映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


10月に見た 1960年代の邦画群

  1. 2011/10/31(月) 22:50:14_
  2. 日本人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:2
2011年10月31日の記事
タイトル 「10月に見た 1960年代の邦画群」



1961年生まれの私にとって、60年代に作られた日本映画は、
自分が赤ん坊から子供(小3まで)で、詳しくは知らない時代・風景等なのに、
何故か全ての映画に対してある種の“懐かしさ”を感じました。





「ブログ DE ロードショー」 今回のお礼 /  次回のお知らせ等

  1. 2011/10/31(月) 00:00:01_
  2. 企画のこと
  3. _ comment:0
皆さまへ

木枯らしの季節がやって来て、被災地は ますます 大変な状況になっていると思います。
微々たる力ですが、毎日のお祈りは続けてまいりたいと思います。

皆さま、それぞれご鑑賞、有難うございました~! 楽しんで頂けましたでしょうか?
まだ今後もレビューを書かれる方がいらっしゃると思いますので、たまに記録の記事を見てくださいネ~☆


***********


マミイさん、今回は本当に有難うございました☆
ゆっくりと皆さまのレビューをお待ちしたいと思います。

次回もご一緒に楽しみましょう~♪


***********


次回の作品は
3回目の皆で決めるリクエスト作品です。 
11月18日(金)からの投票で作品名を決めますので、
皆さま、どうぞお楽しみに~!






ヘンリー・セリック 2作品 感想

  1. 2011/10/31(月) 00:00:00_
  2. ヘンリー・セリック
  3. _ comment:13
映画鑑賞の記録 2



コララインとボタンの魔女
ジャイアント・ピーチ





そして誰もいなくなった (45年・米)

  1. 2011/10/30(日) 22:50:13_
  2. ルネ・クレール
  3. _ comment:0
2011年10月30日の記事
タイトル 「原作とは違うけれども・・・」



そして誰もいなくなった 1945年・アメリカ製作作品を見ました。



そして誰もいなくなった





2-1310 商船テナシチー

  1. 2011/10/29(土) 06:20:37_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:2
映画鑑賞の記録 2



LA PAQUEBOT ‘TENACITY’ (商船テナシチー) 1934年・フランス



商船テナシチー





ゴッドファーザー PARTⅡ・Ⅲ

  1. 2011/10/28(金) 22:50:12_
  2. フランシス・フォード・コッポラ
  3. _ comment:0
2011年10月28日の記事
タイトル 「名作映画の続編に思う事」



The GodfatherPart 2
(ゴッドファーザーPART2)1974年・アメリカ



The GodfatherPart 3
(ゴッドファーザーPART3)1990年・アメリカ





あぁ、勘違い!

  1. 2011/10/27(木) 06:36:06_
  2. 旧 goo 記事 日常のこと
  3. _ comment:0
2011年10月27日 06時36分06秒 | 日常のこと

先日の朝、リビングのテレビの音を、いつものように台所で聞いていた時

「ゴキブリの」という声・・・

え!? ニュースの時間のはず・・・???

テレビを覗きこむと、そこには

『五期振りの赤字』と、大きく~(爆)

しかし、アナウンサーのお姉さん(おばさん?)も、

もうちょっとだけ、工夫してほしかった。



コメント (0) | トラックバック (0) |





良かった邦画 3作品 ミニ感想

  1. 2011/10/27(木) 06:17:50_
  2. 日本人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:0
映画鑑賞の記録 2

今月見た邦画の中で、まぁまぁ良かった作品3本のミニ感想を書かせて頂きます☆





映画に見るカトリックのタブー

  1. 2011/10/26(水) 22:50:11_
  2. 今思うこと・ご挨拶含む
  3. _ comment:0
2011年10月26日の記事
タイトル 「映画に見る、カトリックのタブー」



私は若い頃に、一時期プロテスタントの教会に通っていたので、
プロテスタントの事なら、少しは分かるのですが、
カトリックについては、学校の社会科の授業で習っただけしか知りません。

遠藤周作を好きで、作品を多く読みましたが
(純文学と小説は、ほぼ全部読んだと思います)

遠藤の描く「カトリック」は、一般のカトリック関係者からは 全く受け入れられないモノでした。
それは、父なる罰する唯一の神ではなく、

普通の日本人が普通に受け入れられるカトリック・・・
自分を許し受け入れる存在・・・
     彼は、そういう事を、生涯を かけて表現しようとしたのです。

そんなカトリックしか知らなかったので、
最近、続けてカトリック関係の映画を見て、すごくビックリした事があります。

それは映画に見る、カトリックの聖職者のタブー「性」についてです。





2-1320 悪魔の美しさ

  1. 2011/10/25(火) 06:21:51_
  2. ルネ・クレール
  3. _ comment:2
映画鑑賞の記録 2



LA BEAUTE DU DIABLE (悪魔の美しさ) 1949年・フランス



悪魔の美しさのVHSです





お買いもの中毒な私!

  1. 2011/10/23(日) 22:50:10_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
2011年10月23日の記事
タイトル 「私は大丈夫☆」



Confessions of a Shopaholic (お買いもの中毒な私!) 2009年・アメリカ製作作品を見ました。



お買いもの中毒なわたし!!





2-1321 ステイ・フレンズ

  1. 2011/10/23(日) 00:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
映画鑑賞の記録 2



Friends with Benefits (ステイ・フレンズ) 2011年・アメリカ

↓ パンフレット・可愛い☆

ステイ・フレンズ

↓ 1シーン♪

ステイ・フレンズの1シーン





お借りしたDVDへの想い

  1. 2011/10/21(金) 22:50:24_
  2. 今思うこと・ご挨拶含む
  3. _ comment:0
2011年10月21日の記事
タイトル 「お借りしたDVDへの想い」



約11ヵ月間に 24枚鑑賞させて頂いたので、いろいろな思いがあります。
今日は その事を書かせて頂きます。
(全ての項目において、作品名は、順不同です)





10月の 「ブログ DE ロードショー 」 の お誘い

  1. 2011/10/21(金) 06:00:00_
  2. 企画のこと
  3. _ comment:6
(ブログDEロードショーってこういう企画です)

 10月も 「ブログ DE  ロードショー」 を開催します 

 作品名は『 ジャイアント・ピーチ 』 

(1996年・アメリカ製作作品  監督はヘンリー・セリック 原題:James and The Giant Peach) です。





2-1292 愛人ジュリエット

  1. 2011/10/19(水) 06:00:00_
  2. マルセル・カルネ
  3. _ comment:4
映画鑑賞の記録 2



JULIETTE OU LA CLEF DES SONGES (愛人ジュリエット) 1950年・仏



愛人ジュリエット





2-1307 ピアノの森

  1. 2011/10/17(月) 00:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:1
映画鑑賞の記録 2



ピアノの森 2007年・日本



ピアノの森





モノは言いよう、コメントは書きよう

  1. 2011/10/15(土) 00:00:00_
  2. 旧 goo 記事 日常のこと
  3. _ comment:0
2011年10月15日 00時00分00秒 | 日常のこと

映画のブログで、少し前に不愉快なコメントを頂き、
数日間、お隣の ご不幸と 同時進行で、色々とこころ乱れました。

今、思う事は、
コメントは書きようだな、という事です。

同じ事柄を書くのに、書き方が違っていれば、
そのコメントを下さった方と、私は
お友達になれたかもしれない・・・とさえ思うのです。

その人が私に対して最後に書いた(書き付けた)コメントがこちらです。

>え?トニーかわからないんですか?(笑)
>あぁ、白人の顔を一人一人区別出来ないタイプの人か・・・
>それならわからなくてもしょうがないですね。

承認もせずにほったらかしにしてありますが、
本当に不愉快です。

私は外国人(白人という言い方がね~!このヒトの教養の程度を表していますね!)
の 「お顔」 を区別するのは、どちらかというと得意な方です。
ものすごく ではありませんが、まぁだいたいは大丈夫です。

この件での 「トニー」 なる役柄についても、
いくらサングラスを かけていても、その俳優だと、分かりました。

でも、私が言いたかったのは、そういう事ではないので、
( 詳しくは、こちらで → http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1841.html )

このようなコメントを書く人物 (人間かしらね???)
の事は、相手にしないのが一番だと思いました。

本当に残念です。
今回色々と考える事が出来て、感謝さえしたのに、

決めつけっぱなしの、言いっぱなしの、笑いっぱなし、
この先も きっと、ネットの世界を、このようにして泳ぎ続けるのでしょうね~。
ある意味、可哀想です。

このブログに書いてスッキリしましたので、思い出さないように努めます。
万一、同一人物からコメントが来たら、今後は読まずに削除します。

同一人物でなくとも、同じようなコメントが来たら、
最初から承認しないのが一番だと、今は思っています。

コメント (0) | トラックバック (0) |





2-1306 ツインズ 

  1. 2011/10/15(土) 00:00:00_
  2. アイヴァン・ライトマン
  3. _ comment:5
映画鑑賞の記録 2



TWINS (ツインズ) 1988年・アメリカ



ツインズ





驚愕の数々の事実

  1. 2011/10/13(木) 06:22:12_
  2. 旧 goo 記事 世間のこと
2011年10月13日 06時22分12秒 | 世間のこと

・・・しかし なかなか 他人さまの事を 書くのは、はばかられますので、
一つだけ・・・

それは、息子より ひとつ年下の隣の男の子、
結婚して、赤ちゃんもいるんですって~!!!

ギョエー!!! 
何一つ知らなかった~!!!

まだ卒業していないよね~???
就活、済んだのかな~???
えー!? 21歳で、妻子がいるの~???

(大学入学直後から、女の子をいつも連れていたし、
 家に泊まらせたりしていたのは知っていたのですが、
 まさかデキ婚で、もう家を出ていただなんて、全然知らなかった!!!)

(ウチの息子は一浪して大学に入ったので、今では同学年です・・・
 とてもじゃないけど 「東方」 には狂っていられませんわよね~!?)

親族の席の後ろの方で、そっと座っていた若い女の子が、きっと 「奥さん」 なのでしょう。
まだ首の座らない、小さい小さい赤ちゃんを抱っこしていました。

その女の子のお母さんらしき人が、いつも一緒に くっついていたけど、
そのお母さんらしき人 (赤ちゃんのお婆ちゃんですよね?) も、
私よりずっと若そう!!!(爆)

隣の家には色々と驚かされる事が、今までも多かったけど、
お通夜に行って、今まで知らなかった数々の驚愕の事実を知り、

もちろん、あんなに元気だったおじさん (お爺ちゃんです、70歳代半ば) が
急死なさったこともですが、

他の数々の驚愕の事実に (一つしか書けませんが、他にも色々と・・・)
私の気持ちは、妄想で乱れ切ってしまいました、ゴメンナサイ。

おじさん、お元気な時に 「ひ孫のお顔」 を 見られて、本当に良かったですね~☆



コメント (0) | トラックバック (0) |





再見して気付いたこと・など

  1. 2011/10/13(木) 00:00:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:8
映画鑑賞の記録 2



再見映画2本の「ミニ感想」と「気付いたこと」です☆

巴里祭(50年・フランス)

シザーハンズ(90年・アメリカ)





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2011 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -