映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-54)  再見 愛は静けさの中に  (2回目)

  1. 2014/04/25(金) 23:00:00_
  2. ランダ・ヘインズ
  3. _ comment:9
再見  CHILDREN OF A LESSER GOD  (愛は静けさの中に)  1986年・アメリカ



愛は静けさの中に




 
.


2014年4月25日(金) JR福知山線の事故から9年のニュースを見ながら・・・。

監督 ランダ・ヘインズ
主演 ウイリアム・ハート / マーリー・マトリン



初見時の事

初見は1998年春、多少映画を見ていた頃で、
深夜のオンエアを録画して見ました。
字幕版でした。

彼女が泳ぐ姿はシッカリと覚えています。
他は作品のだいたいの雰囲気くらいで、詳細はちょっとぼやけています。

その年の8位になっていますが、結構良い作品が多いので
1位ともあまり差がないかもしれません(笑)。(記事はこちら



今回の感想 

“大切な人” そんなキーワードが、私の耳の奥から聞こえてきました。

ジェームスとサラは、初見時同様、ハンデの件ではなく
やっぱりそれは普通の“熱情”“恋”だと思いました。
お互いに、ひと目で、落ちた恋。

お互いに、やっぱり一番大切な人なのだと、最後には分かって良かったね、
もちろん普通のカップルよりもいろんな苦労はあるだろうけど、
きっと添い遂げると思いました☆

父母の会の日の描写で、いろんな「大切な人」がいるなあ~と思いました。
もちろん歌い踊る家族を見る驚きのまなざしや、
「教師」の「教え子」への想いが、キレイごとでなく伝わってきたし、
サラの嫉妬も・・・。

あれこれあって、ないものねだりと、男女のすれ違いの果てに
サラが急に実家に帰った時のお母さんの話で、
「大切な人」のいろんな姿が見え隠れしました。
それはお父さんの姿、お母さんの女性としての姿、お姉ちゃんの意地悪の理由も。
(お母さん役の女優さん、演技がとても良かったですね!)

映画の内容とは全然違うのですが、最初のシーンで、あの小さな船に
数台の車が乗っていて、ちゃんと重さを守れば沈まないのだと、
今「大切な人」に会えない、隣国の皆さまの事を思いました・・・。

マーリー・マトリンは、キレイですね♪
ウイリアム・ハートさんはお若くてびっくり!
お互いに役を離れても大切な人でいた時期もあったのでしょうけど
それぞれのその後に、それぞれ大切な人がいるのだろうな~って思いました。

サラが一人で泳ぐ姿を覚えていたのですが、
もっと長いシーンだと思っていました。(あっという間でビックリ)
泳ぐ姿もキレイで(スタントインの人かもしれないけど)
あの“月あかり”のもと、さすが女性監督と思いました☆

そしてラストに結ばれる二つの輪の手話が、嘘ではなく、
沈黙の世界でもなく、音の世界でもなく、二人だけの世界を、
これからもずっと・・・と、この映画は、王道のラブストーリーなのでしょうね~!

マトリンさんがオスカーとったのは、
もちろんそれまでのこの原作舞台を頑張っていたこともあるのでしょうけど、
相手役のハートさんを好きになったからこそ、
自然な演技になっていたのでしょうね~と思いました。
(比べるのも恥ずかしいけど、モモトモもそうだったのだと思います・笑)

そんなわけで再見出来て良かったです☆
特に ものすごく素晴らしい作品 ではないけど、とても良い作品でした。
そういう気分で見たい時には、とっても良いラブストーリーだと思います♪

・・・あの校長先生にも大切な人がいるように、
少し発声する生徒たちにも、
そして最後までノートを とっていた生徒にも、きっと
誰にでも「大切な人」はいるのだと、しみじみ思いました。



********************************




初見時等の感想はこちら 

愛は静けさの中に(86・米) ・・・ 2-54
愛は静けさの中に(86・米)(殿堂入り) ・・・ 2-54




<<5-315  クリムゾン・リバー | BLOG TOP | (1-86)  続ラブ・バック  (2回目) >>

comment

  1. 2014/04/27(日) 11:04:52 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>もちろん普通のカップルよりもいろんな苦労はあるだろうけど、
きっと添い遂げると思いました☆

ハンデに関係なく、誰かと本当にわかり合うには、こうやって衝突したりすれ違ったりしながら絆を深めていくものだし、そうやって結ばれた絆は一生ものですよね。
役者さんふたりが実際に惹かれあっていたのもホント大きかったと思います。

>あの小さな船に数台の車が乗っていて、ちゃんと重さを守れば沈まないのだと、今「大切な人」に会えない、隣国の皆さまの事を思いました・・・。

哀しい事故でした。ちゃんとしていれば起こらなかったと思うと、遺族の方もやりきれないですよね。
二度と起こらないように、対策を取ってほしいです。

>誰にでも「大切な人」はいるのだと、しみじみ思いました。

本当にそうですね。あたたかな気持ちを思い起こさせる作品でした。
今回もご参加ありがとうございます♪

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2014/04/27(日) 18:52:58 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ハンデに関係なく、誰かと本当にわかり合うには、こうやって衝突したりすれ違ったりしながら絆を深めていくものだし、そうやって結ばれた絆は一生ものですよね。

ハイ、映画の中だけでなく、現実もそういうことは多いと思います☆

> 役者さんふたりが実際に惹かれあっていたのもホント大きかったと思います。

ハイ、いやらしい感じが全然せずに、
この二人がお付き合いしても、あたりまえ的な感じもあって、
そういう運命の「作品」だったように思います☆

> 哀しい事故でした。ちゃんとしていれば起こらなかったと思うと、遺族の方もやりきれないですよね。
> 二度と起こらないように、対策を取ってほしいです。

ハイ、そう思います。
多分、社会全体のひずみが現れた・・・事故だったのではないでしょうか?

あと、先日は映画の内容と関係ないのに、
回転ドアの事故のこと書いて申し訳ありませんでした。
あんなこと書いたら、誰も楽しめなくなると分かっているのに・・・
ホントに「黙っていればよいこと」を、しゃべってしまうこの性格、
どうかどうか、大きなお気持でお許しくださいませ・・・。

> >誰にでも「大切な人」はいるのだと、しみじみ思いました。
> 本当にそうですね。あたたかな気持ちを思い起こさせる作品でした。

ハイ、初見時には見えなかった実家のこともよく見えて
良い再見になりました☆

> 今回もご参加ありがとうございます♪

こちらこそ、有難うございました☆


.

  1. 2014/04/27(日) 21:05:08 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!
いや~、素晴らしい映画でした。
愛について深く考えさせて頂いた映画でとっても良かったです♪
とは言え、結論が出てないんですけど・・(^▽^;)

プールのシーン、良かったですね!美しかったです!!

>あの“月あかり”のもと、さすが女性監督と思いました☆
 女性監督だったんですね!納得です!!(^.^)
 同じ女性監督でもハートロッカーとはえらい違いです(笑)

>“大切な人” そんなキーワードが、私の耳の奥から聞こえてきました。

 なるほどですね!納得です!!
 自分の記事に書き忘れてましたが、発表会で一生懸命に
 歌う息子さんを微笑ましく見つめるご両親を思い出しました!
 息子の頑張る姿を見ている二人の笑顔も印象に残ってます。
 
>・・・あの校長先生にも大切な人がいるように

 あの感じの悪かった校長にもいるでしょうね・・
 ポーカーで負けてろ!(笑)

それにしても本当に素敵な映画でした!
素晴らしいではなく、素敵な映画かな??
王道のラブストリーですね!!本当に良かったです!(^^♪

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/27(日) 21:27:58 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

take51さん、こんにちは☆

  1. 2014/04/28(月) 09:30:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> いや~、素晴らしい映画でした。
> 愛について深く考えさせて頂いた映画でとっても良かったです♪
> とは言え、結論が出てないんですけど・・(^▽^;)

良い映画でしたね~!
結論・・・それはtake51さんの中で燃えているのでは?

> プールのシーン、良かったですね!美しかったです!!

ハイ、もうそこだけはシッカリと覚えていたのです!
当時はあんまり映画を見られなくて(多少見ていたのですが邦画が多くて)
女性の裸、というモノを見た事がなくて、もう、ものすごい衝撃だったので・・・
それも汚らしかったらいけなかったのですが、美しい!と思ってしまったので☆

> >あの“月あかり”のもと、さすが女性監督と思いました☆
>  女性監督だったんですね!納得です!!(^.^)
>  同じ女性監督でもハートロッカーとはえらい違いです(笑)

あ、嬉しい!!!
実は、私も、「ハート・ロッカー」の女は見習え!って思っていたのです!!!
嬉しいな~☆

>  なるほどですね!納得です!!
>  自分の記事に書き忘れてましたが、発表会で一生懸命に
>  歌う息子さんを微笑ましく見つめるご両親を思い出しました!
>  息子の頑張る姿を見ている二人の笑顔も印象に残ってます。

ハイ、私はご両親はもちろんですが、
間に立っていた「弟君」に注目してしまいました!

最初はつまらなそうだったのに、メッチャつまらなそうだったのに
だんだんだんだん明るくなって、自分の知らないお兄ちゃんが
歌い踊っている姿に見取れ、私はそこに「愛」を見つけました♪
 
> >・・・あの校長先生にも大切な人がいるように
>  あの感じの悪かった校長にもいるでしょうね・・
>  ポーカーで負けてろ!(笑)

ははは・・・まぁ校長という立場なので色々と仕方ないと思います(笑)。
奥さんを愛してるんだな~って感じですよね☆

> それにしても本当に素敵な映画でした!
> 素晴らしいではなく、素敵な映画かな??
> 王道のラブストリーですね!!本当に良かったです!(^^♪

本当に良かったですね!
では、今からお邪魔いたします~☆


.

  1. 2014/04/28(月) 19:04:13 |
  2. URL |
  3. きみやす
  4. [ 編集 ]
「大切な人」
シンプルなこの言葉を何度も考えました。

恋の熱が過ぎ、愛と呼ばれるものになり、そして愛も自然に
当たり前のように二人の周囲に溶け、情だけが残る。

しかしその“情”は一緒に生きてきた分、共に考えたり
諍いをしたりしながら育んでいくもので

その為には片方だけが努力していてもだめなんですよね。
きっと。

それはそうと、自分はあの船着き場のシーンででは
『さびしんぼう』や尾道三部作を思い出していました。




きみやすさん、こんにちは☆

  1. 2014/04/29(火) 09:12:43 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「大切な人」
> シンプルなこの言葉を何度も考えました。

考えて頂いて有難うございます!

> 恋の熱が過ぎ、愛と呼ばれるものになり、そして愛も自然に
> 当たり前のように二人の周囲に溶け、情だけが残る。
>
> しかしその“情”は一緒に生きてきた分、共に考えたり
> 諍いをしたりしながら育んでいくもので
>
> その為には片方だけが努力していてもだめなんですよね。
> きっと。

・・・take51さんへのコメントには、結婚前の男女の事を書きましたが、
実は、それは、結婚した後の生活でも同じことだという意味で書いたのです。
きみやすさんがココに書いて下さったこと、それと同じです。
嬉しいです!
実際結婚した時点では何不自由なくとも、何があるのか分からないのが人生ですものね。。。

賢治(ですよね?)の文章にあった、一対一、ということが
そうやって続いてゆくのだろうな~って思います☆

> それはそうと、自分はあの船着き場のシーンででは
> 『さびしんぼう』や尾道三部作を思い出していました。

あ、そう言えばあの感じ、似ていましたね!
尾道にもきっと、ロマンスの花咲かせるカップルが、
それぞれの問題をかかえて、でも、より良い方向を見て
生きているのでしょうね~!!!

・・・新三部作の方で「あした」を再見したいのですが
ないんですよね~結構ビックリしています。
また探してみます(笑)。

きみやすさんの記事に、後ほどお邪魔させて頂きますね~♪


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/04/29(火) 11:50:58 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/05/02(金) 23:02:15 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -