映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-750  推理作家ポー 最期の5日間

  1. 2015/04/13(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
The Raven  (推理作家ポー 最期の5日間)  2012年・アメリカ



推理作家ポー 最期の5日間




 
.


2015年4月13日(月)  ムービープラス

監督 ジェームズ・マクティーグ
主演 ジョン・キューザック

感想
いや~面白かったです☆

史実とは全然違うようですが (ほんの一部分のみ、同じところあり)
こんな最期の日々っていうのも、けっこう面白いです♪

主演の俳優は、あれこれで見ていますが、けっこう印象に残る作品が多く、
まぁスターなのでしょうけど、こういうボロボロチックな感じも似合いますね(笑)。

監督さんは知らないですけど、助監督時代の作品はいくつか見ているようです。
今後も楽しみです!


エンドロールですが、不評かもしれないけど、
私はけっこう気に入りました。



あぁいう映画の内容とは全然違う時代を感じさせる(音楽はそうでもなかったけど)
そういう「目に入ってくるモノ」が似合わないのかもしれないけど、
それはそれで良かったような???

さて、内容ですが、腑に落ちない点は(いくつも)ありましたが
まぁいいか、という程度ですネ・・・
こういう犯罪モノは最初から倫理観とか細かい点を求める方には申し訳ないけど
私はスーッと楽しければ良いと思います。
(あ、でも、大きな伏線回収の出来ない時は、めちゃ怒りますが・笑)


この作品を見て一番ビックリしたのが、
自分が変わってしまったと思った事です。



最初の母娘の遺体から、お腹の大きなおじさんをアレであやめるとか、
警官の首の皮一枚とか、その他グロテスクな動かない人間だった身体や、
もうすぐそうなるというヒロインの痩せて汚くなってゆく様・・・

それらを見ても、まぁ良い気持ちはしませんが、
おぉ~♪ みたいな?

6年前・・・5年前・・・4年前・・・いつ頃までだったでしょう?
そういうギャー!!!という感じにならなくなったのは?
きもだめし大会のお陰かもしれませんが(笑)

自分から積極的に(ホラー系の映画は)見たくはないけど、
オンエアでたまたま見る作品がそうだったら、仕方ないって感じになってきました。
恐るべし、人間の耐性!


それにしても「ショボイ」犯人で、
私はひっくり返りそうになりました(笑)。



まだあの上司なら納得できたかもしれないのですが?
そうでもないか・・・アレが犯人だからこそ面白いのかな?

刑事さん、頑張ってありがとう♪
遺言をキチンと解いて、巴里へ急いで、有難う☆

この映画も評価は「◎」です。
このくらいの作品が一番感想を書きやすいのかもです。

そうそう、原題はポーの作品のタイトルで、ソフトの画像にも(一部が)載っていますね。
大人になってから読んだ事はないけど、
もしかしたら学生時代にちょっと読んだかも? ・・・忘れているから同じですけど(笑)。
邦題は特に良くも悪くもない感じがします。




<<5-751  ザ・インターネット | BLOG TOP | 5-749  アメリカン・ジゴロ>>

comment

  1. 2015/04/14(火) 10:42:16 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>エンドロールですが、不評かもしれないけど、
私はけっこう気に入りました。

あれ、エンドロールでなんかありましたっけ?
まったく思い出せないです。早々に切り上げちゃったのかな…。

>この作品を見て一番ビックリしたのが、自分が変わってしまったと思った事です。

あはは、きもだめし大会の効果でしたか。一部の映像のせいで楽しめなくなってはもったいないですもんね。
企画がmiriさんのお役に立てて嬉しいです♪

>まだあの上司なら納得できたかもしれないのですが?
そうでもないか・・・アレが犯人だからこそ面白いのかな?

まあ、現実に犯人らしいひとが犯人ってことはないでしょうし、ある意味リアルだったのかもしれません。
そう考えると、実際に事件を解決している人たちってすごいですね!

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/04/14(火) 13:12:12 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>無難に「ザ・レイヴン/推理作家ポーの怪事件」とかでよかった気がします。

凄い!センスあります☆
私は思い浮かばなかったけど、これならグーですネ♪

・・・もしかしたら、製作者側には
「邦題はこんなのですが良いですか?」という了承を
もらってはいないのでしょうか???
これはこの作品に限らず、一般的な意味でですが・・・。

> あれ、エンドロールでなんかありましたっけ?
> まったく思い出せないです。早々に切り上げちゃったのかな…。

えーっと、内容の時代とは全然違う、近未来的な
アレは何と言うか・・・CGには違いないのですが、直線的で
う~ん? デザインの一種なのですが・・・
おおからすも出てきましたが、ロボットっぽいというか・・・

内容とは全くそぐわないのですが私はそれでも良いかと思いました☆
またいつか機会があったら、見てやって下さいね!

> あはは、きもだめし大会の効果でしたか。一部の映像のせいで楽しめなくなってはもったいないですもんね。
> 企画がmiriさんのお役に立てて嬉しいです♪

ハイ、有難うございます!
お陰さまです♪

> まあ、現実に犯人らしいひとが犯人ってことはないでしょうし、ある意味リアルだったのかもしれません。

ハイ、けっこうリアル感はありました。

> そう考えると、実際に事件を解決している人たちってすごいですね!

・・・それは現実の警察官の事ですネ?
本当に頭が下がりますが、くれぐれも冤罪のないようにお願いしたいですね!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -