映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-660  クロワッサンで朝食を

  1. 2015/01/09(金) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
Une Estonienne a Paris  (クロワッサンで朝食を)  2012年・フランス/エストニア/ベルギー



クロワッサンで朝食を




 
.


2015年1月9日(金)  イマジカ

監督 イルマル・ラーグ
主演 ジャンヌ・モロー (フリーダ 役) / ライネ・マギ (アンヌ 役)

感想
Je suis monstre? (私は怪物?)
途中でフリーダが聞くんですけど、仰る通り、
ジャンヌ・モロー、あんたは凄い、マジ怪物!!!


84歳の主演作品で、主演としては最新作になると思います。
まぁ世の中には84歳くらいで主演する人はけっこういるけど、
このヒトは、ちょっとやそっとのお人ではありませぬ。

う~ん、まぁお若い頃から美人というのとはちょっと違って雰囲気のある方でしたが、
この作品では多少その容貌は衰えていたけど、でもあの雰囲気は健在で、

ほとんどアパルトマンの中だけのお話なのですが、
1シークエンスだけ外を歩くところがあって、よれよれせずにさっさと歩くし、
そりゃ若者とは違うけど、これは全くパリジェンヌ ♪ でありました!

フリーダが着ていた衣装、全部ジャンヌ・モローの私服だそうです!!!
家事しないとは言え、誰も来ないのにキチンと化粧して、シャネルに身を包み、
ジャラジャラと首にも耳にも指にも、飾る飾る、ウザくない飾りですし・・・


なかなかこの女優さんの生き方と、このフリーダの役柄と
全く同じではもちろんないけど、
透けてリンクしてくるのは、私だけではない筈です。



もう一人のアンヌ役の女優さんも、多分エストニアの方?
私と同世代かちょっとお姉さんで、凄く魅力的な女性で、
他にご出演の映画作品はないようですが、
(きっと素人さんではなく、職業が女優さんなのだとは思うのですが・・・)
是非こういった普通の欧州の映画に今後もどんどん出て欲しいです!

監督のお母さんの実話らしいけど、きっと、その後も
彼女らしく生きたのだと思います☆
ステファンも素敵でしたよ・・・まぁ女優二人に比べるたら かすむけど、
彼がいなくては物語は進まなかったと思います。。。

エストニアって寒い国なのね~とか、巴里とは随分離れているのね~とか
お金のこととか、痴呆のこと、年をとるという事、子供と親の関係、愛人という言葉、
国による格差とか、色々と思いました・・・。


・・・そして、二人の女性の、世代や何やらの差を超えての、
ラストの「あなたの家よ」の言葉と、あのストップモーションにつながるこの映画は
上映時間も短いし、結構よくあるストーリーかもしれないけど、
ちょこっとずつ驚いても、あんまり大きな出来事もないし、
お若い方には、面白くない作品かもしれませんが、

ちょっと陳腐な邦題も
「巴里のエストニア女性」とかいう原題も、
私はどちらも良いと思いましたし・・・


ジャンヌ・モローだけの映画では決してないけど、
往年の彼女をお好きな方にはたまらない作品だと思いますし、
ちょっと疲れた中年にはピッタリな作品でした♪




追伸:あのお洋服を思うと、自分が毎日着ているモノは、洋服とは言えないと思いました。
もちろん家事はしますが、ちょっと根本的に考え直さなくてはならないと思いました。
フリーダだけではなく、アンヌも良い感じだったし・・・
そう、それは、いつもは全然思わないけど (先日の「イヴ・サンローラン」を見て以来ずっと思う事ですが)
「ファッション」って必要なのね~私も女なのだから。
と、そんな感じです。。。




<<5-663  野郎どもと女たち | BLOG TOP | 5-658  クレイジー / ビューティフル>>

comment

遅くなりました!

  1. 2015/08/27(木) 00:41:33 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんばんは
 調子は如何ですか

J・モロー、L・マギ、二人とも良かったです。
特に無名のL・マギーが、J・モローに堂々と立ち向かってたのは大したものでした。
ただ、激しいバトルが長く続くのかと思ってたので、意外とアッサリしてて
少し拍子抜けしたとも、ホッとしたとも複雑な気分。(笑)
(チラっとだけあらすじ見て、年配者のバトルを延々と見続けるのはキツイなと思ってた)
仰るとおりステファンも地味ながら大人の「男」で良いアクセントになってたと思います。

三国合作のせいなのか、パリを絵葉書みたいに綺麗に撮ってましたね。
(治安の余り良くない夜のパリを、女一人旅行バック引きずって歩くのはかなり危険だと思うけど。(笑))
只、これらはアンヌの心情が、まだまだ他所者感覚でいる描写なのかもしれません。
あのパリの朝日で、ここで生きていく覚悟を身に付けた新しいアンヌには、既に過去の世界になる風景という事なのかなと思ったりしています。

ちょっと「最強のふたり」女高齢者版の雰囲気もあるのですが、
女二人に男一人のフランス映画の雰囲気は、こっちの方に感じました。
インパクトは薄いけど、悪い作品ではなかったです。

Re: 遅くなりました!

  1. 2015/08/27(木) 13:09:37 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

この映画は今年の初めに見たのですが、けっこう覚えています。
あのいでたちに、あの「アデュ」怖かったですよね~!!!

>  調子は如何ですか

恐れ入ります。
例年に比べて早く気温が下がって来たので、
けっこう元気に過ごしています☆

鉦鼓亭さんもきっとお元気になさっていると存じます。
法事や町内会のイベント、全部無事に終わりましたでしょうか?
またゆっくりと映画館に行かれると良いですネ♪

> J・モロー、L・マギ、二人とも良かったです。
> 特に無名のL・マギーが、J・モローに堂々と立ち向かってたのは大したものでした。

ハイ、お二人とも良かったです☆
ジャンヌ・モローが好きでなくても、あの迫力には「ははー!!」っとまいりましたし、
アンヌ役の女優さん、とても素人さんとは思えないので
今後もヨーロッパ映画にでてほしいな~って思っています♪

> ただ、激しいバトルが長く続くのかと思ってたので、意外とアッサリしてて
> 少し拍子抜けしたとも、ホッとしたとも複雑な気分。(笑)
> (チラっとだけあらすじ見て、年配者のバトルを延々と見続けるのはキツイなと思ってた)

まぁ中高年以上の年齢の女性同士ですのでね・・・あのくらいでしょう。
若い頃で、男性の取り合いとかですと、ハードだったと思いますが(笑)。

> 仰るとおりステファンも地味ながら大人の「男」で良いアクセントになってたと思います。

あの方ね・・・フランス人の男性そのものでしたね~。

> 三国合作のせいなのか、パリを絵葉書みたいに綺麗に撮ってましたね。

あの街は本当に美しいのですが、
下記の通りに「心情を現わす」時にもよく遠景が使われると思います☆

> (治安の余り良くない夜のパリを、女一人旅行バック引きずって歩くのはかなり危険だと思うけど。(笑))
> 只、これらはアンヌの心情が、まだまだ他所者感覚でいる描写なのかもしれません。
> あのパリの朝日で、ここで生きていく覚悟を身に付けた新しいアンヌには、既に過去の世界になる風景という事なのかなと思ったりしています。

仰るとおりですネ~♪

> ちょっと「最強のふたり」女高齢者版の雰囲気もあるのですが、

??? 重みが違うというか・・・
こちらも監督さんのお母さんの実話らしいですけど、

あちらは、私は「ドキュメンタリー」を一緒に見てしまったので、
実物の方のご様子等が全く忘れられず・・・ちょっと違うと思います。

> 女二人に男一人のフランス映画の雰囲気は、こっちの方に感じました。

フランス映画の雰囲気・・・
「最強のふたり」は、別にフランス人でなくても、パリでなくても
現実にあの方が今も生きていらっしゃるので・・・と思います。

この映画は、3国合作ですが、全くのフランス映画でしたね~!
主演女優だけのせいではなく、あの田舎の道の場面から全部、フランス映画でしたね~!

> インパクトは薄いけど、悪い作品ではなかったです。

ほほほ・・・薄かったですか?
ではのちほど記事にお邪魔させて頂きますね~☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -