映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2028  マリーゴールド・ホテルで会いましょう

  1. 2013/02/09(土) 22:30:00_
  2. ジョン・マッデン
  3. _ comment:10
The Best Exotic Marigold Hotel (マリーゴールド・ホテルで会いましょう) 2011年・イギリス
(日本初公開日は2013年2月1日です)



マリーゴールド・ホテルで会いましょう




 
.


2013年2月9日(土) 大きな街の映画館にて

監督 ジョン・マッデン
主演 ジュディ・デンチ/ビル・ナイ/マギー・スミス/他・英国の俳優陣

感想の前に 

映画館・3回続けて、イギリス映画だよ~ん!
(でも舞台はイエメン/フランス/インド/ですけど・笑)
誰が選んだって?自分だから仕方ないです(笑)。
だってこの面子だもん、選ばないわけには いかないじゃん!!!



感想です 

いや~イイ映画だった~!!!
今年見た全部の映画の中で一番良かった☆
 

(正確に書くと、再見映画はちょっと意味が違うのですが・・・)

お薦めです! 絶対良いです!!!
ただし、50ズ(フィフティーズと読む)以上の方です!!!


40歳代でもOKの方はいるかも?
でもそれ以下の年齢の方にはあんまりお薦めできません・・・
それは、見てもあんまり面白くない(本当のところは分からない)
と思うからです。

4年前に映画を見る事を再開してから、初めてほぼ満員の映画館でした。
私達は年齢的に一番下の方でした。
もっと若いヒトもいたけど数人・・・ほとんど団塊以上でした。
(あんなに混んでいたのは、
 大人の見る映画があんまり上映されていないからだと思いました)

私が良かったのは、
インドの喧噪・エナジー・色・音・多分匂い・活気・若さ・
人間が多いこと・沢山の人生に・それぞれの深い悩み・
そして今も生きるカースト制度・ヒンズー語に・公用語としての英語・・・

そういう全部です。

一人ひとりの背負っているモノや今までの事、
そして今後の事、
それら全てを、この監督はとっても上手に料理しました。
「インド」という国(の一部でも)を、映画にするだけでも大変なのにね~。

まぁあの迫力、7人の座っている空港でのその空気感!
ジュディ・デンチの未亡人の「自分は良い妻ではなかった」の慟哭。
ビル・ナイ夫妻の「愛と生活とこころの方向」の普遍性。
それぞれに異性を求めるあの二人の「いつまでも人生、男と女」への共感。
罪の意識と、解放された喜びと、彼の「インドで死にたかった」の言葉・・・。
そして「きっと、あんたが主人公だったんだね」のマギー・スミスさん!

若い二人と、それぞれの家族、
あの家に勤める身分の低い人達と、
町に住む本当に多くの子供・大人・男・女・爺さん・婆さん・・・

ものすごくエナジーを感じる映画ですが、
ものすごく深い事を伝えてくれる映画です。
大きなシークエンスが変わると、どこからか聞こえてくる太鼓の音・人々の音・・・
決して「皆・幸せに暮らしましたとさ」の おとぎ話ではないところが大好きです♪

そして少し前にある映画を再見して
「人間はやり直すのに遅い事はない」と感じた事を
この作品でも、しみじみ・・・本当にしみじみ思いました。
良い年寄りに、二人してなれたら・・・と、強い願いを持ちました。

4年間で映画館で見た初見映画で初めてオンエア待ちではなく
「BDを買いたい、いや、絶対買う」と、思った作品です☆




※ひとつだけ残念だったのは、ラスト前に
  イギリスの様子を少しだけでも映してほしかったことです・・・




<<(1-117)  風立ちぬ  (2回目) | BLOG TOP | (1-18)  リオ・ブラボー  (2回目)>>

comment

  1. 2013/02/12(火) 09:32:10 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、おはようございます。

年明けから何かと忙しく、ほとんど映画が観れていません(>_<)
この作品はとっても豪華なキャストですね。
すごく観てみたいです!
でも、大きな街の映画館でしかやってないですね。
今回も行けそうにないです。(号泣)

きっとスクリーンで観る事はかなわないでしょうが
作品名を必ず覚えておいていつかどこかで絶対に観ようと思います。

素敵な映画のご紹介ありがとうございます!

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2013/02/12(火) 14:16:21 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 年明けから何かと忙しく、ほとんど映画が観れていません(>_<)

そのようですね~。
ご家庭第一ですので、映画は後回しになりますよね。。。
また、見られるときに、思い切り楽しんでくださいネ♪

> この作品はとっても豪華なキャストですね。
> すごく観てみたいです!

そう仰って下さり、有難うございます!
・・・でも、マミイさんにはまだちょっと早いのでは???

まぁ年齢ばかりではないから「キャストを楽しむ」という見方なら、
この作品は、お若い方にも充分に楽しめる作品だと思います☆

> でも、大きな街の映画館でしかやってないですね。
> 今回も行けそうにないです。(号泣)

あぁ・・・泣かないで~。
大丈夫、大丈夫、映画館はまたいつか行けますので!

> きっとスクリーンで観る事はかなわないでしょうが
> 作品名を必ず覚えておいていつかどこかで絶対に観ようと思います。
> 素敵な映画のご紹介ありがとうございます!

こちらこそ、有難うございます☆
ホントに嬉しいです!
是非是非、いつか鑑賞されたら、お話いたしましょう~!

残念ながら

  1. 2013/02/21(木) 13:21:49 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
とっても観たい作品で心待ちにしていたのに、当地では上映されないのです(がーん)。
いかに、私の住んでいる所が文化レベルが低いか分かるでしょう!?
もしかすると、ずっと先で小さくつぶれそうな単館で叶えられるかもしれません・・・。
それよりもっとDVD化が早いかもしれませんね。
福岡の友人も絶賛していましたよ。

>お題は21日(木)に 届きます
えっ!おおかみ子供~ではないのですか?
別なファンタジー作品も観ましょうってことかな?
今度こそはとはりきって、予定日の初日(昨日)に観ましたが・・・。
微妙な感想でした。

Re: 残念ながら

  1. 2013/02/21(木) 15:00:02 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> とっても観たい作品で心待ちにしていたのに、当地では上映されないのです(がーん)。

それは残念です!!!

> いかに、私の住んでいる所が文化レベルが低いか分かるでしょう!?

いえいえ、当地でも、本当に大きな街以外での上映はありません。
近くのシネコンでは上映されず、街まで出たのですが、
多分、同じように近所では見られない人が集まったのだと思いますが、
ものすごい混みようでした!(レミゼなんてメじゃなかったです!)

> もしかすると、ずっと先で小さくつぶれそうな単館で叶えられるかもしれません・・・。
> それよりもっとDVD化が早いかもしれませんね。
> 福岡の友人も絶賛していましたよ。

ハイ、映画館でも、レンタルでも、お薦めです☆
いつかこの映画について、しずくさんとお話出来たら嬉しいです!

> >お題は21日(木)に 届きます
> えっ!おおかみ子供~ではないのですか?

お題、なので「おおかみこどもの雨と雪」です(笑)。
さっきポストに入っていました。
見るのは少し後にします。

> 別なファンタジー作品も観ましょうってことかな?

昨日からファンタジー映画を見ています☆
明日から連続でアップ出来たら良いな~と思っていて、
「おおかみこども~」は、最後にアップする予定です。

> 今度こそはとはりきって、予定日の初日(昨日)に観ましたが・・・。
> 微妙な感想でした。

そうでしたか~!

私もあらすじを読んだら(息子が映画館で見たので聞いていたし)
そして、監督が好きではない人なので、
ちょっと「・・・」と思ってはいるのですが、

せっかくnorさんが初めてリクエストして下さったので、
フラットな気持ちで見ようと思っています。
後日、お話いたしましょうね~♪

コメントを残していたのを忘れてました!

  1. 2013/08/20(火) 14:37:18 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
法廷物の群像劇は好きなのですが、登場人物が似たような年齢や人種が偏るとすぐに覚えられないので(笑)苦手です。それに場面の時間があちこちするのも落ち着かなくて困ります。

>インドの喧噪・エナジー・色・音・多分匂い・活気・若さ・
人間が多いこと・沢山の人生に・それぞれの深い悩み・
そして今も生きるカースト制度・ヒンズー語に・公用語としての英語・・・

音が効果抜群でしたね!
映像で観てもこれぐらいだから、現実だったらくらくらしそうな熱気にめまいをおこすかもしれませんね。
インドで自分を探すには、それ相応の覚悟を持っていかなければ飲み込れてしまいそうです。憧れますが、軟な私には敷居が高すぎて所詮無理かも!
マギースミスには、先ほど録画していた「天使でラブソングを」でお会いしました。
「カルテット」は観に行く予定にしていたのに、あの頃は階段がまだ上がれなく未見です。これを機に「ミス・ブロディの青春」も未見のような気がするので近々レンタルできたらと思っています。

Re: コメントを残していたのを忘れてました!

  1. 2013/08/20(火) 19:36:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

今朝はお忙しいのに返信有難うございました☆

> 法廷物の群像劇は好きなのですが、登場人物が似たような年齢や人種が偏るとすぐに覚えられないので(笑)苦手です。それに場面の時間があちこちするのも落ち着かなくて困ります。

そうでしたか・・・。
私もいまいちな作品の場合、覚えにくいこともあります。

> 音が効果抜群でしたね!
> 映像で観てもこれぐらいだから、現実だったらくらくらしそうな熱気にめまいをおこすかもしれませんね。

ハイ、そう思います!

> インドで自分を探すには、それ相応の覚悟を持っていかなければ飲み込れてしまいそうです。憧れますが、軟な私には敷居が高すぎて所詮無理かも!

私は憧れません(笑)。
ひとごとだから良いけど・・・自分ではとてもとても(笑)。

> マギースミスには、先ほど録画していた「天使でラブソングを」でお会いしました。

良い映画ですよね~♪

> 「カルテット」は観に行く予定にしていたのに、あの頃は階段がまだ上がれなく未見です。

そろそろレンタルになりそうな時期ですよね?
私もオンエア待ちではなく、レンタルで見るかも~?です。

>これを機に「ミス・ブロディの青春」も未見のような気がするので近々レンタルできたらと思っています。

懐かしい作品名です・・・未見ですが有名な作品ですよね☆

>ジュディ・デンチの役柄が不似合いのように思えました。
> 彼女の顔立ちや所作にはもっと凛とした女性をつい求めるもので・・・。

そうでしたか・・・私はピッタリに思いました。
何やってもうまい人ですものね~。

デンチさんとスミスさんのダブル主演の
「ラヴェンダーの咲く庭で」良かったですよね~♪
たまに思い出しています☆


.

こんばんは!

  1. 2014/08/20(水) 00:26:38 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 先程、大体の下書きを書き終わりました。
 UPは、明日か明後日になると思います。

いや~、いい作品でした。
確かにmiriさんの仰るようにオーバー・フィフティの映画。
僕は、ちょっと斜に観てしまったけど、それとは関係なく素敵な映画でした。

そして「きっと、あんたが主人公だったんだね」のマギー・スミスさん!>
ハハハ・・・、そう見えますよね!
確かに主役はデンチさんだけど、一段高い所から全てを~あの存在感で~観察し「答え」を出したのは彼女ですから。
イギリス版「家政婦は見た!インド編」(笑)

鉦鼓亭さん、こんにちは☆

  1. 2014/08/20(水) 10:39:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>  先程、大体の下書きを書き終わりました。
>  UPは、明日か明後日になると思います。

それはそれは・・・楽しみにしてお待ちしています♪

> いや~、いい作品でした。
> 確かにmiriさんの仰るようにオーバー・フィフティの映画。
> 僕は、ちょっと斜に観てしまったけど、それとは関係なく素敵な映画でした。

お若い方には、あんまり面白くない以前に
イミフな描写が多いような気がしました(笑)。

> そして「きっと、あんたが主人公だったんだね」のマギー・スミスさん!>
> ハハハ・・・、そう見えますよね!
> 確かに主役はデンチさんだけど、一段高い所から全てを~あの存在感で~観察し「答え」を出したのは彼女ですから。

ほほほ・・・共感して頂き、本当に嬉しいです!

> イギリス版「家政婦は見た!インド編」(笑)

おっと、ここでそのタイトルとは!!!
たしか「鬼門」でいらしたような気が・・・(笑)。

すがこさんは何となく分かりますが、
花登筺さんにはウケてしまって、しばらく笑いが止まらなかったです。。。
どうも失礼なことを書いて申し訳ございませんでした。。。


私も空港の7人のシーンが

  1. 2017/08/12(土) 10:56:47 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
お気に入りで、記事にするならココが良いなぁと思いました(実際には人数多すぎで挫折するだろうけど…)
インドのエネルギーとごちゃごちゃした色んなものを上手~く料理してましたね。スムーズに見られるのに中身が濃いです。
今はわかってないところもあると思うけど、何年後、何十年後に観たらもっと楽しめるかもしれません。
最後のマギーさんのブログの言葉(何もしないこと~)が結構グサッときました。

Re: 私も空港の7人のシーンが

  1. 2017/08/12(土) 20:07:57 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> お気に入りで、記事にするならココが良いなぁと思いました(実際には人数多すぎで挫折するだろうけど…)

良いシーンですよね~イラスト見せてもらいたかったなああああ・・・。

> インドのエネルギーとごちゃごちゃした色んなものを上手~く料理してましたね。スムーズに見られるのに中身が濃いです。

ハイ、上手な監督さんと、それに応える俳優陣でした♪

> 今はわかってないところもあると思うけど、何年後、何十年後に観たらもっと楽しめるかもしれません。

はい、是非☆
宵乃さんが50ズになられる頃には、私は70ズ(笑)。
まだまだブログを続けていたいなあ・・・。

> 最後のマギーさんのブログの言葉(何もしないこと~)が結構グサッときました。

覚えていない!!!
しかし、彼女が主人公と書いた意味はきっとそこに繋がっているような気が???
お盆休み終わったら早めに再見したいです!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -