映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ グランド・ブダペスト・ホテル ☆

  1. 2014/06/08(日) 00:00:01_
  2. ウェス・アンダーソン
  3. _ comment:6
The Grand Budapest Hotel (グランド・ブダペスト・ホテル) 2013年・イギリス/ドイツ



グランド・ブタペスト・ホテル




 
.


2014年6月7日(土) ある映画館にて

監督 ウェス・アンダーソン
主演 沢山いるけど・・・私的には、若い頃のゼロ君かな~???

感想
この監督「ダージリン急行」「ホテル・シュヴァリエ」で、いまいち好きではなかったのですが、
他に見たい作品がなかったので、この映画を見ました。

すごく久しぶりに映画館に行きました☆
出来立てほやほや、とっても綺麗な新品映画館でした♪


うん、面白かった!
すっごく良かったです☆



・・・多分、一番言いたかったのは反戦だと思うのですが、
それを前面に出さずに、照れ隠しであれこれスパイスつけて、
でも、マジ、まっとうな映画でした☆

こちらで勉強したアスペクト比を3種類用意して、一本の映画の中で
スクリーンのサイズが3つ変わるなんて初めてで、
これはもしかして、気付かない人もいたかもしれません?
(「ABBA/ザ・ムービー」では序盤にこういう変化が一度だけありますが)

あと、エンドロールの音楽がロシア調?東欧調?中東風?インド的?
よく分かりませんがすごく良くて、あの可愛いアニメーション!
席を立った人はいなかったから良かったけど、あれは見逃してはなりませぬ。

今後、どの映画もあの長いエンドロールに工夫して見せるようにすれば良いのに
って思いました。

さて役者さん、皆良かったです。
誰が誰とかジュード・ロウさん以外は分かりにくかったのですが
パンフレット読んで納得、ふむふむ、皆主演級で凄い!
上手で役柄によく似合う人ばかりでした☆

現代は1985年で         ワイドスクリーン
お話しを聞くのが1968年     シネマスコープ
物語の舞台として1932年    スタンダードサイズ

それぞれの意味深く、
私は勝手に、現代を80年代後半にしたのは、映画史的にこのあと
CGやいろんな技術が出てくる前だから?と思い、
また、ペレストロイカの少し前、という事もそうなんでしょうね~と納得。
1932年はナチスの政権取る直前で、
今まで見たナチスの模倣の(旗とか)の中で、一番センス良かったです!

もちろん、ピンクのホテル、調度品のセット、実写の山や建物?、CGの山や建物?
美味しそうなお菓子の数々・・・
人間のお衣装、お髭等のお顔の作り、乗り物の数々、
もう数え上げればきりのない、こだわりの美術、美術、美術!!!
タイトルからも分かりすぎる、映画そのものへの愛♪

東側を(こっそりと?)批判しながらも、人間としてのゼロを讃えている・・・
それがこの映画の謎解きのように思います。

時代によって変わるモノと、変わらないモノ。
ゼロが再婚しなかったことも形式ではなく
心からの想いがあったからだと思うし、

彼女への想いだけではなく、
あの時代(1932年)の、あの場所で生きた人々への想いの全て、


漫画チックで現実にはあり得ない行動等も、
映画的で素晴らしかったです☆



この監督さんは、今後も見てゆきたいと思います♪
今のところ1勝1敗1分です(笑)。


  勝ち:この映画
  負け:ダージリン急行
  引き分け:ホテル・シュヴァリエ




<<☆ 再見  あゝ野麦峠 ☆  他・再見邦画 いくつか | BLOG TOP | 5-369 9か月>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/06/08(日) 20:16:35 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/06/09(月) 14:57:39 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!

  1. 2014/06/25(水) 12:56:32 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
miriさん

記事見落としていました・・・。

僕は割りと楽しめた、という感じです。
ちょっと秘密結社の辺りが説明不足な気がして、
その為かオチがストンと来ませんでした。

エンドロールのアレは良かったです。
可愛いので目がそっちへ行きっぱなしでした。
(コサック・ダンスの伴奏だから東欧(ウクライナからロシア南部)、使用してる楽器はバラライカと思われます)

こんなに女性客ばかりの中で観たのは初めてかも。(笑)

鉦鼓亭さん、こちらにも有難うございます☆

  1. 2014/06/25(水) 15:00:13 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さんのブログには、今日中にお邪魔させて頂きますね~♪

> 記事見落としていました・・・。

あ、気付いて頂けて嬉しいです☆
・・・鉦鼓亭さんの記事ですが、タイトルと、おそらくは鑑賞日も
間違っていますよ~なおされた方が良いと思います☆

> 僕は割りと楽しめた、という感じです。

良かったですよね~☆
割りと、なのですね?

> ちょっと秘密結社の辺りが説明不足な気がして、
> その為かオチがストンと来ませんでした。

そうなのかもしれませんね~???
何となく分かったようなつもりで見ていました(笑)。
深く聞かれると、困っちゃいます☆

> エンドロールのアレは良かったです。
> 可愛いので目がそっちへ行きっぱなしでした。

すっごく良かったですよね~!

> (コサック・ダンスの伴奏だから東欧(ウクライナからロシア南部)、使用してる楽器はバラライカと思われます)

あれバラライカでしたか?

記事には詳しく書かなかったのですが、最初アニメのない時に
この音楽は?と思い、各国を思い浮かべまして、
その後、あのアニメでだいたいの場所は分かったのですが
楽器までは分かりませんでした☆
凄いですね~!

私の中ではバラライカはわりと暗い音楽って感じだったのですが
この作品のあの音楽は、暗いという感じではなかったですね~!

> こんなに女性客ばかりの中で観たのは初めてかも。(笑)

ほほほほほ・・・
お気持ち、お察しいたします♪

(映画とは関係ないのですが、東京って雨ばっかりですよね~?
ひょう、って仰天しました!
鉦鼓亭さんもお気を付け下さいね~!)


.

観ました~

  1. 2017/03/08(水) 12:40:26 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>スクリーンのサイズが3つ変わるなんて初めてで、
>これはもしかして、気付かない人もいたかもしれません?

ぜんぜん気付かなかったです(汗)
基本、映画に集中すると視野が狭くなるので、技法やら何やらにはあまり目がいかないんですよね。
エンドロールのコサック・ダンスはとても可愛かったです。ああいう遊び心は他の映画にも必要だと思います。

ホテル周りの美しさは素晴らしかったですよね。
伝説のコンシェルジュも面白い人で、すごく明るく楽しい映画を期待したためか、後半の反戦とか遺産相続争いとかにはいまいちノレませんでした。面白い作品だとは思ったんですが…。

猫の件は教えて下さってありがとうございました。おかげで心の準備ができてよかったです。むしろ生首にギョッとしました(汗)

Re: 観ました~

  1. 2017/03/08(水) 15:26:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> >スクリーンのサイズが3つ変わるなんて初めてで、
> >これはもしかして、気付かない人もいたかもしれません?
> ぜんぜん気付かなかったです(汗)
> 基本、映画に集中すると視野が狭くなるので、技法やら何やらにはあまり目がいかないんですよね。

再見したのですが、映画館も同じですが、
変わるときに音がしないので気づかない人が多いかもしれません・・・。
変わるところもこの映画の楽しみの一つだと思うのですが、製作者に
もう一つ工夫をしてほしかったですね!

> エンドロールのコサック・ダンスはとても可愛かったです。ああいう遊び心は他の映画にも必要だと思います。

はい、とっても良かったですね☆
他の映画でも見たいと思いつつ、なかなか出会えません。。。

> ホテル周りの美しさは素晴らしかったですよね。

見た順番の都合で、どうしても「ヘラクレスの難業」を見ると、
このホテルを思い出してしまうんですよ~(笑)。

> 伝説のコンシェルジュも面白い人で、すごく明るく楽しい映画を期待したためか、後半の反戦とか遺産相続争いとかにはいまいちノレませんでした。面白い作品だとは思ったんですが…。

後半・・・というかそのお話が多かったですよね、宵乃さんのお好きなタイプの
作品ではなかったようで、残念でした。。。

> 猫の件は教えて下さってありがとうございました。おかげで心の準備ができてよかったです。むしろ生首にギョッとしました(汗)

いろいろと残虐な描写もあって、コミカルとだけは言えないし
変わった監督さん?らしい作品だったのかもしれませんね~!

・・・感涙祭のお知らせを目にして、もう、何を見ようか考え始めている
気の早過ぎるmiriでした(笑)。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -