映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-56  黒馬物語

  1. 2013/10/11(金) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
BLACK BEAUTY  (黒馬物語)  1970年・イギリス



黒馬物語




 
.


2013年10月11日(金)  イマジカ

監督 ジェームズ・ヒル
主演 ブラック・ビューティという黒馬 



感想の前に
ブラック・ビューティの飼い主の変遷
 マーク・レスター演ずる可愛い少年、ジョー・エバンス(貧乏農場の息子)
 → 大地主の息子
 → ジプシーのおっさん
 → 大陸(スペイン?)サーカスの団長(娘・マリア)
 → イギリスに戻ってウイリアム卿(娘・アン)
 → アンの恋人の中尉(インドへの出征)戦死
 → 馬だけでもと連れて帰るイギリスへ
 → ダメな戦友が酒代のために売る
 → 田舎でこき使われる(世話は子供)かなり弱っていて、死にそうになる
 → 役に立たないからと、炭坑に売られる
 → ジョーに戻る(大人・若い・イケメン)ブラックビューテイと名付け、お互い分かったように思う
 → 親のエバンスさん、大出世じゃん!



感想 
「わらしべ長者」のような お話なんだけど
出世していく人間とかではなく、

あちこちで使われるお馬が主人公で、
何も話さないし、字幕もないけど、
彼の気持ちがすごーくよく分かるんだな~これが。

この映画の素晴らしい点は、
それぞれの時に馬の飼い主になった人間やその周りの描写で
それぞれのお国柄や時代を、上手に現わしているところです。

戦争やサーカスの描写、
炭坑や田舎の貧乏な暮らし、
大金持ちの人のこころの貧しさや、
身分違いの恋の燃え上がること、
まぁ結構普遍的と思える事が多く、どこかしら気持ちが揺れます☆

ただ・・・ジョーの親のエバンスさんが、ラスト結構なお金持ちになっていたのが
経過が分からないので、どうしてもキレイごとにしか見えませんでした。
その点を除くと、本当に良い作品でした☆

「マーク・レスターが主演」と書いてあるのが多いけど、
序盤10分と、エンドロールしか出てきません。

それでも本当に可愛らしい ふわふわ巻き毛のイギリスの男の子で、
「小さな恋のメロディ」よりずっと小さいので、
本当に “いわゆる子役ちゃん” だったんだ~!と思えます♪

短い出番だけど、印象的には、
ジョーと仔馬時代のブラック・ビューティが強いので、
ファンの方なら見て嬉しいのでは?と思います。

それ以外の方でも、お馬の気持ちがよく分かるし、
気持ちだけではなく、お馬の年齢的なモノなども
ハッキリと分かるんですよね~不思議なことに。

人間ってこうなんだ~と、しみじみ出来るし、
機会があれば是非☆と思えるような作品です♪





<<5-57  吸血鬼 【ボローニャ復元版】 | BLOG TOP | ♪ Meet Me in St. Louis, Louis ♪ の 物語り>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -