映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2015年9月の映画鑑賞についてのまとめ

  1. 2015/10/01(木) 00:00:00_
  2. 2015年~
  3. _ comment:4
9月のまとめ 



一昨年から自分なりにつけている9段階評価のうち
(☆ → ☆◎ → ◎ → ◎〇 → 〇 → 〇△ → △ → △× → ×)
7段階を、そのまま載せたいと思います。
(真ん中らへん(「◎〇」 と 「〇」 は 、アップしません)




 
.


≪全体の感想≫ 

9月は映画館には行きませんでした。
家では、オンエアを中心に、セルもレンタルも見ました。

初見洋画は評価がバラバラで、上から下までバラエティに富んでいます(笑)。
初見邦画と再見は、好感な作品が多かったです☆

・・・今月も自分で決めた本数に達する事が分かっていたので、
(バラバラの日に)数に入れない「殿堂入り」を数本見ました。 
「アラバマ物語」「ニューイヤーズ・イヴ」「早春物語」「炎のランナー」などです。

自分的(だけ?)に大事な事ですが、
「 映画鑑賞の記録1 と 3 と 4 」 の 過去記事の投稿日時を

映画を実際に見た日付や、ノートに実際に記述した日付等に、
変更しつつあります。


今年中には何とか完成させて、プラグインに載せられれば・・・と思っています☆

10月は天候も良さそうですので、出来れば映画館に行きたいと思います♪
良い作品があると嬉しいのですが・・・。



********************************



9月に見た映画について、
ちょっと書かせていただきたいと思います。
(各項目、50音順です)



初見で良かった作品

洋画 (☆) 

  「オルフェ」  こちら
  「仮面/ペルソナ」  こちら
  「ソハの地下水道」  こちら


 洋画次点 (☆◎) 

  「悪徳の栄え」  こちら
  「恋 1971年版」 こちら
  「血と怒りの河」 こちら
  「プレタポルテ」  こちら


洋画その次 (◎) 

  「仮面の男」  助演の豪華さにクラクラ~☆
  「ディア・ハンター」   まぁまぁでした・・・ちょっと期待外れ。



邦画 (☆) 

  特にナシ  


邦画次点 (☆◎)

  「紙屋悦子の青春」  この監督の最近の作風を知ってから見る方が良い作品だと思います☆   
    
邦画その次 (◎) 

  「遠雷」  ♪クッククック~クッククック~青い鳥~♪ 耳に残って(笑)。
  「祭りの準備」  昭和の田舎を知っていると、見やすいかと思います☆       



初見で良くなかった映画たち (〇△以下4段階該当作) 
 
  〇△  「ミッドウェイ」  日本人同士が英語で喋っているのは、非常に不愉快。
  △  「スマイル、アゲイン」  こちら
  △  「地球が静止する日」  なんだかなぁ~最後の運びがご都合良過ぎで笑えました。 
  △×  「ミッション:8ミニッツ」  文句の山!  
  △×  「八月の狂詩曲(ラプソディ―)」  今年の邦画で2本目のダメ評価です(笑)。       



再見で良かった作品 
(殿堂入りは、ココには入れません)

洋画 (☆) 

「ピクニック」   終盤の二人の服装の色にかなり注目しました! 
「ライアンの娘」  こちら   


洋画次点 (☆◎)

  「小さな巨人」  こちら   


洋画その次 (◎) 

  「ゾディアック」  こちら
  「パリ、テキサス」  こちら    



邦画 (☆)

  「日本の黒い夏 冤罪」  本当に怖い事実が、素晴らしい映画になっていました。 


邦画次点 (☆◎)

  特にナシ 


邦画その次 (◎)

  特にナシ  




<<5-890  ファニーとアレクサンデル | BLOG TOP | 何とも言えない作品を何本か見ました☆>>

comment

今年も残り3ヶ月

  1. 2015/10/03(土) 09:20:39 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
miriさん、おはようございます

「祭りの準備」、「遠雷」
〉この2作品と「サード」、自分でもよく解らないのですが、僕にとって「日本の青春映画」のイメージは、この3作品に集約されてる気がします。
(もしかして、3作品ともATG?(笑))
その癖、いずれも記憶は曖昧。(汗)
「祭りの準備」、動き出す列車と原田芳雄の「バンザイ!」が良かった。
このシーン、何故か中島みゆきさんの「ホームにて」を思い出します。
(正反対の世界だけど、ビフォアー&アフターなのかな)

こんにちは

  1. 2015/10/03(土) 11:32:23 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>映画を実際に見た日付や、ノートに実際に記述した日付等に、
変更しつつあります。

わかります~、備忘録として観た日付どおりになってるとわかりやすいですよね。読者さんにとっても、月別アーカイブの中身が、そのまま見た時期に並んでいれば、その頃自分は…と振り返られるかもしれませんし。
大変でしょうけどゆっくり完成させていって下さい。

>「ミッドウェイ」  日本人同士が英語で喋っているのは、非常に不愉快。

タイトルに聞き覚えがあるので調べたら観てました…覚えてないけど。
アメリカの作品なんですね。私は英語で喋ってるより、カタコトの日本語を喋ってるほうが気になるかな。たまに中国人が演じてたりしますし(苦笑)

では、映画館で素敵な作品との出会いがありますように~!

Re: 今年も残り3ヶ月

  1. 2015/10/03(土) 14:04:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

本当にあっという間ですネ~!
この前、2015年が明けたように思うのにね・・・。

> 「祭りの準備」、「遠雷」
> 〉この2作品と「サード」、自分でもよく解らないのですが、僕にとって「日本の青春映画」のイメージは、この3作品に集約されてる気がします。
> (もしかして、3作品ともATG?(笑))

ATGです、特集オンエアがあって他の作品も含めて見ました☆
「サード」は公開当時に見ていて(「もう頬づえはつかない」と「keiko」と同時上映)
私にとってはその3本がATGでして、他の作品はここ数年に少しずつ見ています。

でも鉦鼓亭さんは「青春の殺人者」も見ていらっしゃるし・・・。

> その癖、いずれも記憶は曖昧。(汗)

あまり特別な内容のお話ではなかったので・・・
きっと年月とともに忘れるような作品だと思います・・・。
「田園に死す」は、すごく強烈でしたが「◎〇」です(笑)。

> 「祭りの準備」、動き出す列車と原田芳雄の「バンザイ!」が良かった。

あの方のあのシーン、評価高いですよね・・・
まぁ良いとは思いましたが、それだけの映画ではないと思います☆

> このシーン、何故か中島みゆきさんの「ホームにて」を思い出します。
> (正反対の世界だけど、ビフォアー&アフターなのかな)

全然知らないので歌詞検索して、youtubeで他の歌手の方の歌声で
聴いて読ませて貰いました。 本当に正反対の世界ですネ!
どちらも都会ではなく、昭和の田舎に住んでいらした方には響くのでしょうね~。

***************************************

ところで、先日、私も裏の筋向いのマンションの窓陰に怖いシルエットを見つけました。
あれ、タオルを干しているのだと思うのですが、やめてほしいですネ、
夜中だったので、ホントに怖かった・・・
でも鉦鼓亭さんのお話を思い出して、同じ事だろうと一人で納得しました。

お互い気をつけたい事ですが、気にしない人は今後も
やっちゃうのでしょうね~???


宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/10/03(土) 14:07:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> わかります~、備忘録として観た日付どおりになってるとわかりやすいですよね。読者さんにとっても、月別アーカイブの中身が、そのまま見た時期に並んでいれば、その頃自分は…と振り返られるかもしれませんし。
> 大変でしょうけどゆっくり完成させていって下さい。

有難うございます!
大昔のはノートのままなので楽なのですが、途中の時期のが
正確な日付が分からないのがほとんどなので考慮中です。

また、1996年末以降の作品はいまのところ変更できない状態です。
まぁゆっくりとやります!

プラグインに載せるときは、またテンプレートを変える予定なのですが
前に使っていたモノしか見つけられず、そちらも探し中です。

1975年以降のアーカイブができたら、また読んでやって下さると嬉しいです。
宜しくお願いいたします♪

> >「ミッドウェイ」  
> タイトルに聞き覚えがあるので調べたら観てました…覚えてないけど。
> アメリカの作品なんですね。

それは私が高校生の時に大宣伝で公開して見られなかった作品なので
やっと見られたのに、ガックリ感が強かったです。

もしかして宵乃さんが吹き替えで鑑賞されたら、
その映画に限って言えば、それが一番良い鑑賞方法だったと思いますよ~。
覚えていないとの事ですが、

あの日本人同士が英語でしゃべるのは聞いていられない
ムカつくと思うので印象に残ると思うのですが・・・。

> 私は英語で喋ってるより、カタコトの日本語を喋ってるほうが気になるかな。たまに中国人が演じてたりしますし(苦笑)

それなんですよ!
有名な俳優数名以外、わりと重要な役柄でも、アメリカ育ちの3世とか
まるきりの外国人(中国等)が、日本人を演じていたのです!
ほぼ全員、ネイテイブだと思いますよ~!
想像しただけでムカつきませんか~???

> では、映画館で素敵な作品との出会いがありますように~!

ありがとうございます。
明日はちょっと用事で出掛けるのですが、映画館ではないです。
月末までに一度でも行けたら良いな~と思っています・・・。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -