映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-87  スティーブ・ジョブズ

  1. 2013/11/03(日) 22:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:5
JOBS  (スティーブ・ジョブズ)  2013年・アメリカ



スティーブ・ジョブズ




 
.


2013年11月3日(日) 近くのシネコンにて

監督 ジョシュア・マイケル・スターン
主演 アシュトン・カッチャー♪ (スティーブ・ジョブズ 役)

感想
・・・ホントは、フランソワ・オゾン監督の最新作(「危険なプロット」)が
見たかったのですが、時間が合わなくて、諦め、こちらを鑑賞しました☆


この映画は、彼の「一般的な一代記みたいな形」には
なっていなかったのが、良かったと思います☆


2年前まで生きていた人だから、あちこち、あれこれ
それぞれ、知っているヒトも多く、映画化は難しかったと思いますが
本当に、よく やってくれました☆

私のPCはアップルではないし、アイポッドもアイパッドも使っていないけど
彼の生前のニュース映像や、お話は何回か見た(聞いた)ように思います。
特に覚えているのは、やっぱり残念ながら痩せてしまった後だけど
少しはその前のご健康なところも覚えています。

そんなわけでこの映画は、多分、絶頂期?アイポッドの発売説明会から始まります。
そしてその映像は、私は、本人の過去映像だと思い込むほど似ていました。
アップでやっと、あ、カッチャーだと分かりました。

次のシーンは、大学時代(退学後に自由に出入りしている・笑)。
70年ごろのヒッピーちゃんって、なんとなく覚えています。
自然を愛し、インドを旅し・・・

普通の会社に入ること自体が難しい人だったのでしょうね・・・

この映画全体で、女性陣の出てくる場面はとても少ないけど、
やはり養父母(お父さんは素晴らしい人格者ですが、特にお母さん)の
優しさには、何というか・・・慈母、慈しむ、という言葉がピッタリで、
たとえ生みの親が棄てたとしても、子供として幸せだったように思いますし、

中盤の、娘を産んだ女性に対する暴言、
あれは許せないと思ったけど、この映画全体から見ると
そういう人なんだろうな~と納得せざるを得ないし
(普通の男性が「俺は知らん」みたいな事言ったら、もう社会から抹殺ですよね?)

終盤の、亡くなった時の家族である
奥さんや小さい子供たちの中に、そのモトカノが産んだ娘なる子も入っていて

生きるための周りの人(特に養母と奥さん)には
恵まれたんだろうな~って思いました。



・・・私は、人間関係の1つとして、一番汚いのは、
男性同士のビジネス上でのアレコレだと思っています。

アメリカだから、あのくらい当たり前かもしれません。
彼は人間としてはどうなんだろう?と思うところが多いし、
(特に創業時の友人たちに対する態度)

でも、それにしても、やっぱりあのビジネス上のアレコレは
あんまり見たくも知りたくもなかったです。
今回はそれがメインでしたので、ちょっと辛口でしたね。

ビジネス上で一番良かったと思うシーンは
アイマックのできるずっと前に、一従業員(デザイン関係)と話すところです。
美しいモノを作れ、それは、こころからの叫びのように思いました。

そう、美しくて、誰もが使えて、便利で、素晴らしいモノ、誰もまだ見たことないモノ、
ウォークマンをゴミ箱に捨てた時、アイポッドが生まれたのでしょうし、
今、皆さんが使っている、ふつーに使っているモノの多くは

このどうしようもなく偏屈で頑固な人間が
考え出したモノなんだろうな~って、
とにかく、もの凄い、と圧倒されました。



俳優陣はカッチャーはじめ皆良かったけど
実在の人物に似せているし、努力も凄いと思ったのですが、
あの創業時によそから来てくれる人が「田中健」に似ていて、
どうにもこうにも途中まで見苦しかったです・笑。

監督さんは知らない人ですが、これからの人でしょうか?
まぁ頑張ってください☆

音楽は良かったです。
力強く、時に優しく、物語りを、うまく引っ張ってくれましたね♪

・・・どちらも映画館で封切り公開を見たので言えるのですが、全体的には、
残念ながら「ソーシャル・ネットワーク」のような名作ではないと思ったけど、

まぁ結構良い作品であったし、
彼のことを、多くの人に、
もっともっと知ってもらいたいな~なんて思いました。





<<5-88  新・男はつらいよ  | BLOG TOP | 5-86  マイ・ビューティフル・ランドレット>>

comment

  1. 2014/11/03(月) 20:19:03 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!
気になっていた映画でやっと見れました!!(^.^)

ほぼ名前だけ知ってるレベルでこの映画を見てしまいましたので、
最初は引いてしまいました(笑)

>中盤の、娘を産んだ女性に対する暴言、
あれは許せないと思ったけど、この映画全体から見ると
そういう人なんだろうな~と納得せざるを得ないし
(普通の男性が「俺は知らん」みたいな事言ったら、もう社会から抹殺ですよね?)

この部分です(笑)

>アメリカだから、あのくらい当たり前かもしれません。
彼は人間としてはどうなんだろう?と思うところが多いし、
(特に創業時の友人たちに対する態度)

この辺も酷かったですね、、、
こうでもしないと社会的に成功しないのであれば、
僕はなりたくないですね、、。そんな方ばかりではないと思いますが。

あ、余談ですが高知に会社経営のコンサル的な部分で有名な方がいらっしゃいます。
日本中から人が来てるようですが、家庭は崩壊してるとのこと。
なかなか全てを良くするのは難しいのでしょうか?(^▽^;)

彼の製品に対する拘りは凄かったんでしょうね。
人間的欠陥?を補ってあまる圧倒的なパワーがあったのだと思います。
身近にいた方たちは本当に大変だったと思いますが・・・(^▽^;)

この2時間の映画で彼を知れるはずもありません。
ちょっと興味が沸いてきましたので、本でも読んでみたいと思います。

カッチャーは彼の歩き方なども研究したんでしょうね!
よく分からないけど、そんな気がしました(笑)

>そんなわけでこの映画は、多分、絶頂期?アイポッドの発売説明会から始まります。
そしてその映像は、私は、本人の過去映像だと思い込むほど似ていました。

似てましたね!!
あの自信たっぷりな演説はカッコ良かったです。
日本人にはああいうスピーチの出来る人は少ないですよね~

内容を忘れないうちに僕も記事をupします!!(笑)

take51さん、こんばんは☆

  1. 2014/11/03(月) 22:45:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 気になっていた映画でやっと見れました!!(^.^)

そうでしたか!
私はちょうど1年前に見ているようなので、
今日コメントを頂けて余計に嬉しいです♪

> ほぼ名前だけ知ってるレベルでこの映画を見てしまいましたので、
> 最初は引いてしまいました(笑)
> この部分です(笑)
> この辺も酷かったですね、、、
> こうでもしないと社会的に成功しないのであれば、
> 僕はなりたくないですね、、。そんな方ばかりではないと思いますが。

まぁチャップリンとかもそうですし、
日本でも歌舞伎の人とか酷いですよね~(笑)。
そんな人が多いと思いますよ~特に芸術とか世界的な発明家とか・・・

そんな人よりも、一人の奥様を大切にして
一緒にお子様を育てる、take51さんをはじめとする、普通の男性が
一番素晴らしいと私は思います☆(私の夫もそうです・笑)

> あ、余談ですが高知に会社経営のコンサル的な部分で有名な方がいらっしゃいます。
> 日本中から人が来てるようですが、家庭は崩壊してるとのこと。
> なかなか全てを良くするのは難しいのでしょうか?(^▽^;)

今年の春に子供がよそのお子さまを手にかけたお家も
九州ではものすごく有名な家だったそうですね!

私は他の方では具体的には知りませんが、自分の父親がそういう奴だったので(笑)。
いえ、あの、有名ではなくって「すごく良い人」で通っていたので・・・
よそのお子様のいじめを解決したりね・・・
自分の家庭は崩壊していたのにね(笑)。

> 彼の製品に対する拘りは凄かったんでしょうね。
> 人間的欠陥?を補ってあまる圧倒的なパワーがあったのだと思います。
> 身近にいた方たちは本当に大変だったと思いますが・・・(^▽^;)

本当に周囲は大変だったと思います。
それでもと思えるあのパワーが、あれこれの発明につながったので・・・
今日文化勲章をもらったある方もね(笑)
よくは知りませんが、裁判の時凄い事仰っていましたよね~(笑)。

> この2時間の映画で彼を知れるはずもありません。
> ちょっと興味が沸いてきましたので、本でも読んでみたいと思います。

ご無理なく…
先週は大変でしたね・・・何もできませんが応援しています!
家事もご無理なく・・・幼児が居るのではないので、きっと大丈夫です☆

> カッチャーは彼の歩き方なども研究したんでしょうね!
> よく分からないけど、そんな気がしました(笑)
> 似てましたね!!
> あの自信たっぷりな演説はカッコ良かったです。

ご本人も、それを演じた俳優さんも凄かったですね!

日本人にはああいうスピーチの出来る人は少ないですよね~

それぞれの専門分野では少しずつ増えているように思います。
スポーツのお若い方とかも、今後を期待したいですネ!

> 内容を忘れないうちに僕も記事をupします!!(笑)

新記事の映画は2本とも見ていなくて・・・
この映画の記事もご無理なく、
まずはお身体を休めて、お仕事にさしつかえないように・・・

記事をアップされたら、お邪魔させて頂きますね!
では、明日からも頑張りましょう~☆
お休みなさいませ・・・。


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/11/07(金) 16:43:28 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

養母だったのか…

  1. 2017/07/30(日) 10:17:30 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
ぜんぜんわかってなかったです(汗)
あまりにもセリフの音量が小さくて、話してる時は音量MAXに、BGMが鳴りだしたら半分以下にの繰り返しだったので、顔が見分けられないのもあって母親が普通に育ててるんだと思ってました。
養父は彼の友だちの誰かでしたか?
ついでに彼のPCを丸パクリしたのも誰だかわかりませんでした。

>美しいモノを作れ、それは、こころからの叫びのように思いました。

ここだけは良かったと思います。いつの時代にも、何かを生み出すことに命かけてる人っているんでしょうね~。

Re: 養母だったのか…

  1. 2017/07/30(日) 19:09:56 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆

> ぜんぜんわかってなかったです(汗)
> あまりにもセリフの音量が小さくて、話してる時は音量MAXに、BGMが鳴りだしたら半分以下にの繰り返しだったので、顔が見分けられないのもあって母親が普通に育ててるんだと思ってました。

そうでしたか・・・残念です!
良い人間の話ではないのでお勧めは出来ませんが
長い人生、いつか先で何か良い機会があって再見なさったら、
是非、養父母さんについて見てくださいね~!

> 養父は彼の友だちの誰かでしたか?

そうではなかったと思います。
縁もゆかりもない人たちが育ててくれた・・・と思います。
間違っていたら、ごめんなさい!

> ついでに彼のPCを丸パクリしたのも誰だかわかりませんでした。

う~ん、私もわからないけど、こちらは多分
ビジネス関係の人なのでしょうね~?
すみません、あやふやで。。。

> >美しいモノを作れ、それは、こころからの叫びのように思いました。
> ここだけは良かったと思います。いつの時代にも、何かを生み出すことに命かけてる人っているんでしょうね~。

本当にここは良かったです☆
ただ便利なだけではなく美しいモノだからこそ
アップル社は今も最先端を行く企業なのでしょうね~!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -