映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-655  阿修羅のごとく  /  -その他・最近見た森田監督作品のミニ感想

  1. 2015/01/05(月) 23:00:00_
  2. 森田芳光
  3. _ comment:2
阿修羅のごとく  2003年・日本



阿修羅のごとく




 
.


こちらの記事(森田芳光監督作品・・・あれこれ。)をアップしてから、2年半経ちます。
この2年半の間に見た、この監督作品のミニ感想を鑑賞順に書きます。

また、今後もこのような記事をアップできるように、
森田監督作品を、機会があれば見たいと思います♪



☆ わたし出すわ ☆ 2009年作品 
2012年10月 チャンネルネコ 
主演 小雪

ミニ感想
面白かった!
森田作品中でも私にとっては、上の方。
最後に全部わかって、単純に愛して欲しかっただけの子供の話。

あとはやっぱり「大金の使い方が人をあらわし、人生を決める」ということ。
小池の役柄が痛快。
殺人は不要だったような気がする。

小雪だから、美しいから、あんな服装でも映える!



☆ 椿三十郎 ☆ 2007年作品 
2013年5月 BS3
主演 織田裕二

ミニ感想
奥方のイメージを返せ! ばかやろー!!!

まぁ役者の力量も違うし、仕方ないけど、
(今までも見るチャンスはあっても見なかったけど) 監督が死んだから、見たくなって見た。
馬鹿にされても作って良かったとは思うけど、出来は中の下かな?残念。

カラーになって、椿の美しいことだけが良かったかな?
ラストの斬りあいは、スローにしない方が良かったと思います!

監督を思い出して見て、それで良いと思います。
誰も 「悪くしようとしたのだ」 とは思いたくないから。



☆ ときめきに死す ☆ 1984年作品 
2014年4月 日本映画専門チャンネル 
主演 沢田研二

ミニ感想

う~ん、まぁ30年前に見ていれば、斬新で、ある程度というか・かなりドキドキして
色々と思ったのだと思うのですが、今さら感の強い作品で、何ともね・・・

まぁ森田監督的に、当時、アイドル映画 (「メイン・テーマ」とかね?) の他に、
こういう作品を撮っていたのは良かったように思います☆



☆ 僕達急行 A列車で行こう ☆ 2011年作品 ご遺作です
2014年10月 チャンネルネコ
主演 松山ケンイチ

ミニ感想
ゆるいから(ゆるいけど) これが遺作で 良かったね
みどりに映える 黄色い(A)列車

こんな感じですわ。
エンドロールの最後の、直筆「ありがとう」に泣けそうでした。
やっぱ早すぎるわ・・・。

この映画については、「間宮兄弟」は嫌だったんだけど、それによく似ていて
というかホトンド同じで、好きなモノが違うだけ?
でもこっちが好感なのは、役者が違うからだと思います。

鉄、という人にも色々といるんだって勉強になったし、
男性にもいろんな人がいるって分かって面白かった。(特に、再婚断るお父さんが・笑)

九州の人間関係が、ちょっとうまく出来過ぎだけど、まあ仕方ないか?
娯楽映画なのでこれで良いと思います。
鉄に限らず、自分の趣味を広げられすぎる現代は、結婚は難しい時代かもね?



☆ 阿修羅のごとく ☆ 2003年作品 
2015年1月5日(月)  チャンネルネコ
主演 う~ん、もしかしたら仲代達也かもね~??? いや、やっぱ八千草薫でしょう、決まり♪

ミニではない感想

向田邦子って昔からいまひとつ好きではないのですが、
テレビドラマはいくつかチラチラ見ました。
この作品のテレビ版も、見たような気がしますが・・・忘却の彼方です。

この作品は、まぁまぁ良かったですが、
いくつか小さな「ご都合の良い点」があってその辺りが気になって仕方なくなると
どうにもいけませんが、あまり気にならないなら大丈夫でしょう。。。

小さなご都合の良い点とは主に、
紺野美沙子・木村佳乃の役柄の方々が、途中で寿退出なさる点と、
(紺野は、どうしてこう生活感がないのか? ミスキャスト / 木村は、なまめかしすぎる!)
四女の子供の事(誰に預けているのか?あの頃今ほどそういう場所はなかった筈)
の2点ですが、脚本が筒井ともみね・・・仕方ないかな???

ちょっと気にしていても、あのエンドロールをあの歌とともに聞いて見ていると
ま、いいか、という感じで???

一番見たかった(CMで何回も見た)
かおり と 大竹しのぶ の 戦いですが、
短時間にもの凄かったです(笑)


いつもは反対の役柄なのでね・・・(笑)。
凄いわ、二人とも、しかし取りあうのがあの男では(失礼!)説得力無いけど
男は見た目ではないですからね~。。。

次女は美しい黒木瞳で、まぁイイんですけど、夫が小林薫って出来過ぎ(笑)。
まぁ自分の立場的には近いかもしれませんが
あまり感情移入は出来なかった(笑)。

三女の深津絵里は役得で女優魂って感じもなくはなかったけど
もうちょっと見た目の悪い女優の方が、四女との対比が出来たような気がしましたが、
(ハル)の主演では仕方ないか・・・。
夫になる獅童君は、この家にふさわしい感じがしました。

四女の深田恭子は、いかにも末っ子な感じをそれらしく演じていましたね~。
まぁあの程度で良いのではないでしょうか?
夫役の方は申し訳ないけど知らなくって・・・寝てる演技も大変だと思いました。

仲代達也が、遊園地で四つのエアプレインを見ているのは四姉妹だからかな~?
獅童の正攻法に笑いだすところなんか感じ良かったです。

八千草薫の役柄は、ちょっと説明不足だったけど、
あの倒れる瞬間の演技だけで、他の人を喰ってしまいましたからね~(笑)。
(新聞の件は、思った通りでした)

今後もいろいろとありそうで面白い奴らでした。
昭和54年1月からの2年ちょっとのお話でしょうか・・・
自分が知っていた時代ですが、当時はまだ年齢も若かったので
こういう世界とは関係なかったし・・・

それでも「女は阿修羅だなぁ~」のあの言葉にたどり着く感じを
女性なら楽しんで、男性陣はちょっとキョーフして?
2時間ちょっと森田ワールドに浸るのも良いかもです!

やっと見られて嬉しかったです♪
(あのCM以来、見たかったので・・・)




<<5-656  ラスト・クリスマス | BLOG TOP | 5-654  ピンクの豹>>

comment

  1. 2015/01/07(水) 13:55:41 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>(森田芳光監督作品・・・あれこれ。)をアップしてから、2年半経ちます。

もう2年半ですか…。時が経つのは早い!
彼の監督作品は案外少ないんですね。
これからもゆっくり楽しんで下さい。

「椿三十郎」のリメイクは、オリジナルを見ているとまったく楽しめませんよね。
いちおう忠実に作ってるんだろうけど、だからこそ俳優の力量差が目立ってしまうというか…。
あの奥方を演じられるのは、オリジナル版のあの方だけだと思います。

>誰も 「悪くしようとしたのだ」 とは思いたくないから。

そうですね、なにも狙ってこうなったわけじゃないですしね。カラーの映像を楽しむだけでもいいかもしれません。

************

miriさんの方は、一日1本上手くいってますか~。
私は相変わらず気まぐれに見たり見なかったりが続いてます。
まあ、去年より増える事はないでしょう(笑)

あと、独学で頑張ってらっしゃる事の方も順調のようで良かったです。
やはり何事も楽しんでやるのが一番ですね。miriさんはそういう才能を持ってると思いますよ。

ところで、ギャレリアのブログパーツなんですが、どうやらfirefoxだと上手く動かないみたいです。あれこれ試したけどダメでした。
firefoxの方で対応してくれるといいんですけどね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2015/01/07(水) 14:40:24 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>>(森田芳光監督作品・・・あれこれ。)をアップしてから、2年半経ちます。
>もう2年半ですか…。時が経つのは早い!
>彼の監督作品は案外少ないんですね。
>これからもゆっくり楽しんで下さい。

ハイ、あんまり多くないので(けっこうビックリです)
もう増えないので、ゆっくりと楽しみたいです☆

>「椿三十郎」のリメイクは、オリジナルを見ているとまったく楽しめませんよね。
>いちおう忠実に作ってるんだろうけど、だからこそ俳優の力量差が目立ってしまうというか…。
>あの奥方を演じられるのは、オリジナル版のあの方だけだと思います。

奥方様以外のことは、「まぁしゃーないな」程度で
済ませようと思えば出来るのですが、
やっぱ“私の奥方”を、返してほしいのです(笑)。

>>誰も 「悪くしようとしたのだ」 とは思いたくないから。
>そうですね、なにも狙ってこうなったわけじゃないですしね。カラーの映像を楽しむだけでもいいかもしれません。

ハイ、椿の色だけは、素晴らしかったです♪

************

>miriさんの方は、一日1本上手くいってますか~。
>私は相変わらず気まぐれに見たり見なかったりが続いてます。
>まあ、去年より増える事はないでしょう(笑)

お互い、自分のペースで楽しみましょうネ~♪

>あと、独学で頑張ってらっしゃる事の方も順調のようで良かったです。
>やはり何事も楽しんでやるのが一番ですね。miriさんはそういう才能を持ってると思いますよ。

ほほほ・・・そんな事言われたのは初めてです☆
本当に優しいお方で・・・有難うございます♪

>ところで、ギャレリアのブログパーツなんですが、どうやらfirefoxだと上手く動かないみたいです。あれこれ試したけどダメでした。
>firefoxの方で対応してくれるといいんですけどね~。

あ、私のPCのせいではなかったのですネ?
朝にいくつかの真宵ちゃんを見ましたが、色々と試して下さり、本当に有難うございました。

************

>発売予定は今年の秋という事ですが、最初はバグなども多いので、今あるパソコンが使える間は1年くらい様子見した方がいいかも。

ハイ分かりました。 大切に使って
何とか来年の後半か・さ来年まで持たせたいと思います☆

>「ロード・オブ・ザ・リング」の方も一挙放送してましたが、そちらも録画しましたか?

こちらは気が進まずに録画しませんでした・・・良い予感だったかも~?(笑)

>あれ、ドキュメンタリーなんてやってましたっけ!?
>映画じゃなくてTV番組でしょうか。…見逃してしまいました。
>よかったらタイトルを教えて下さい。

映画です☆
私の3日の記事の「イヴ・サンローラン」とか、
明後日に記事をアップする予定の絵画コレクター夫妻の話、
あともう1本はチラッと見ただけですが、お嫌いなバレエの話のようでした。

深夜のオンエアだったのでね~。 
もし再放送があったら、もし良かったら(バレエ以外の2本は)是非~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -