映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-420  マイケル・ジャクソン THIS IS IT  /  5-415  ヒッチコック

  1. 2014/07/17(木) 22:30:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:9
何かと話題の2作品を見ました。

THIS IS IT (マイケル・ジャクソン THIS IS IT) 2009年・アメリカ

HITCHCOCK (ヒッチコック) 2012年・アメリカ



マイケル・ジャクソン    ヒッチコック




 
.


THIS IS IT (マイケル・ジャクソン THIS IS IT) 
2009年・アメリカ

2014年7月17日(木)  BS3

監督 ケニー・オルテガ
主演 マイケル・ジャクソン

感想
「ゴジラ」と同じと言っては申し訳ないけど、私はこのヒトのことは
もちろん知ってはいるけど、ちゃんと歌を聞いたことはあんまりなくて
ほぼ初見でした♪

映画を見る事を再開した年の、その3ヶ月後に、亡くなってしまって、
その時もいろいろな映像を見たけど、ブルッキーがお葬式で話しているのが
一番印象的でした、すみません。

今回、長い間・置いておいたBS3の美しいオンエア映像、
BDに保存したのを見ましたが、本当に素晴らしい作品でした。

ちゃんと知っていたのは超有名なあの2曲と、子供の頃の映像だけでしたが、
ジャクソン5の映像は、短かったけど、さすがに胸を打ちましたね~。
超有名な2曲も、今までに聞いた中で一番良かったです☆
(初めて聞いた多くの曲も、本当に聞き入ってしまう、良い曲で、美しい歌声でした)

何が素晴らしいって、この多くのスタッフ達が皆、「彼を愛しているのだ」ということが
言葉でももちろん言っていたけど、見ていて自然と心に入ってきたことです。
お金やキャリアも魅力的だったと思います、でもそれだけではない、決して
彼と働いたから自慢できるのではなく、彼と働ける事が幸せなのだと。

そして地球を愛する気持ちが、上映予定だったあの映像で(言葉でも言っていたけど)
ハッキリと伝わってきましたね~!
こんな人だとは思っていなかったので驚きです!

・・・でも、どうして? そんなに地球を愛するなら、スタッフを愛するなら
(スタッフとは両思いだと分かっています・・・人種も年齢も性別も問わず)

どうして「自分の入れ物である身体」を、大事にしなかったの???
もう少しで良いから大切にしてほしかった。。。

きらびやかな本番のステージの映像はもっと良かったのかもしれないけど
(バンプのライブ映像でもファンの声が入るのはいまいちだと思っているので)
私はこの普段着の、練習の、観客の入らない、

最高のダンサー、シンガー、パフォーマーの皆さんと
演出の方、大道具小道具等の方々、お衣装の皆さん、
メイクアップアーテイストには日本人らしき お顔もありましたね、

この皆さまとの、真剣な練習の日々を映したこの映画が、
彼らへの何よりものプレゼントだろうと思うし、
世界中のマイケルのファンの為にも良かったと思うし、
彼をほぼ知らなかった私なんかにさえも、深い・温かい思いを残してくれました。


「ありがとう、マイケル!」  と、呼ばせてね☆


エンドロールには 涙 、困りましたわ、ほほほ、こんなはずでは・・・ほほほ。。。
最後の最後まで早送りもせずに聞きいる歌、やっぱ うまいと思います♪
さいごのひと芝居もマジ良かったです☆



*********************************



HITCHCOCK (ヒッチコック) 2012年・アメリカ

7月13日(日)  レンタルBD

監督 サーシャ・ガヴァシ
主演 アンソニー・ホプキンス

感想
この作品は、奥さんの為に作られたんでしょうか?
いわゆる不愉快感、私的にはすっごくありました。

ハッキリ書きますけど、
グレース・ケリーが、この監督と、そういう関係になって、小国とはいえ
「王族」に 平気な顔して嫁ぐ事が出来たと思いますか~?
私は、この監督はそういう人ではなかったと思うし、
女優たちも (ほとんどの人は) そんなことはなかったと思います。

そういうわけで、この映画は、なんとなく「・・・」な感じでしたが、
ヒッチさんは「サイコ」に限らず、どの作品もその時代の最高の技術を使って
一所懸命に作ったであろうし、

会社が お金儲けが出来ない作品を公開できないのは当たり前だし、
映倫が 多くの人に見せられないモノはOK出来ないでしょうし、
そんな事をいちいち映画にすることなかったんじゃないの?って思いました。

ホプキンスさんは、うまいけど、不自然に太って、いまいちでした。
ヘレンさんは怖いので、この作品ではそれが増して、もういや~!って感じでした。

5年くらい前にヒッチさんのドキュメントを見たのですが こちらの作品

  ↑2014年7月28日追記
  DVDが見つかって(普通に50音順になっていた・笑)再見しました。
  このリンク先の作品ではありませんでした。 どうもすみません。

  「プレミアム8 シリーズ巨匠たちの肖像 ヒッチコック《サスペンスの深層》」
  NHK教育テレビ(現:Eテレ)でのオンエアでした。

  内容は↓の3行と全く同じではないけど、
  まぁそういう感じではありました。


奥さんがまだ生きていらした頃に撮られた映像も含めて作られた作品で、
娘さんも含めて すっごく良い家族だと思いましたし、
ヒッチさんが何故恐怖映画ばかり撮るのか?とかも 詳しく説明していました。

映画にするなら、
あのドキュメントを上回らないといけなかったように 私は思いました。
録画保存してあるのですが、埋もれてしまい、見つけられなかったので、
いつか見つけて再見します(笑)。

そんなわけで、公開時から気になっていた作品だったけど、
もちろん撮影所やお家、浜辺、等々、セットなどは素晴らしかったし、
配役の皆さん(特にヨハンソンちゃん)は、すっごく良かったですよ~。

でも、肝心のヒッチさん自身の人間ドラマが、いまいちで、
どっち向いているの?っていう感じだったので、私はこの映画は好きではありませんし、
この映画を作った監督が、ヒッチさんをどうしたかったのかな?って思うと、
恐ろしいモノを感じました。

映画館に見に行かなくて、本当に良かった(笑)。




<<(3-30)  告発の行方  (2回目) | BLOG TOP | (2-36)  青春デンデケデケデケ  (2回目) >>

comment

  1. 2014/07/18(金) 15:09:50 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>彼と働いたから自慢できるのではなく、彼と働ける事が幸せなのだと。

ですね~、わたしもほとんど彼の事を知らないけど、本当にみんなに愛されていて、彼も歌やこの世界やみんなを愛していたんだなぁと思いました。

>どうして「自分の入れ物である身体」を、大事にしなかったの???

詳しくはないけど、自分ではどうしようもなかったんじゃないでしょうか。
虐待とか病気とか事故とか裁判とか色々あったみたいだし。
心の問題って意思の力でどうにかなるものじゃないですし。

「ヒッチコック」はあまりよくなかったですか~。
ホプキンスは好きだから気になるところですが、ヒッチさん自身にはとくに興味ないから観なくてもいいかな?

「フィフス・エレメント」はわたしは思いっきり肩すかし喰ったタイプです(笑)
あんなにCMしてたのにね~。内容もさっぱり思い出せない…。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/07/18(金) 19:06:54 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ですね~、わたしもほとんど彼の事を知らないけど、本当にみんなに愛されていて、彼も歌やこの世界やみんなを愛していたんだなぁと思いました。

宵乃さんと同じに感じられて、嬉しいです☆

> 詳しくはないけど、自分ではどうしようもなかったんじゃないでしょうか。
> 虐待とか病気とか事故とか裁判とか色々あったみたいだし。
> 心の問題って意思の力でどうにかなるものじゃないですし。

そうですか・・・残念ですネ~。

> 「ヒッチコック」はあまりよくなかったですか~。
> ホプキンスは好きだから気になるところですが、ヒッチさん自身にはとくに興味ないから観なくてもいいかな?

ホプキンスさんだから期待したんですけど、なんというか変に太って・・・
私は宵乃さんと反対でヒッチさんが好きだからこそ許せない描写が多くて・・・
まぁ機会があってお時間があれば。。。

> 「フィフス・エレメント」はわたしは思いっきり肩すかし喰ったタイプです(笑)
> あんなにCMしてたのにね~。内容もさっぱり思い出せない…。

コマーシャルって全然知らないのです(笑)。
初めて知って見たので、何の先入観もなくて良かったのかも?
再見なさるほどではないと思いますので(笑)。


.

  1. 2014/07/18(金) 21:52:44 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!(^^♪
僕は単純にサイコの製作にまつわる過程が
見れて楽しめました!

けど、言われると監督や周りの人たちの予備知識が
あれば見方は変わったかもしれません。奥さんの為に作られた?
とも思えますね、、(^▽^;)

>ホプキンスさんは、うまいけど、不自然に太って、いまいちでした。

あれほど太ってなかったんですね!
「もっと動こうよ~」なんて思いながら見てましたので(笑)

>もちろん撮影所やお家、浜辺、等々、セットなどは素晴らしかったし、
>配役の皆さん(特にヨハンソンちゃん)は、すっごく良かったですよ~。

ヨハンソンは本当に良かったですね!この映画の彼女は
かなり好きでした!!(^^♪

マイケルジャクソンは本当に素晴らしいアーティストだったと思います!
学生時代にコンサートも行きましたし、かなり好きでした!!(^^♪

こうして彼のことを語り継げる映画が出来たのは良かったと思います!!

>どうして「自分の入れ物である身体」を、大事にしなかったの???
>もう少しで良いから大切にしてほしかった。。。

この件に関してはそうですね!彼は白人への憧れが凄く強かった
そうで、肌の色がコンプレックスだったと聞いてます。確か、彼は親に愛されてないと
思ってたので変えることに抵抗は無かったんでしょうね。。。

噂など、色々ありますので本当のところは解りませんが、
華やかですが、寂しい人生だったのでは?と思ってます。

歌とダンスだけであそこまで人を惹きつけるスターはいないでしょうね!!(^.^)

take51さん、こんにちは☆

  1. 2014/07/19(土) 13:36:40 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 僕は単純にサイコの製作にまつわる過程が
> 見れて楽しめました!

それは良かったですネ~♪

> けど、言われると監督や周りの人たちの予備知識が
> あれば見方は変わったかもしれません。奥さんの為に作られた?
> とも思えますね、、(^▽^;)

まぁ私はそうだっただけで・・・すみません。

> あれほど太ってなかったんですね!
> 「もっと動こうよ~」なんて思いながら見てましたので(笑)

ヒッチさんは太っていたのですが、ホプキンスさんが似合わなくて嫌だったのです(笑)。

> ヨハンソンは本当に良かったですね!この映画の彼女は
> かなり好きでした!!(^^♪

「サイコ」のあの女性を、すごく上手に演じていましたね~☆

> マイケルジャクソンは本当に素晴らしいアーティストだったと思います!
> 学生時代にコンサートも行きましたし、かなり好きでした!!(^^♪

あ、そうだったんですか!
それはそれは、初心者の感想を読んで頂いて恥しいです(笑)。

> こうして彼のことを語り継げる映画が出来たのは良かったと思います!!

本当にそう思います。
初心者から、年季の入ったファン、また、本人を知る人など
どなたが見ても、それぞれの立場で楽しめそうですね~☆

> この件に関してはそうですね!彼は白人への憧れが凄く強かった
> そうで、肌の色がコンプレックスだったと聞いてます。確か、彼は親に愛されてないと
> 思ってたので変えることに抵抗は無かったんでしょうね。。。

そうでしたか・・・

> 噂など、色々ありますので本当のところは解りませんが、
> 華やかですが、寂しい人生だったのでは?と思ってます。

そうですね、本当のことは分からないですネ~。

> 歌とダンスだけであそこまで人を惹きつけるスターはいないでしょうね!!(^.^)

ハイ、初めてでもまいってしまいますよね~!
長年のファンのtake51さんのお言葉は、とっても重いです~♪
またお話しましょうネ~。


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/20(日) 07:42:57 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/20(日) 07:52:17 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/24(木) 21:47:37 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/25(金) 10:10:09 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/07/25(金) 16:04:58 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -