映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


“光と色のドラマ  新印象派” を 見に行って来ました☆

  1. 2014/12/09(火) 04:55:00_
  2. 好きな事・モノ
  3. _ comment:2
先日、強風の日に
“光と色のドラマ  新印象派”を 見に行って来ました☆


テレビ番組「美の巨人たち」で 見た絵を見たかったからです。



今回の宣伝です(廻し者ではありませんが・・・笑)。

http://neo.exhn.jp/exhibition/
宣伝




 
.


風がとても強かったのですが、その日しかなかったので、行きました。
平日だったので、すごく すいていて楽々見られました。

「新印象派」といっても、「印象派」の終盤から、「フォーヴィスム」のはじまりまで、
20年以上の期間の絵画を展示してあったので、
最初と最後では全然違う絵ですし、
点描の「新印象派」だけを見に来たつもりだったので、ホントにビックリしました(笑)。
(難しい事は分かりません・笑)

「フォーヴィスム」のコーナーには、幼稚園児が描いたのか?と誤解するような絵もありました(笑)。
私は「印象派」の絵は、いまひとつ好きではありませんが、
点を丁寧に塗ってゆく「新印象派」は、何故か好きで・・・
「美の巨人たち」でシニャックさんの特集を見て、どうしも見たくなりました。



********************************



以下、絵画のサイズはそれぞれ全く違いますが、
この記事的に見やすいサイズに統一してアップしてあります。
それぞれの絵画の詳しい事は、ネットで簡単に検索できますので
お許しくださいませ。



今回のチケット等に使われている絵です。
ジョルジュ・スーラ作 
「セーヌ川、クールブヴォワにて」 
1885年 個人蔵
流石に美しかったです♪

新印象派





こちらが私の一番見たかった絵です。(チラシ等に使われている絵です)
ポール・シニャック作
「髪を結う女、作品227」
 1892年 個人蔵
プロポーズの絵に「団扇」が描かれてあって、ホント見られて良かったです!

髪を結う女





こちらは点描なのに一瞬「普通の絵かな?」と思うような感じでした。
ジョルジュ・モレン作
「日没」 
1891年 個人蔵
近づいてやっと点描が分かる感じでした☆

日没





こちらの絵は分割された形で展示されていました。
(この絵を分割したわけではないと思いますが?)
ジョルジュ・スーラ作
「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
 1884年~86年
こちらは有名なので、小さく展示してあるのが不思議でした・・・多分模写でしょうね???

スーラ





点描、絵の具を混ぜない、1つずつの色を・光を・取り入れる・・・
そこにこだわる新印象派は、パレット上で絵の具が混ざらない状態になっています。
こちらはポール・シニャックのパレット実物です。
スーラさんのも同じようなパレットでしたが、綺麗に保存してあって素晴らしいと思いました。

パレット





今回は個人蔵の作品も多く展示されています。
あべのハルカス美術館の後、東京都美術館での展示もあります。

色を混ぜない、点を丁寧に塗ってゆく・・・
ちょっと変わった画法の“新印象派”
機会があれば是非、ご自身の「目」で見て下さいね~☆






****************************





おまけ:美しいツリーに こちらのキャラ(あべのべあ)が乗ってて可愛かったです♪

あべのべあの乗ったツリー




<<5-639  草原の野獣 | BLOG TOP | 5-637  脱走特急 >>

comment

  1. 2014/12/09(火) 07:31:01 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
楽しまれたようで良かったです♪
こういうのはすいている方がじっくり観られていいですよね。
画面越しに観るのと実際に見るのとではぜんぜん違うんだろうな~。
印象派とか新印象派とかよくわからないですけど、こういう明るい色使いはお日様のあたたかさを感じて好きです。

>ポール・シニャックのパレット実物

パレットなのにすごくキレイ!!!
いやぁ、新印象派は几帳面な人が揃ってるんでしょうか。私が昔使っていたパレットなんて…(笑)
色を混ぜないからこその透明感なのかなぁ。
興味深いものを見せていただいてありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/12/09(火) 13:24:09 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 楽しまれたようで良かったです♪
> こういうのはすいている方がじっくり観られていいですよね。

有難うございます。
美術館にはホトンド土日にしか行けなかったのですが、今回は平日で良かったです☆
じっくり・・・どころじゃなかったです(笑)。すかすか(笑)。

> 画面越しに観るのと実際に見るのとではぜんぜん違うんだろうな~。

う~ん、経年が凄いのでね~。
テレビの方が「美しく魅せ」ますよね♪

でも、「本物」は、たとえ薄ら汚れていても(笑)
何かしら訴えかけてくるモノがあるから、素晴らしいのでしょうね~。

> 印象派とか新印象派とかよくわからないですけど、こういう明るい色使いはお日様のあたたかさを感じて好きです。

印象派は、超・簡単に言うと、普通に描いたボヤーっとした絵です(笑)。

新印象派は、全然違うのですよね・・・
点をいくつも塗ってゆくのですが、その時に正反対の色(色のサークルの向い側)を
横に挿すと光り輝いて見えるようになるのです♪

暗い色目や内容の絵もありますが、どこかしら陽が差すような
何とも言えない感じがあるのですよね・・・

> パレットなのにすごくキレイ!!!
> いやぁ、新印象派は几帳面な人が揃ってるんでしょうか。私が昔使っていたパレットなんて…(笑)
> 色を混ぜないからこその透明感なのかなぁ。

ハイ、几帳面かどうかは知りませんが、
何というか、混ぜない、隣に挿す、というのが透明感の出る秘訣のようですので、
こういう感じのようですね~。

宵乃さんのパレットは、きっと青春の何枚もの絵を描くお手伝いをしたのでしょうね~。

> 興味深いものを見せていただいてありがとうございました♪

いえいえこちらこそこの記事を読んで見て頂いて
コメントを本当にありがとうございました♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -