映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-383  トロイ

  1. 2014/06/18(水) 22:30:00_
  2. ウォルフガング・ペーターゼン
  3. _ comment:6
TROY  (トロイ)  2004年・アメリカ



トロイ




 
.


2014年6月18日(水)  ムービープラス 

監督 ウォルフガング・ペーターゼン
主演 ブラッド・ピット  (アキレス 役)

感想
面白かったです、普通に。

私は史実とか神話とか、こういう映画の場合は、そういう事にホトンド
こだわらないので、単純に「映画」として見て、良かったです☆

もう10年も前の作品なのですね・・・
テレビで宣伝を見て「見たいな~」って思ったことは覚えています。

・・・それにしてもね、オーランド・ブルーム君の役柄がね・・・(パリス王子)
残念なんて言うモノではなく、自分だって愛してはいけない人を愛したのに、
他人さまの「そういう場面」を 壊してよくもまぁあんなことできましたよね~!
もともと、お前のせいだ、つーの!!!(笑)
(「エリザベスタウン」の良いイメージがあるので、腹が立って仕方なかったです・笑)

この映画のお話の筋が、
ひと目で好きになった恋人たちの事で 始まり終っているので、
何となく史実か神話か分からないけど、今まで知っていたような?
思いこんでいたような事が、色々と細かく言えば違うんだな~?と思ったりして。

でも、そういう映画で良かったと思います。
もしもトロイという都市を、あの木馬らしきモノで滅ぼした話、と
いう感じで進めるとしたら、ちょっと失笑的なところがあるからね(笑)。

そうなんですよ~あの木馬らしきモノ、想像していたのや
宣伝で見たイメージと違うんで驚きました。
あのサイズに、あんなにいっぱい人間が入れる???
中にいるとき、いったいぜんたい、どういう恰好しているの???
(もちろん、門を開けて多くの兵士が入ってきた事は、分かっていますよ~)

監督さんよく知らないけど、「ネバーエンディング・ストーリー」は見ました。
(子供が一晩帰らないのに親が騒がないし、酷いラストで・笑  好かんです)
なんかご立派な方のようで、今後も機会があれば見たいと思います。

俳優さんは主演の人や色々と皆良かったですけど、
あの可愛いの誰?と思ったらベートーベンの弟子で、ビックリ仰天!
役柄でイメージが違いすぎます(笑)。
ピーター・オトゥールさんの王様もよく似合って、死に方に涙・・・。
ジュリー・クリスティって、アキレスのお母さんだったんだね! 心寄せました☆

・・・こうして人間は、太古の昔から
愛して、戦争して、殺して、また生まれて、そういう繰り返しで生きてきたんだね!
従兄弟くんの顛末から、好感ヘクトルの死の後までが、泣かせる作りになっていて、

でも、結局、パリスとあの女は逃げて、
アキレスと彼女はそうやって終ったんだね~。。。

サーッと見て、あんまり深く考え込まなければ
良い娯楽(歴史風・戦争風・恋愛風)作品だと思います☆





<<5-384  サブウェイ123 激突 | BLOG TOP | 5-382  ディズニ―ネイチャー / 花粉がつなぐ地球のいのち>>

comment

  1. 2014/06/20(金) 14:46:38 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
観たという記憶しか残ってません(苦笑)
肝心の木馬も思い出せないし、なんかガッカリしたような?
オーランド・ブルームが出てたとは気付きませんでした。

>「サブウェイ123 激突」見ました。
お話の内容も人物の設定も現代風にしてあって、この監督らしいスピード感や、あの映像の感じや、全体的な美しさや、そういうとこはいっぱい良かったのですが、どうにもこうにも終盤の主人公の行動の綺麗事さ加減が・・・俳優達も ちょっとね~。

大体同じ感想ですね。良く覚えてないけど終盤になるまでは記事を書くつもりだった気がします。
あと、わたしの感想文には賄賂の事が書かれていて、罪を認めたのは犯人に話を合わせるためともとれるから、確定したわけじゃないよなぁと思ったみたいです。

宵乃さん、おはようございます☆

  1. 2014/06/21(土) 06:44:09 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> 観たという記憶しか残ってません(苦笑)
> 肝心の木馬も思い出せないし、なんかガッカリしたような?
> オーランド・ブルームが出てたとは気付きませんでした。

再見なさるほどでもないと思いますので(笑)。
木馬は見て頂きたいような・・・
オーランド・ブルーム君と言えば「エリザベス・タウン」なのに
今後はこの映画のバカ王子が目に浮かびそうで、マジ情けないです(笑)。

> >「サブウェイ123 激突」見ました。
> 大体同じ感想ですね。良く覚えてないけど終盤になるまでは記事を書くつもりだった気がします。

ハイ、終盤、地下鉄職員が警察以上の刑事になってしまった
瞬間までは、私も大好感でした。
同じように思って下さったと思います☆

> あと、わたしの感想文には賄賂の事が書かれていて、罪を認めたのは犯人に話を合わせるためともとれるから、確定したわけじゃないよなぁと思ったみたいです。

わいろの件は、少年の命を助けるための嘘だったのだと思います。
たしか市長?か誰かとその話をしていたので、うまくおさめるとか何とか・・・
あの場合、誰でも嘘つきますよね~(笑)

さて、今日はどんな映画に出会えるでしょう?
お互い良い日になりますように~♪


.

個人的に大好きです♪

  1. 2014/06/21(土) 20:37:53 |
  2. URL |
  3. nor
  4. [ 編集 ]
当時、歴史スペクタクル大作モノが流行っていましたよね。
他にコリン・ファレルの「アレキサンダー」、キーラ・ナイトレイの「キング・アーサー」、
オーランド・ブルームの「キングダム・オブ・ヘブン」。
あとSFが少し入りますが「タイムライン」ってのも中世ヨーロッパ(100年戦争)にタイムスリップして戦ってました。

>サーッと見て、あんまり深く考え込まなければ
>良い娯楽(歴史風・戦争風・恋愛風)作品だと思います☆

歴史の勉強って訳ではないですけど、
その時代、時代の風景(色んな意味で)が観られて、
ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえますよね♪
ま、いつの時代も恋愛と争いばかりですけど(笑)

歴史大作モノの次に流行った神話モノは微妙でした・・・
「パーシー・ジャクソンとタイタンの戦い」


それにしても紀元前数千年の頃の伝説?から、
今現在でも使われる言葉として残っているのって凄い事ですよね。
”アキレス腱”と”トロイの木馬”
他にも「300<スリーハンドレッド>」の頃から生まれた”スパルタ教育”とか。

Re: 個人的に大好きです♪

  1. 2014/06/22(日) 06:59:31 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
norさん、こちらにも有難うございます☆

> 当時、歴史スペクタクル大作モノが流行っていましたよね。
> 他にコリン・ファレルの「アレキサンダー」、キーラ・ナイトレイの「キング・アーサー」、
> オーランド・ブルームの「キングダム・オブ・ヘブン」。
> あとSFが少し入りますが「タイムライン」ってのも中世ヨーロッパ(100年戦争)にタイムスリップして戦ってました。

当時は、一番映画を見られなかった頃で、
書かれている映画は全部、この数年間に初見しました。
norさんは思春期? ・・・もっと小さいお子さんの頃かしら~?
こういう感じの映画がお好きなのですね~?

> 歴史の勉強って訳ではないですけど、
> その時代、時代の風景(色んな意味で)が観られて、
> ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえますよね♪
> ま、いつの時代も恋愛と争いばかりですけど(笑)

ハハハ・・・最後の行、仰る通りで(笑)
でも、ホント、こ難しく考えずに、タイムスリップ気分を味わえて良いですよね~☆

> 歴史大作モノの次に流行った神話モノは微妙でした・・・
> 「パーシー・ジャクソンとタイタンの戦い」

未見ですが、ほぼ悪評しかないですよね~。
機会があっても見ないかも(笑)。

> それにしても紀元前数千年の頃の伝説?から、
> 今現在でも使われる言葉として残っているのって凄い事ですよね。
> ”アキレス腱”と”トロイの木馬”
> 他にも「300<スリーハンドレッド>」の頃から生まれた”スパルタ教育”とか。

ハイ、仰る通りで、日本語も色々あるようですが、
遠いお国の言葉が、全世界で残っているのは、マジ凄いです!
norさんの「トロイ」の記事、後ほどお邪魔させて頂きますね~!

コメントを2件、有難うございました。
お互い、今日も、良い1日になりますように~♪


.

こんにちは

  1. 2016/12/02(金) 10:49:40 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
>サーッと見て、あんまり深く考え込まなければ
良い娯楽(歴史風・戦争風・恋愛風)作品だと思います☆

おっしやる通りですね。

>でも、結局、パリスとあの女は逃げて~

原作の「ホメロス」では、生き延びたヘレネでしたがメネオラス(パリスの兄さんに殺されていない)に捕まり、彼女を殺そうとするけれど、ヘレネの美しさにやめてしまい結構仲良く最後まで暮らすんですよねぇ~。
映画でのヘレネの扱いは、まっこと身も心も美しき女性となっているのが解せなかったです。
さては監督もヘレネの美貌にしてやられたのかな!?(笑)

プリアモス王を演じていたピーター・オトゥールはさすがでしたね。

アキレスの従兄弟くんも原作ではちょっと違う描き方で、親友でありながらもっと深い関係だったようです。引き回すあれだけの激怒はやりすぎと思っていたから納得できましたが・・・。

午後に「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」を観に行こうか迷っています。
確か、miriさんは主演女優さんがお嫌いだったと記憶していますが・・・。



しずくさん、こんにちは☆

  1. 2016/12/02(金) 14:51:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

「トロイ」の記事をアップされた事、知っていたのですが
もうなかなか記憶に遠く(笑)失礼いたしました☆

> >サーッと見て、あんまり深く考え込まなければ
> 良い娯楽(歴史風・戦争風・恋愛風)作品だと思います☆
> おっしやる通りですね。

深く考え込むと、いろいろと・・・笑。

> 原作の「ホメロス」では、生き延びたヘレネでしたがメネオラス(パリスの兄さんに殺されていない)に捕まり、彼女を殺そうとするけれど、ヘレネの美しさにやめてしまい結構仲良く最後まで暮らすんですよねぇ~。
> 映画でのヘレネの扱いは、まっこと身も心も美しき女性となっているのが解せなかったです。
> さては監督もヘレネの美貌にしてやられたのかな!?(笑)

そうでしたか・・・
多分、映画にする時に、多くの人に見て頂けるように
配役や、ストーリーを変えるのでしょうネ~?

> プリアモス王を演じていたピーター・オトゥールはさすがでしたね。

・・・う~ん、目に浮かばなくて検索したのですが
なかなか見つからず・・・すみません。

> アキレスの従兄弟くんも原作ではちょっと違う描き方で、親友でありながらもっと深い関係だったようです。引き回すあれだけの激怒はやりすぎと思っていたから納得できましたが・・・。

やはりこの映画は主役を目立たせてこそ、多くの人が見たのでしょうね~?
詳しくご存知な方には、物足りないところも おありかと存じます☆

> 午後に「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」を観に行こうか迷っています。
> 確か、miriさんは主演女優さんがお嫌いだったと記憶していますが・・・。

前にアップされていた映画と同じ原作のアメリカ映画のようですね?
鑑賞されましたか???

メリル・ストリープは演技がうまくて良い女優さんですよね~
ただまぁ、特に好きな人ではないんですけど、嫌いとまでは思っていません(笑)。

キャサリン・ヘップバーンとかも同じですが、
あまりにも演技がうまいと、「あ、そう的な感覚」になってしまって。。。すみません☆

しずくさんのブログには、今夜、お邪魔させて頂きますね~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -