がないに通じるのですが、懐が深いとも言えます・笑)

名詞や形容詞に必ず何か付いて、それが主語によって変わるなんて言語は、
(動詞が変わるのは多少仕方ないとして)本当に残念なコトバです(笑)。

以上、私の偏見に基づいた、フランス語観です、笑ってスル―してくださいね~♪

> そして、
> ジャンレノのこと、思い出してました。
> 「レオン」でのラストシーン。
> かえるままがイメージする自爆テロって、あのシーンを思い出してしまいます。
> 本当平和ボケしてる自分も、痛感してます。

あ、そういえば、そうでしたね~!
私は全然イメージ出来なかったけど、アレが自爆テロなんですネ~そうなんだ~。

あの映画ではあの少女を助けるって意味があったように思いますが
やはり良い事ではなかったですネ・・・
まぁ映画と現実は同じではないのですが・・・。

ママさん、今日は本当に有難うございました!
明日は少しでも温かくなりますように~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -