映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-551  アナと雪の女王 

  1. 2014/10/10(金) 23:30:00_
  2. 複数の外国人監督による1作品
  3. _ comment:10
秋の音楽映画祭:第2作 


以下、未見の方はご注意ください☆


アナと雪の女王




 
.


FROZEN (アナと雪の女王) 2013年・アメリカ 

2014年10月10日以降 レンタルDVD
監督 クリス・バック / ジェニファー・リー
声の主演 クリステン・ベル / イディナ・メンゼル

感想
あの姉妹の両親ですけど、あり得ませんよね~(笑)?
ディズニーとかお姫様系でよくあるのですが、
主人公の両親の子育ての失敗、この話も 結局は それだけの事なのだと思います☆

普通ではない子供(この場合は魔法使い、現実的には精神疾患とか)を
育てる両親の願う事はただ一つ、
「自分たちの死後にも、この子が幸せに暮らせますように」と、
それだけを思って、心を込めて、必死に何もかもなげうって育てる
それが偉い事でも何でもない、当然の事だと思うので、

この姉妹の両親は、もともと自分たちも王家の出だろうから
普通の人間ではないのかもしれないけど、
健康な妹まで、決して開く事のない城門の中に閉じ込めることは
どう考えても許される事ではなかったと思います。



*****************************



まぁ、両親の事を棚に上げて、姉妹の青春ストーリー的に考えても、
あの耳心地の良い歌の内容は、自分勝手な事をするという宣言なので、
どうにもこうにも・・・

ラストに雪だるま(オラフ)を 死なせない事、
突然に魔法をコントロールできるようになって夏なのにスケートを楽しむ事、
そのすべてがキレイごとで、

そういうところが、日本という国で、普通のお家の、良い子の皆さんに
好かれる映画になっているんだろうな~と、確認しました(大笑)。


惚れっぽい妹と、魔法使いの姉が、
今後幸せに暮らせるのでしょうか?
内容的には納得できることなく、エンドロールのラストも
とげとげの消えた雪魔人で安心させるのか???

「真実の愛」ね・・・言葉だけでなく、
この映画を見て、それぞれの人生の中で実行しなくては
何の意味もありませんよね~(笑)。



*****************************



う~ん・・・
特典映像のミュージックビデオは良かったです☆
全部見ました。
アニメもはさんでいるけど、皆さんお歌がお上手で・・・
英語・スペイン語・イタリア語・マレーシア語・・・
日本語は入れてもらえなかったのかな?(笑)
(日本で売っているDVDだからこそ、ここに入れずによそでお金とったんですよね~

あ、あと、この映画を見たかった唯一の理由
「手よりも大きな目」を確認したかったのですが、
その文句が出て改正したのか、ほとんどそういう事はなく、
目は大きかったけど、手よりも大きいという事はなかったようで安心しました(笑)。




<<5-553  いぬのえいが  | BLOG TOP | 5-550  マイアミの月>>

comment

  1. 2014/10/19(日) 11:46:15 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
なかなか評判が良い作品だと思っていたけど、miriさん的にはキレイごとでしたか~。
わたしはまだ観てませんが、元になった「雪の女王」には何気に思い入れがあるから、あまり変にいじったものは観たくないような、でも気になるような…って感じです。

これが最後にならならず、気分よく企画を終えられて良かったですね。
6作品、ご参加ありがとうございました♪

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2014/10/19(日) 15:30:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> なかなか評判が良い作品だと思っていたけど、miriさん的にはキレイごとでしたか~。

本当に評判が良い作品ですよね~!
私は好きではありませんが、絵とかキレイだっと思います。(◎〇)

> わたしはまだ観てませんが、元になった「雪の女王」には何気に思い入れがあるから、あまり変にいじったものは観たくないような、でも気になるような…って感じです。

童話の「雪の女王」とは違うお話ですが、多分製作者側からすれば
似ていると言いたいのだと思います(笑)。
宵乃さんにとって良い時期に見られますように~!

> これが最後にならならず、気分よく企画を終えられて良かったですね。
> 6作品、ご参加ありがとうございました♪

ハイ、ホントはもっと見たかったけど、今でさえひとり多いから
顰蹙かいそうで、やめます(笑)。

宵乃さんお薦めの「ONCE ダブリンの街角で」は、
今日も民放BSでオンエアしていましたが、
明後日にムービープラスでオンエアするので、そちらを録画する予定です♪

全部の記事にコメントを頂き本当にありがとう!
ご無理なくお願いします☆

**********************

>マイクロフト兄さんのイメージがドラマ版のおじいちゃんだったので、若くてすらっとしたシルエットにカッコいい!と思いました(単純)

あ、そういう意味なら分かりました☆
ハイ、納得です!

>ヒロイン役の女優さんはお嫌いな方だったんですか。それじゃあ仕方ないでしょうね。

ちょっと書き方が悪くて・・・
あの女優さんは好きでも嫌いでもなく、あんまり見たことない人です。
(調べたら今までに8作品で見ているようですが、チョイ役も多いみたい・・・)
おキレイな方ですよね~。
私が嫌いと書いたのは、あの「役柄の女」です、すみませんでした・・・。

では、今後の記事をゆっくりとお待ちしています☆


.

  1. 2014/10/20(月) 22:31:29 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!

>あの姉妹の両親ですけど、あり得ませんよね~(笑)?
ディズニーとかお姫様系でよくあるのですが、
主人公の両親の子育ての失敗、この話も 結局は それだけの事なのだと思います☆

ですね!僕も「???」と気になった部分ですが、
miriさんに言われるまで頭に残ってませんでした!
冷静に考えると酷い話ですよね(笑)

世間の賞賛ばかり聞いていると、こういう部分が冷静に
見れなくなりますよね!miriさんの記事に感謝です♪

>あの耳心地の良い歌の内容は、自分勝手な事をするという宣言なので、
どうにもこうにも・・・

実はlet it goを「ありのまま・・」と訳してることに合点がいかなくて・・
歌詞をじっくり見た訳ではないのですが、意訳にしては何か
違うような気がしてます。

機会があれば自分なりにじっくり訳してみようかな?(^.^)

と、書きながら自分の記事を見てみると
大喜びしてますね(爆)

take51さん、こんにちは☆

  1. 2014/10/21(火) 13:35:55 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ですね!僕も「???」と気になった部分ですが、
> miriさんに言われるまで頭に残ってませんでした!
> 冷静に考えると酷い話ですよね(笑)

そう仰って頂けて嬉しいです☆
せっかく皆さんがお好きな作品なのに、ケチ付けたみたいで気になって(笑)。
でも真面目な話、あの親は、酷いです、あり得ません!

> 世間の賞賛ばかり聞いていると、こういう部分が冷静に
> 見れなくなりますよね!miriさんの記事に感謝です♪

いえいえいえ、そんな・・・。
take51さんに分かって頂けて、それだけで嬉しいです、有難うございます☆

> 実はlet it goを「ありのまま・・」と訳してることに合点がいかなくて・・
> 歌詞をじっくり見た訳ではないのですが、意訳にしては何か
> 違うような気がしてます。

あ、そうなんですか!
私は学がなくて・・・
ただ、あの「絵」に合わせる音楽と思えば、やはり、普通の意味での
前向きな内容とは思えないのではないでしょうか???

> 機会があれば自分なりにじっくり訳してみようかな?(^.^)

ハイ、楽しみにしてお待ちしています♪

> と、書きながら自分の記事を見てみると
> 大喜びしてますね(爆)

では、のちほどお邪魔させて頂きますね~!!!


.

ひどい映画でした!

  1. 2014/10/24(金) 12:54:28 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
観終えて何故この映画が社会的現象になって、マスコミに取り上げられるほどの価値があるのか解りませんでした。
良かったのは映画館で鑑賞しなかったことと、途中で止めていたのを気を取り直して最後まで観終え「ディズニーよ、観客を馬鹿にするな!」とばっさり切れたことです。

>まぁ、両親の事を棚に上げて、姉妹の青春ストーリー的に考えても、
あの耳心地の良い歌の内容は、自分勝手な事をするという宣言なので、
どうにもこうにも・・・

そうとしかとれませんよね。
一時テレビで盛んに流れていた「let it go」のフレーズ。テンポが良く歯切れのある曲に”ありのまま”とは、てっきり主人公が自立していく応援歌なのだろうと思っていました。
ところが!
その歌がいきなり中盤手前で歌われて「これって何!?」と驚きました。
映画のシーンと全くあってない歌詞ですよ。
エルサが塔に引きこもる前に歌うのであれば、この内容ではおかしくないのか!
ここで完全にブチ切れて観るのを止めた私でした・・・。

全世界で1000億の興行成績をあげたと云われる「宣伝力」で
創られた映画だと思いました。
それと主題歌が良かったということでしょうか。
歌詞内容が魅力的なので、切り離されて歌のみで発売されたら好きになってたかも・・・。

ストーリーは散々なしろものだったので、この映画がおかしいと声があげられないのが病巣というかまずいのではないかしらと思ってみたり。
それとも私の読解力のなさなのかな?

同じように感じてもらえるmiriさんがいて下さって良かったです。



Re: ひどい映画でした!

  1. 2014/10/24(金) 14:18:08 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> ひどい映画でした!
> 観終えて何故この映画が社会的現象になって、マスコミに取り上げられるほどの価値があるのか解りませんでした。
> 良かったのは映画館で鑑賞しなかったことと、途中で止めていたのを気を取り直して最後まで観終え「ディズニーよ、観客を馬鹿にするな!」とばっさり切れたことです。

わーい・わーい・嬉しいな~!
しずくさんがそう思ってくれて、マジ嬉しいです~☆

でもしずくさん、うらやましいです~!
私も本当の事を書けば良かった「酷い映画です」って(笑)!
この映画の評判の良さに、かなり表現を抑えた記事にしてしまったので(笑)。

> そうとしかとれませんよね。
> 一時テレビで盛んに流れていた「let it go」のフレーズ。テンポが良く歯切れのある曲に”ありのまま”とは、てっきり主人公が自立していく応援歌なのだろうと思っていました。
> ところが!
> その歌がいきなり中盤手前で歌われて「これって何!?」と驚きました。
> 映画のシーンと全くあってない歌詞ですよ。
> エルサが塔に引きこもる前に歌うのであれば、この内容ではおかしくないのか!
> ここで完全にブチ切れて観るのを止めた私でした・・・。

あ、やっぱり歌詞の内容は良いのですネ?
take51さんも仰っていて・・・私は学がなくてよく分からなかったけど
あの「絵」と、あの「歌」は合わないと思っていたし、
もし合わせるなら、明るい歌詞の筈がないと思っていました!

> 全世界で1000億の興行成績をあげたと云われる「宣伝力」で
> 創られた映画だと思いました。

そうですね~! まぁ大宣伝してもあまり売れない作品は、いくらでもあるので、
この映画の場合、特に日本で「間違った宣伝の仕方」をされたと思っています。、

子供に見せて「勘違い」させては絶対にいけない、
でも、今現在そうなっている、そういう作品だと思います。

> それと主題歌が良かったということでしょうか。
> 歌詞内容が魅力的なので、切り離されて歌のみで発売されたら好きになってたかも・・・。

「酒とバラの日々」は、内容は全然ダメですが、
歌は長年愛されて続けて今後もいつまでも耳に親しいと思います。
歌は歌、映画は映画、と割り切るしかない作品もあるのだと思います。

もちろん両方がリンクしている作品の方がきっと多いのだとは思いますが・・・。

> ストーリーは散々なしろものだったので、この映画がおかしいと声があげられないのが病巣というかまずいのではないかしらと思ってみたり。
> それとも私の読解力のなさなのかな?

いえいえ、良くない感想も目にしましたよ~。
大雑把に言って、男性には評判が良いと思います。
映画館で(特に子供を連れて)見た人にも評判が良いと思います。

若くない女性は、子育ても終っていますので?
一番冷静に見られるのだと思いますよ☆

私たちの見方が、一番正しいのだと、私は思っています。
もちろんそうでない方もいらっしゃるでしょうけど、
男性目線、子供目線を外して、冷静に見てほしいですよね~(笑)。

> 同じように感じてもらえるmiriさんがいて下さって良かったです。

こちらこそ、ホントにスッキリしました!有難う☆

追伸:「プロミスト・ランド」鑑賞されたのですネ~!またお話したいです!

追伸2:あと「遠い海の記憶」そのドラマは知りませんが、
石川セリの歌は、昔からよく聞いていて、その曲も好きな方です☆
21歳の時によく聞いていました。 懐かしくて、懐かしくて、嬉しかったです♪ 
ありがとう~!


.

  1. 2014/10/28(火) 21:37:37 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!

ちょっと英語の歌詞を見てましたが、
正直ちゃんと訳せません(笑)

けど英語の方が映画の内容に沿ってますね~

もともと「LET IT GO」は王女になる女性が制御できない
魔法を苦にして、世間から逃亡したシーンです。
その場合の「LET IT GO」は「放っといて」や「構わないで!!」
と訳すべきだと思います。歌う際の口の動きは別にして(笑)

他の歌詞も英語はその時のエルザの心境に沿った、辛さを表しているのに・・
日本語訳は明るい希望に満ちた歌詞になってますね、、(^▽^;)

翻訳者は映画のあらすじを聞いてハッピーエンドのエンディングに流す
曲用に訳したのかも??話の途中で同じように使われるのは想定外だったと
しか思えません(笑)

本当に英語に強い人の意見が聞いてみたいですね、、、
周りにいないです(笑)

take51さん、こんばんは☆

  1. 2014/10/29(水) 18:58:24 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
こちらにもコメントを頂き、有難うございます☆
結局夜になってしまいました(汗)。

> ちょっと英語の歌詞を見てましたが、
> 正直ちゃんと訳せません(笑)
> けど英語の方が映画の内容に沿ってますね~
> もともと「LET IT GO」は王女になる女性が制御できない
> 魔法を苦にして、世間から逃亡したシーンです。
> その場合の「LET IT GO」は「放っといて」や「構わないで!!」
> と訳すべきだと思います。歌う際の口の動きは別にして(笑)
> 他の歌詞も英語はその時のエルザの心境に沿った、辛さを表しているのに・・
> 日本語訳は明るい希望に満ちた歌詞になってますね、、(^▽^;)

しずくさんからもご意見を頂き、私的に学がないながらも
今回、結論を得ました!

「日本語の歌詞は、創作なのだ」と(笑)。

> 翻訳者は映画のあらすじを聞いてハッピーエンドのエンディングに流す
> 曲用に訳したのかも??話の途中で同じように使われるのは想定外だったと
> しか思えません(笑)

映画を見ないで訳すという事はないように思いますので、
多分、あんなシーンだけど、歌だけとしたら良い意味にもとれるように
わざとやったのでは???(笑)

私的には

(例のメインの部分から)
♪そこどいて~今から私は~ひきこもるのよ~
私にさわると~みんな凍っちゃうんだから~どいてよ~気を付けてよ~
私のせいじゃないのよ~親が悪いのよ~
どいて~どいて~ひきこもるから~ひとりにしてよ~♪

カ・ン・ペ・キ(笑)!

> 本当に英語に強い人の意見が聞いてみたいですね、、、
> 周りにいないです(笑)

リンク先さまの「mさん」が、そういうお方ですが、
お忙しいのに聞けないです~(笑)

だから、take51さんも、ご自分で訳して、見せて下さいね♪
私よりは良い歌詞になるでしょうから!(笑)

では、明日も楽しく☆


.

遅くなりましたが

  1. 2014/10/30(木) 12:13:37 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
>でもしずくさん、うらやましいです~!
私も本当の事を書けば良かった「酷い映画です」って(笑)!
この映画の評判の良さに、かなり表現を抑えた記事にしてしまったので(笑)。

miriさんに云われるとは・・・
miriさんの御株を奪ったのではないでしょうか(笑い)

>日本語の歌詞は、創作なのだ

私も検索した結果似たような結論に達しました。翻訳された他の国と比較して歌詞の内容に隔たりがあり過ぎ。理由が口パクとの関係からとも説明されてますが、エンディングの分は納得いっても、途中でのはどう考えても戴けませんでした。

>もともと「LET IT GO」は王女になる女性が制御できない
魔法を苦にして、世間から逃亡したシーンです。
その場合の「LET IT GO」は「放っといて」や「構わないで!!」
と訳すべきだと思います

take51さんのコメントに賛成いたします!

>子供に見せて「勘違い」させては絶対にいけない、
でも、今現在そうなっている、そういう作品だと思います。

今となっては、階段を駆け上がり逃げていくシーンに歌われたメインの楽曲を、子供たちがどんなふうに受け止めたのか確かめたいわね。
私が未だDVDを観ていない時、レンタルショップでそのシーンを食い入るように見つめていた小学生の女の子がいたの。私はその子の真剣な表情に、それほど惹きつける映画なのかと背中を押された形で借りたから殊更思います。

「プロミスト・ランド」の感想は手を加えずにそのまま尻切れトンボになったままで、私本人しか読めない設定にしてあります。忘備録なので幾つか他にもそうなっている感想があるの。特に次々に鑑賞した場合そうなりがち・・・。でも印象に残る映画だから、そのうちにきちんと整理するでしょう。

>「遠い海の記憶」そのドラマは知りませんが、
石川セリの歌は、昔からよく聞いていて、その曲も好きな方です☆
21歳の時によく聞いていました。 懐かしくて、懐かしくて、嬉しかったで 

miriさんは私よりちょっとお若いかもと考えていましたが、もしかすると同い年かも!?
石川セリの”パセリと野の花”のアルバムが押入れの隅に眠っているはずなんだけど・・・。

※図書館でレンタルしたDVDを観て「つぶやき岩の秘密」がとても良い作品なのに、少女の扱い方だけがしっくりいかないと思っていたら、原作を読んで分かりました。何と女の子は原作に登場していなかったのです。

「あれ?」と引っかかったら追及して理由が解った時などちよっと鼻が高くなりますせんか?(笑い)

雪アナもそういう意味では{?」と思う方がmiriさんやtake51さんのように身近な方がいらっしゃって嬉しかったです。

何はともあれ、私的には今回の企画「秋の音楽映画祭」で盛り上がれました。
「ブログでロードショー」に感謝感謝です。


Re: 遅くなりましたが

  1. 2014/10/30(木) 13:06:05 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんにちは☆
再びのお出まし、有難うございます☆

> miriさんに云われるとは・・・
> miriさんの御株を奪ったのではないでしょうか(笑い)

ほほほほほ・・・

> 私も検索した結果似たような結論に達しました。翻訳された他の国と比較して歌詞の内容に隔たりがあり過ぎ。理由が口パクとの関係からとも説明されてますが、エンディングの分は納得いっても、途中でのはどう考えても戴けませんでした。

ハイ、絶対に「創作」ですよね!!!
決まり!

> take51さんのコメントに賛成いたします!

ハイ、お二人のご意見が、こころ強いです♪

> 今となっては、階段を駆け上がり逃げていくシーンに歌われたメインの楽曲を、子供たちがどんなふうに受け止めたのか確かめたいわね。
> 私が未だDVDを観ていない時、レンタルショップでそのシーンを食い入るように見つめていた小学生の女の子がいたの。私はその子の真剣な表情に、それほど惹きつける映画なのかと背中を押された形で借りたから殊更思います。

可哀想ですが、ほぼ全員騙されていると思います。
少し大きくなってから、「あのときのあの映画はいったい何だったの?」と
思い返して見直してくれれば一番良いのですが、
多分それは、映画を好きになった一部の子だけだと思います。
ホトンドの子は、「次のこういう映画」に騙され、
「それをずっと続けてゆく」のではないでしょうか?

言っちゃあ悪いけど、邦画の一部、テレビドラマの延長は、
とても「映画作品」とは言えないような稚拙な作品が多いと思いますが、
そういうのにシフトしてゆくのではないでしょうか?

> 「プロミスト・ランド」の感想は手を加えずにそのまま尻切れトンボになったままで、私本人しか読めない設定にしてあります。忘備録なので幾つか他にもそうなっている感想があるの。特に次々に鑑賞した場合そうなりがち・・・。でも印象に残る映画だから、そのうちにきちんと整理するでしょう。

分かりました☆
またいつか、機会があれば是非・・・です。

> miriさんは私よりちょっとお若いかもと考えていましたが、もしかすると同い年かも!?
> 石川セリの”パセリと野の花”のアルバムが押入れの隅に眠っているはずなんだけど・・・。

すみません、私から見てしずくさんは お姉さんです☆
1961年生まれです。

リアルタイムに石川セリは知らなくて、
21歳の時のお友達で すごくセリの好きな子がいて、
しょっちゅう聞かされていたので、覚えちゃったのです。
ベストアルバムだったと思います。
いろんな歌、彼女の代表作を知っているけど、リアルには全然知りませんので・・(笑)。

> ※図書館でレンタルしたDVDを観て「つぶやき岩の秘密」がとても良い作品なのに、少女の扱い方だけがしっくりいかないと思っていたら、原作を読んで分かりました。何と女の子は原作に登場していなかったのです。
> 「あれ?」と引っかかったら追及して理由が解った時などちよっと鼻が高くなりますせんか?(笑い)

ハイ、簡単にクリック一発で調べられるのはすぐに忘れそうですが、
自分で調べた事はいつまでも覚えていますものね!
そのドラマもいつか機会があれば見たいな~って思います☆

> 雪アナもそういう意味では{?」と思う方がmiriさんやtake51さんのように身近な方がいらっしゃって嬉しかったです。

きっと、もっとたくさんいると思いますよ~!
ただ、今の勢いでは「言っても仕方ない」と諦めているのでは?

> 何はともあれ、私的には今回の企画「秋の音楽映画祭」で盛り上がれました。
> 「ブログでロードショー」に感謝感謝です。

ハイ、私も盛り上がれました!
本当に感謝です♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -